妊活…私が二人目の子供を授かった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。本宮 麻貴です。

妊活されている方へ、私なりにエールを贈りたいので、なかなかできなかった二人目の子供を授かった理由について書きたいと思います。

私には二人の子供がおります。

結婚してほどなく、一人目の子供を授かることができました。

二人目も欲しかったのですが、月日が経っても気配もありませんでした。

病院で調べても、特に原因があるわけでもなく、時が過ぎていきました。

幸いなことに、私にプレッシャーをかけてくる人は一人もいませんでした。

今思えば、自分で自分にプレッシャーをかけていたのです。

長男の幼稚園の行事があり、その帰り道、長男を真ん中にして主人、長男、私と三人で手をつないで歩いていた時のことです。

私は幸せを実感することができ、三人家族でいいや!!と思うことができました。

長男の笑顔を見ていると、この子を授かった有り難さ、三人で楽しく過ごせていることへの感謝が生まれ、私の中で固定観念が外れた瞬間でもありました。

〜ねばならない、〜しないといけないという考えにがんじがらめになってしまうと、思い=重いになり、それが執着になってしまいます。

一旦自分の思いから自由になってみてもいいのかな…と思います。

思いから自由になり、ま、いいか!と思った瞬間に開運していくように思います。

それから私は二人目のことなど忘れて、リラックスして過ごしておりました。

ほどなく自然に二人目を授かることができたのです。

もちろん病院などに行かれて、検査し、治療することもとても大切だと思います。

あわせて、気持ちの問題にも焦点をあて、リラックスして日々の生活を送るということも大事なのではないでしょうか?

プレッシャーをかけてくる人からはできるだけ遠ざかりましょう。(笑)

そしてリラックスするために、気分を変えることをするのもいいように思います。

旅行をする、新しいことを始める…などなど…

結婚や子供が全てではありません。仕事がお役目の方もいらっしゃるでしょう。

その人なりの幸せを見つけていただきたいです。

鑑定でお役に立てたら嬉しいです。

皆様の人生を応援しておりますね。

次回は子育てで一番大切なことについて書きたいと思います。

あなたを開運に導く占い師              本宮 麻貴

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*