開運吉方位ブログ Vol.29【令和2年度の九星年盤と方位】

ハートフル上野店(水曜日、土曜日)に出演しております、大門 華です。

いつもご訪問ありがとうございます。

今日は令和2年度の九星年盤と方位についてお伝えします。

 

令和2年の暦

今年は「庚子年 閏年 七赤金星」の年です。

暦の上では、

今年2月4日(火)の「節入り」から始まり、

翌年2月3日(水)「節分」までです。

暦の上での新年は、来月の節分の翌日からとなります。

 

上記「令和2年の九星年盤」に表示されている数字は以下のように示し、座する方位に上記の「最凶方位」を加えると以下のようになります。

  • 1 = 一白水星 北東に座位
  • 2 = 二黒土星 南に座位 歳破
  • 3 = 三碧木星 北に座位
  • 4 = 四緑木星 西南に座位
  • 5 = 五黄土星 東に座位 五黄殺
  • 6 = 六白金星 東南に座位 金神
  • 7 = 七赤金星 中宮に座位
  • 8 = 八白土星 北西に座位
  • 9 = 九紫火星 西に座位 暗剣殺

上記の各星が座する方位を元に、その星を本命星に持つ人の今年全体の運勢を読んでいきます。

本命星ごとの今年の運勢予想は、このブログで次回、一白水星から順番にご紹介する予定です。お楽しみに!

 

令和2年の方位(凶方位)

上記で示しているように「最凶方位」が今年は4つあります。

九星気学的な方位の見方では、吉方位よりもまず、凶方位があることを強く意識します。

別の言い方をするならば、吉方位は、凶方位を除いた残りの方位、と言っても良いくらいです。

というわけで、今年の凶方位の4つについては、注意が必要です。

  • 本命星に関わらず、誰にとっても凶方位となる
  • 特に大きな移動や宿泊を伴う活動について、この方向に行くことはできるだけ避ける(引越し、長期旅行)

中でも、暗剣殺・五黄殺(西・東)に行く機会が多く巡ってきたら、凶方位に呼ばれている可能性を疑ってみてください。

その時はお気に入りの神社などで「八方除」「方位除」のご祈祷やお守りを授けて頂くことを強くお勧めします。

私のお勧めの神社は、寒川神社(http://samukawajinjya.jp/)です。

 

最後に、「金神」(こんじん)様は九星気学的な考えとは異なる神様ですが、念のため記しています。

金神様は、動きに少しユニーク(?)なところがあって、時々この方位から出て行きます(金神間日(こんじんまび))。今年の金神方向(東南)に引越しや旅行の計画がある場合は、この金神間日の間に行うと良いでしょう。

 

以上、今年の暦と方位についてでした。

私の対面鑑定では、ご相談者様の本命星別の吉方位と凶方位をはじめ、具体的な方位の活用方法、開運方法をお知らせしています。

興味がありましたら是非お立ち寄りください!

 

*——————————————————

占いハートフル  大門 華

ご予約お待ちしております。

Webでのご予約はこちらから!

お電話でのご予約も受付けています。

水曜日と土曜日に出演しています。

上野店 電話番号 03-6231-6780

*——————————————————

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*