🌓⭐️「上弦の月」の影響/1/11蟹座満月のおすすめの過ごし方⭐️🌕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運を変える占い師RURI☪️です🎍

今年もあなたへ、占いを通じて「月」「数字」「星」など様々なパワーのメッセージをお伝えしますね❤️

よろしくお願い致します🙏

2020年最初は、やっぱり「月」からのメッセージを。

ブログを書いている今日は13:45「上弦の月」になります。

もともと、「上弦の月」は新月から満月の14日間を指します。
この時期は、『吸収』『成長』の時期になり、気力が充実し、体が軽く感じる人もいるかもしれません。

新月の日にした願いごとに向かって、積極的に行動をしていく時期です。心にも体にもよいものを与えると、身に付きやすくなります。

♦︎おすすめの「上弦の月」の過ごし方

この時期は何でもよく吸収するので、新しい勉強を始めたり、体作りを始めたりするのにピッタリです。

気持ちもポジティブになり、他者との交流を楽しめるような時期なので、積極的に外に出ていくとよいでしょう。

♦︎1/11:4時21分は「蟹座満月」

♦︎満月の影響

満月の日は重大事故や凶悪事件が多いと、という話を聞いたことはありませんか?

それは、満月の日は感情が高ぶりやすく、衝動的な行動をとってしまうことが原因だと考えられています。

満月の日には、右脳と左脳の作用が入れ替わってしまい、左脳の論理と右脳の感性の優劣が逆転してしまうのです。つまり、普段、理性優先で行動している人が、感情で動くという現象が起こりやすくなります。

また、月の引力に加えて、『満ちる』エネルギーが降り注ぐときです。体の吸収力が最大となり、いいものも悪いものもよく吸収します。

さらに、満月は月の満ち欠けの『完了』のタイミングでもあるので、何かが形になりやすいときでもあります。

♦︎おすすめの満月の日の過ごし方

満月の日は感情が高ぶるときなので、喧嘩や別れ話はNGです。なるべく大事な決断はしないほうがよいと言われていますが、『丸く収める』のパワーを求めて大事な商談や会議を設定されるビジネスマンもいるようです。

また、体は何でも吸収しますので太りやすいときでもありますが、ビタミンや鉄などの欠乏症にサプリメントなどを摂取するとよく効きます。

ただ、この日を境に、吸収力が落ちていきますので、ダイエットを始めるなら満月の日を選ぶとよいでしょう。お肌のスペシャルケアも、満月の日を選ぶと効果的ですよ♡

そこで、1/11の「蟹座満月」(月食)の予習。

蟹座のテーマは「家庭」や「基礎」、「プライベート」や「無意識の感情」など。

家や家族や身内との関係性にフォーカスし感謝を捧げながら、自分が帰るべき居場所を見つめて新しい光を灯す。そんなイメージの日にしましょう。

自分の感情の安定について考えるのも必要です。

こういう時についイライラしてしまうとか、不安に襲われるとか、自分自身の感情が揺らぐポイントを振り返りながら、その対処法を冷静に分析しておくこと。

「感情」を司る蟹座の支配星は月。満月の影響が通常より高まる日ともいえます。

また、月食が起こることで自分の中に埋れていた自分でも気づかなかったような感情が、表に出てくることも。

月食の満月は、ホロスコープチャート上で「前世からの縁や課題」を示すドラゴンヘッドと月が近接している状態です。

自分自身が、今生で抱えている使命を果たさなければならなくなるような、イベントが起きる可能性も大ですよ❣️

最後まで読んで頂きありがとうございます🙏

2019年12月26日の「山羊座新月」に願いごとが忙してできなかったあなたも、今年こそは月のサイクルを意識して、目標達成しちゃいましょう❤️

個人鑑定や月星座に興味のあるあなたはこちらへ⬇️

https://uranai.heartf.com/Public/Mkanteishis/view/343/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*