0年 0月 の投稿一覧

開運吉方位ブログ Vol.13【玄関での大事な儀式】

ハートフル浅草駅前店(土曜日)に出演しております、大門 華です。

いつもご訪問ありがとうございます。

今日は吉方位的、外出時に気を付けることをお話ししたいと思います。

 

凶方位に囲まれているという事実

多くの人は毎日、自宅の玄関から外に出て、仕事や学校などに出かけますよね。

同じ行先、同じ電車、同じ道、、、

でも、方位的に詳しく見ると、毎日毎日、方位盤は動いているし、吉方位も凶方位も、毎日、移り変わっています。

そしてそのほとんどが、何らかの凶方位の可能性は大で、自分にとっての吉方位、最大吉方位は滅多にないと思って良いくらいです。

そんな事実なんて、知りたくなかったですよね。

ごめんなさい、私もこんなことお知らせすべきではなかったかもしれません(反省)。

 

外に出たら危険がいっぱい

ということで、今日の本題です。

今日お伝えしたいことは、

外に出るときは身の回りに気を付けて!
1.道を歩くとき、五感を働かせる

目 ・・・ 危険な人、モノが近くにありませんか

耳 ・・・ スピードを出している車、バイク、自転車、走っている人が近づいてきていませんか

鼻 ・・・ 異臭がしていませんか

口 ・・・ 異臭に伴って舌の感覚に違和感などありませんか

気配・・・ 特に背後に感じることはありませんか

 

2.行動は最速の手段を選ぶ

電車/バス ・・・ 特急、急行に乗る

次の電車までに待ち時間があるときは、各駅停車や準急に乗り一駅でも目的地に近づくように行動することをおススメします。

その間に次の電車に追い抜かされないか確認してから乗ってください。

特急や急行と接続する次の駅まで行くことで、結果的に最速で目的地に着くように計画しましょう。

ポイントは、目的地になるべく早く、一駅でも近付ける手段を選ぶこと。

 

徒歩 ・・・・・ なるべく早歩きで

目的地に意識を向けて歩くと自然に早歩きになります。

これから目的地に着く、という意識を強くすると目的地に安全に着くことが出来ます。

スマホを見ながら、ヘッドフォンで音楽などを聞きながら歩くと、意識がなかなか届きません。

代わりに、余計な気が入ってきて危険です。

 

「行ってきます」と「行ってらっしゃい」

この二つの言葉に込められた言霊は、

行ってきます  ・・・・ 「行きます」と「帰ってきます」
行ってらっしゃい ・・・ 「行きなさい」と「帰っていらっしゃい」

 

外の世界は危険がいっぱいという前提だから故に、

外に出ていく人は安全に帰る約束をし、

待つ人は外に出ていく人の安全を祈る言葉を、

お互いに伝え合うのです。

 

玄関での大事な儀式、忘れないでくださいね。

 

 

*——————————————————

占いハートフル  大門 華

ご予約お待ちしております。

Webでのご予約はこちらから!

お電話でのご予約も受付けています。

浅草駅前店(土曜日) 03-6231-7199

11月から上野店にも出演します。

上野店(水曜日)   03-6231-6780

*——————————————————

開運吉方位ブログ Vol.12【(大門華的)方位の作用を感じた出来事 ①】

ハートフル浅草駅前店(土曜日)に出演しております、大門 華です。

いつもご訪問ありがとうございます。

今日は私、大門華が方位の作用を強く感じた出来事 - その①をご紹介します。

五黄殺方位への引越し

  • 2005年6月
  • アメリカ、ニューヨーク市から日本、埼玉県への引越し
  • 方位 西北西
  • 2005年    年盤 西北 五黄土星
  • 2005年 6月   月盤 西北 五黄土星

約3年間大学院留学で過ごしたアメリカから日本に帰国したのがこの時です。

この時、親の希望で半ば強制的に帰国を決断したものであり、精神的にとても辛かったことを覚えています。

その後の日本での生活で起きた出来事は、

  • 大失恋(アメリカにいる恋人と破局)
  • 体調不良(乳がんを患いました)
  • 就職先が若干ブラック気味(月65時間ぐらいの残業)
  • 転職先の外資系企業が日本から撤退により失職(リーマンショック)
  • 新しい恋愛が始まらない
  • 何より、大好きだったニューヨークから離れた日本での生活に耐えられなく、喪失感に襲われる毎日が数年続く

