あらゆる事を楽観的に捉える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人は誰でも、自分の心のメガネを通して世界を見ています。

そして、そのメガネのレンズにはその人なりの色がついています。

心のメガネのレンズには、物事を楽観的に捉える「楽観レンズ」と、悲観的に捉える「悲観レンズ」の二つがあります。


楽観レンズの入ったメガネは、その度が強ければ強いほど、起こることすべてが輝いて見えます。そして、どんなピンチのときでも光明を見つけることができます。また、苦しい状況下でも「いい経験をさせもらっている」と、その状況を楽しむことができます。

悲観レンズの入ったメガネは、その度が強ければ強いほど、あらゆることをマイナス方向に捉えてしまいます。更に普通の人が受け流してしまうようなことまで深刻に捉え、クヨクヨと悩んでしまうのです。

自分のかけているレンズを変えることは、それほど簡単なことではありません。まずは、自分がどんなレンズのメガネをかけているのかを認識することから始めましょう。

もし自分が「悲観レンズのメガネをかけているな」と思ったら、意識的に物事を楽観視してみましょう。

物事を楽観視する努力をすることは、きっとあなたの心を磨き、よりよい生き方につながりますよ。

今日という日が素敵な一日になりますように🌹

RURI♡

占いハートフル自由が丘店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*