開運吉方位ブログ Vol.12【(大門華的)方位の作用を感じた出来事 ①】

ハートフル浅草駅前店(土曜日)に出演しております、大門 華です。

いつもご訪問ありがとうございます。

今日は私、大門華が方位の作用を強く感じた出来事 - その①をご紹介します。

五黄殺方位への引越し

  • 2005年6月
  • アメリカ、ニューヨーク市から日本、埼玉県への引越し
  • 方位 西北西
  • 2005年    年盤 西北 五黄土星
  • 2005年 6月   月盤 西北 五黄土星

約3年間大学院留学で過ごしたアメリカから日本に帰国したのがこの時です。

この時、親の希望で半ば強制的に帰国を決断したものであり、精神的にとても辛かったことを覚えています。

その後の日本での生活で起きた出来事は、

  • 大失恋(アメリカにいる恋人と破局)
  • 体調不良(乳がんを患いました)
  • 就職先が若干ブラック気味(月65時間ぐらいの残業)
  • 転職先の外資系企業が日本から撤退により失職(リーマンショック)
  • 新しい恋愛が始まらない
  • 何より、大好きだったニューヨークから離れた日本での生活に耐えられなく、喪失感に襲われる毎日が数年続く

吉方位に行けない

そんな五黄殺による凶運の真っただ中、フィンランドへの旅行を計画しました。

  • 2011年3月12日出発予定
  • 日本、埼玉県からフィンランドへの旅行(約1週間)
  • 方位 西北
  • 2011年    年盤 西北 八白土星
  • 2011年 3月   月盤 西北 八白土星(私の吉方位は八白土星です)

年盤、月盤ともに私の吉方位方向でしたが、東日本大震災が起こり私の旅行は中止になりました。

Vol.10【方位に呼ばれるとは?】で書いたように、凶運気の最中にいて吉方向に呼ばれなかったのかな、と思いました。

凶方位効果が約12年続いた後で・・・

五黄殺方位の影響は、五黄土星が特徴とする「中から腐る、自分が原因で状況が悪くなる」という特徴を示す現象が表れるといわれます。

五黄土星が持つ強力な土性の破壊力、調整力が極端に出て抑えが効かなくなるのです。この五黄土星的な現象というのは、五黄土星を冒すことで誰にでも影響が表れます。

(参考までに:五黄土星を本命星に持つ人の特徴

 

上記の出来事も振り返れば、他の選択があったのに自分で選んだ結果によって引き起こされたのかな、と後になって思います。

そして、2005年6月から12年以上過ぎた今思うことは、、、

  • 色々ありすぎて書ききれないーーー!

です。

この件についてはまた次の機会に書きたいと思います。

一つ言えることがあるとすれば、

  • このときの辛さを経験したからこそ、現在占い師になった(の?)

方位の不思議についてはまだまだ研究が必要なので、あえて、断言はしません。ただ少なからず、この経験は私が占い師になった理由の一部になっていると思います。

あと一つ、忘れてはならないのは、

  • 凶方位を冒したこと(凶方位に行ったこと)を無かったことにできない

だからこそ、凶運気から学ぶことがあり、そこから次の未来を創ることができる、と思います。

凶方位に行ってしまった、行かされてしまった、全部含めて、私に学びが必要な期間だったのかもしれません。

 

*——————————————————

占いハートフル  大門 華

ご予約お待ちしております。

Webでのご予約はこちらから!

お電話でのご予約も受付けています。

浅草駅前店(土曜日) 03-6231-7199

*——————————————————

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*