開運吉方位ブログ Vol. 5 【12月の吉方位+α】

こんにちは。大門華です。

 

明日12月7日は、九星気学の暦で12月の一日、旧暦11月朔日です。

今月は1年の締めくくり、そして平成最後の「師走」です。

何かと忙しいこの時期、一層気を引き締めて乗り切っていただきたい

と思うので、今月はあえて、吉方位と凶方位の両方をお伝えしようと思います。

 

それでは初めに、平成30年度の吉方位のおさらいです。

南西 まじめな努力が買われて発展する。
西 平凡だが着実な発展。特に家庭内が順調。
西北 新しい引き立てがある。
東北 新鮮な変化があり物事が好転する。
4年以内に転居することもあり。

 

続いて、12月の吉方位です。

復職、復縁など復活の吉兆。若い部下運良し。健康面に自信。
南西 仕事上でツキ多し。健康面では胃腸が丈夫に。
西 相手に合わせて付いていくことですべてが好転。
東北 家庭的な悦び事あり。身内からの応援がある。

 

最後に、12月の凶方位です。

凶方位に行くときは注意、警戒が必要かもしれません。

東南 悪いうわさがたつ。結婚詐欺など異性面のトラブル。
健康面は悪臭がする皮膚病や結石で苦しむとされる。
訴訟のトラブル。やり過ぎないこと。
健康面は原因不明の高熱に悩まされる。
西北 自信過剰からいい気になり過ぎて信頼を失う。
離別。やること成すこと食い違い成就しない。
健康面はのぼせ、冷えなどに悩まされる。

凶方位に行ったとしても、作用は1ヶ月と考えて良いです。

気になる場合は次のことを試してみてください。

  • 吉方位に位置する神社にお参りに行く
  • 吉方位に位置するお気に入りのカフェなどでゆっくりする
  • 吉方位に位置するリラクゼーション施設で体を休める

などなど。吉方位、凶方位の考え方については鑑定時に詳しくお伝えいたします。

 

年の吉方位で長期的な計画、月の吉方位で日常的な良い気を取り込んでいきましょう。

 

本ブログでご紹介する方位は、方位が持つ吉星(=凶星が付かない)と回座する九星の組み合わせで吉凶を判断しています。

本ブログの吉凶方位を個人的なレベルに落とし込むには、個々人の生年月日によってそれぞれの吉方位、凶方位を算出し、各方位を決めていきます。

鑑定時にご相談ください。

*————————————————————

占いハートフル  大門 華

浅草店(土曜日、日曜日)に出演しています。

ご予約お待ちしております。

Webでのご予約はこちらからどうぞ!

お電話でのご予約も受け付けております。

浅草店    03-5830-3083

*————————————————————

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*