こんにちは。本宮麻貴です。

今日は私がおすすめしている開運方法の一つ、恵方参りをして実際に私におきたことを書きたいと思います。

去年の恵方は北北西でした。

私は昨年の8月に自宅から北北西の方角にある神社に、主人と二人で恵方参りに行きました。

住宅街の中にある小さな神社です。

鳥居をくぐると爽やかな気が感じられました。

先ず手を清めようと手水舎に向かったところ、あげは蝶だと思うのですが、黒くて綺麗な模様の入った大きな蝶々が飛んできて、私の目の前で手水舎のふちにとまったのです。

私は最近こんなに大きな綺麗な蝶々を見かけたことはなかったので、少し驚いたのを覚えています。

神社で見かけるそういった生き物は神様の御使いなどと申しますが、もしかしたらそうだったのかもしれません。

参拝をすませ、車に乗り込み、家への道を走っていると、主人があることに気づきました。

大きな声では言えませんが、それはとても重要なことだったので、もしかしたら恵方参りをしたことにより、神様が私達に気づくチャンスを与えてくださったのかもしれません。

本当にありがたいことでした。

後日お礼参りにいかせていただいたのは、言うまでもありません。

私は特別メニューとして吉方位開運コースというのをさせていただいております。

今年12月末までの吉方位取りに適した日、方角を書いたものをお渡しし、実際のやり方をアドバイスさせていただきます。

恵方参りについても詳しくお伝えしますね。

ご予約いただけましたら嬉しいです。

今年の恵方は南南東です。

一度恵方参りをされてみたら、いいことがあるかもしれませんよ。

次回は私が昨年凶方位に旅行してしまい、実際におきたことについて書きたいと思います。

あなたを開運に導く占い師              本宮 麻貴