八白土星

八白土星が位置する方角は、冬を表す北と、春を表す東の中間にあたる東北です。

一年が春から始まるとすれば、その直前、そして四季の変わり目である土用にも属します。

八白土星を本命星に持つ人は「変化」であったり、変化がもたらす「不安」であったり、

元来人々が持つ不安要素を体現化し感じ取る特徴があります。

同じ土星に属する二黒土星は平地の土を示し、八白土星は土が盛り上がる山を示します。

また、積み重ねる、貯め込む、という意味も発生することから、

八白土星は不動産や、相続、といった意味を生じます。

八白土星の人は先祖代々の事業や不動産を引き継ぐばかりでなく、

自分でも不動産を購入して管理し活用することが上手いと言われています。

二黒と同様に独立独歩のコツコツ型ですが、八白の人は少し頑固で人の意見に左右されません。

初志貫徹の人で妥協を知らず、滅多なことでは心を動かさないので閉鎖的に受け取られることもあります。

いつも冷静沈着で落ち着いた印象を与えますが、意外と飽きっぽく変わり身が早いところがあります。

変化の星であり、変化を求める気質があるのかもしれません。

辛抱強いかと思うと諦めも早く、ある時に思い切った行動を起こして周囲をびっくりさせます。

それでいて優柔不断な面もあり、なかなか正体をつかめない人です。

八白土星の人は困ったときに救いの手が差し伸べられる人です。

八白の座位である東北は陰から陽に変わる場所であり、

薄闇の中にいても一筋の光が指す場所という解釈から「打開」の意味が連想されるのです。

貯金が得意なこともあって金運はかなりあります。

資産運用するなら不動産がお勧めです。

一生お金に困ることはありませんが、若い頃よりも晩年期の方が金運は安定するでしょう。