ハーブ

ハーブ

こんにちは。

今日は前回に続きハーブのお話です。

眠れない夜、疲れた夜。ハーブのお風呂を試してみては?

ハーブはお好みのもの、ドライ、フレッシュ、どちらでも大丈夫です。ガーゼか、ドライであれば市販のお茶パックに入れて、お風呂に入れるだけ。簡単です。

セージ、タイム、ローズマリー。ラベンダーもおすすめです。リラックスできますよ。レモングラス、レモンバーベナ等もいいですね♪    かのクレオパトラは薔薇たっぷりのお風呂に入っていたとか。

それから、疲れたお顔のリフレッシュ法。ハーブを洗面器に入れてお湯を入れ、お顔を洗面器の湯気に近づけ、頭からバスタオルを被り、洗面器ごと覆います。湯気がお顔を温め、汗が流れて、ハーブの香りで気分もスッキリします。鏡をみて、疲れた顔してるな~、と思ったら試してみてくださいね♪

余談ですが、何故、薔薇に青い色がないのか。

ギリシャ神話の女神が、恋人の死を悲しみ、恋人の周りを薔薇で埋め尽くした時、青は死をあらわすとして青い薔薇は使わなかった。ゆえに薔薇に青はないのだそう。

女神様にも、哀しい恋があるのです。

 

ハーブティー

こんにちは。クルス璃桜です。

ハートフル自由が丘店に日、月、火に出演しています。

今回は、ハーブティーについて。

ご存知のかたは多いと思いますが、ハーブティーはノンカフェイン。身体にとっても優しいのです。

今の季節 、毎日暑くてバテ気味のかたには、ローズヒップティー。ビタミンCの爆弾ともいわれ、とにかくビタミンCが豊富です。疲れたお肌にも良いですよ。酸味が苦手なかたにはペパーミントティー。暑い時に飲むと、あの清涼感がなんともいえません。

冷たい物の摂りすぎでちょっぴりお腹が…というかたにはカモミールティー。鎮静効果があり、じんわり身体を温めてくれます。

ハーブは古来から西洋で用いられてきました。中世にはこれらを民間療法に用いて治療を行い、それが誤解をうみ魔女とよばれた女性達がいたようです。

お茶以外にも、タイムやローズマリー。和のハーブの、生姜、ミョウガ、シソなどを、お料理に取り入れて、夏をのりきりましょう。