転がる石のように

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

4月も半ば近くになると、

急にお仕事関連のご相談が増えてきます。

 

「職場に馴染めない」

「就職はしたものの、理想と現実のギャップが大きすぎる」

「上司が……」など。

 

現状をなんとか乗り越えたい、という思い、

いっそ、辞めてしまったらどんなに楽だろうか? という思い

様々な思いが鑑定テーブルの上に載せられます。

 

ある時、男性のお客様がこんなことを言いました。

「転石苔むさず、になっちゃいますよね?」

 

転石苔むさず

転がる石に苔はつかない

A rolling stone gathers no moss.

 

職場を変えてばかりいると、身に着くべきものが付いてこない、

これで良いのだろうか?

彼はそう言いたかったのですね。

 

はい。

苔を“価値あるもの”とするならば、同じ場所、同じ環境に留まってこそ一定の結果が得られるのだ!

ということでしょう。

 

一方、苔を“価値のないもの”、“余計なもの”とするならば、

同じ場所や環境に留まっていては時代に取り残され、新しいものは得られないのだよ!

ということになります。

 

どちらと採るかは、その時、その人の価値観、立ち位置によって変わります。

ケースバイケースです。

 

さて、

「これからどうすれば良い?」

そんな問いに対し、タロットを展開すると、

問題点がどんどん積み上げられていくにつれ、

それに呼応するように

タロットが解決への糸口を引き出してくれる時があります。

行き止まりだと思っていた場所に、出口が見えてきたり――。

 

「どうすれば良い?」

そんなときは、タロットが教えてくれるヒントを

ご一緒に探ってみましょう。

 

 

 

☂4月に降る雨は、時に季節外れの寒さを連れてきます。

そんな冷たい雨が降った今週の水曜日、

懐かしいお顔を観ることが出来ました。

9か月ぶり(?)くらいのお客様です。

私がタロットを展開し始めると「クスクス」と笑います。

「可笑しいですか?」と尋ねる私に、

「いえ……懐かしいなぁ、と思って」と。

 

自由が丘店に出演して間もなく2年。

まだ2年、ですが、

尊い『苔』を得ることが出来た2年だなぁと、

――思います。

 

 

いつものテーブルでお待ちしています(@^^)/~~~

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*