?住まいをきれいにすると運がグングンよくなります?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年はコロナの影響で外出自粛になったり、在宅ワークになったりで家にいることがいつもの年の何倍にもなったのではないでしょうか?

思い切って断捨離をされた方もいらっしゃるのでは?

月日は容赦なく流れ、来月はもう12月。年末を迎えます。
もう一度家全体、お部屋の中を見回して新しい年を迎える際に思いっきりいい運になるようにお掃除をしていきましょう。

§「住まいの汚れ」は「運の汚点」になる

住空間は運気を貯める場所

風水では、衣食住、行動など生活のあらゆることが運に直結すると考えます。

その運を「貯める場所」とは自分の住まい、つまり「住空間」です。住空間が不浄だと、自分の中に蓄積される運もどんどん不浄のものになっていき、その結果大きく運を落とすことになります。

不要なものがたくさんあって雑然とした汚い空間は、あなたの「悪運」のもと。
いろいろと頑張っているのになぜか運が悪いという人は、住空間にとどこおりがあることが多いのです。

自分の運を変えるのは、実はとても簡単。

自分の運を見直したい、悪運をリセットしたい、新しい転機が欲しい、チャンスが欲しいと思い立ったなら、まずは自分の住空間をお掃除しましょう。

どんな人でも、自分の部屋をきれいにすると気分がすっきりするはず。「心地よさ」を感じられる空間からは、自分が思っている以上に大きな運気を呼び寄せることができるのです。

お掃除で新しい運を生み出せる

外出先から帰ってきたとき、家に入って感じる気持ちは、自分の運の良し悪しに大きく影響します。

「部屋が散らかっているなあ・・・」「汚れているなあ・・・」。こんなふうに思いながら家の玄関を開けるのは、自分の運を落とす大きな原因。そんな気持ちになると、もうその家からもらう運、住空間から得られる運がない人になってしまうのです。

反対に、帰宅したときに家の中がきちんと整頓されている人、家の中が気持ちいいと思える人は、住空間から与えられる「大地の気」を取り込める人。

「大地の気」を取り込める人というのは、新しい物事を生み出していく力が備わった人。新しい運を生み出せる人といえるのです。

家に入ったときに自分がどう感じるかによって、新しい運を生み出せる人か、ただ運を消耗するだけの人なのかが、わかってしまうのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます?

いつもは月の話題が多いブログですが、年末年始にかけては運気UPについても書けたらと思っています。

RURIでした?

参考文献:李家幽竹「おそうじ風水」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*