吉方位に行けない

そんな五黄殺による凶運の真っただ中、フィンランドへの旅行を計画しました。

  • 2011年3月12日出発予定
  • 日本、埼玉県からフィンランドへの旅行(約1週間)
  • 方位 西北
  • 2011年    年盤 西北 八白土星
  • 2011年 3月   月盤 西北 八白土星(私の吉方位は八白土星です)

年盤、月盤ともに私の吉方位方向でしたが、東日本大震災が起こり私の旅行は中止になりました。

Vol.10【方位に呼ばれるとは?】で書いたように、凶運気の最中にいて吉方向に呼ばれなかったのかな、と思いました。

凶方位効果が約12年続いた後で・・・

五黄殺方位の影響は、五黄土星が特徴とする「中から腐る、自分が原因で状況が悪くなる」という特徴を示す現象が表れるといわれます。

五黄土星が持つ強力な土性の破壊力、調整力が極端に出て抑えが効かなくなるのです。この五黄土星的な現象というのは、五黄土星を冒すことで誰にでも影響が表れます。

(参考までに:五黄土星を本命星に持つ人の特徴

 

上記の出来事も振り返れば、他の選択があったのに自分で選んだ結果によって引き起こされたのかな、と後になって思います。

そして、2005年6月から12年以上過ぎた今思うことは、、、

  • 色々ありすぎて書ききれないーーー!

です。

この件についてはまた次の機会に書きたいと思います。

一つ言えることがあるとすれば、

  • このときの辛さを経験したからこそ、現在占い師になった(の?)

方位の不思議についてはまだまだ研究が必要なので、あえて、断言はしません。ただ少なからず、この経験は私が占い師になった理由の一部になっていると思います。

あと一つ、忘れてはならないのは、

  • 凶方位を冒したこと(凶方位に行ったこと)を無かったことにできない

だからこそ、凶運気から学ぶことがあり、そこから次の未来を創ることができる、と思います。

凶方位に行ってしまった、行かされてしまった、全部含めて、私に学びが必要な期間だったのかもしれません。

 

*——————————————————

占いハートフル  大門 華

ご予約お待ちしております。

Webでのご予約はこちらから!

お電話でのご予約も受付けています。

浅草駅前店(土曜日) 03-6231-7199

*——————————————————

開運吉方位ブログ Vol.11【吉方位の存在理由を考えてみる】

ハートフル浅草駅前店(土曜日)に出演しております、大門 華です。

いつもご訪問ありがとうございます。

今日は、なぜ吉方位が存在するのか?

考えてみたいと思います。

 

凶方位ではない方位 = 吉方位

方位盤をみるとわかるのですが、方位は、吉方位より凶方位の方が多いいんです。

吉方位の出し方は、言い方を変えると、

 <「凶方位ではない方位」=「吉方位」>

なので、その凶方位の残り物である方位が

たまたま自分にとっての吉方位で、

たまたま自分にとっての最大吉方位

に当てはまっていることは、すごくラッキーなことなんです。

 

逆に言えば、自分にとっての吉方位や最大吉方位を探すことはとても難しいのです。

 

凶方位の種類

凶方位ってどれだけいっぱいあるのか、ここで紹介させて頂きますと、

  1. 五黄殺
  2. 暗剣殺
  3. 歳破
  4. 月破
  5. 定位対冲 
  6. 本命殺
  7. 本命的殺
  8. 月命殺
  9. 月命的殺

1~5は誰に出も当てはまる凶方位、6~9は個人個人で変わる方位です。

 

なぜ方位に吉方向があるのか?

上記の9つもの難関を突破して何もケチがつかない方位が見つかったら、その希少性から、何かしら宇宙の導きというか、重大な意味が込められていると感じざるを得ません(もちろん私個人の考えです)。

それは例えば、真っ暗闇でたった一つの方向だけ光が当たっているようなイメージです。

吉方位とは、その時に特に必要で、自分に足りない効果をもたらしてくれる方位になると、私は思います。

 

吉方位に行って開運しましょう

ご相談時は生年月日をお知らせください。

予定が決まっている場合は、お出かけや旅行の日程をお知らせください。どんな効果が表れる可能性があるかお調べします。

予定が決まっていない場合は、どんな効果を得たいかお知らせください。ご希望の効果を得られやすい方位(場所)と時期などをお調べします。

 

大門華でした。

*——————————————————

占いハートフル  大門 華

ご予約お待ちしております。

Webでのご予約はこちらから!

お電話でのご予約も受付けています。

浅草駅前店(土曜日) 03-6231-7199

*——————————————————