今日を
「最高の未来にする!」
と決めた愛あるあなたへ


こんにちは!

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

1、毛づくろいの役割

諸説ありますが、有力な考えに
「ストレス解消」になる
という効果があるといわれます。

つまり、

サルの世界も集団で行動し
明確な上下関係が存在し
そうとうなストレスがあるようです。

その為、

言語の発達がないので
お互いに毛づくろいを
しあうことで
スキンシップを図り
「幸せホルモン」の
セレトニン」を
分泌させるそうです。
そうすることで精神が安定します

 

 

セレトニンには

他にも大事な作用があり、
それはストレス耐性を高めるます。

セロトニンが感情をコントロールすることで
嫌なことやショックなことがあっても
怒りや悲しみなどのネガティブな気持ちを
引きずらず前向になれます。

また、衝動を抑制する働きもあり、
ストレスから何かに依存するような
状態を防ぐ効果もあります。

 

因みに

セレトニンは

①太陽の光をあびたり

②運動をしたりすることで

増加します。

 

 

次は、言語の発達した
人間の最新?ツールのお話です。

 

2、SNSの役割

SNSとは
《social networking service》
個人間のコミュニケーションを促進し、
社会的なネットワークの構築を支援する、
インターネットを利用したサービスのこと。

『デジタル大辞泉』より

 

私の職場でも
ラインを仕事の連絡に
使用しています。

(ラインはホームから、
つぶやきや、写真を投稿
できるのでSNS機能があります)

また、

ビジネスのHP代わりに
Facebookを
上手く活用してる
フリーランスの方や
企業も多くいらっしゃいます。

 

twitterも高速かつ
広範囲の伝播性をもって
人的交流を促し
知的交流も国境をこえて
可能になります。

 

そして

ご存知のように
『いいね!』
というGOODボタンを
ポチる文化ができていますよね?

 

更に
もっと多くのメッセージを
お伝えしたければ
個別に記銘して
「コメント」を付けられる。

 

これらの行為は
相互に行われることが
非常に多いですよね。
(逆に、まったく、いいね!
しないポリシーの方もいるかも)

 

「あれ?

これって、
おサルさんの
毛づくろいと似てない?」

と思っていたところ

#藤野恵美

『雲をつかむ少女』

を読みました。

 

この本は短編で構成されています。

その中で
少女がSNSを通じて友人と
交流する心温まるお話に
出会いました。

 

SNSでの動物の写真の
やりとりをを通じて
心を開いていくのですが

 

自分自身の経験をみても
お会いしたことが
あるないにかかわらず

特にTwitterで、

ポジティブなお言葉で
勝手に勇気づけられる
ことが多いです。

逆に、

コメントをみると
自分の考えた以上に
「すごく励まされた」
等の大変ありがたい
お言葉を頂戴することも
少なくないです。

 

なので、

 

サルの毛づくろい
同様に
「セレトニン」の分泌が
多くなされている
のだと思っています。

 

その為、

 

SNSのフォロワー数を無理に
増やそうとすることに
躍起になっている方も
おられるのかもしれません。

 

超ストレス社会と言われる
「現代社会」

そこに生まれた
SNSというツールは
様々な利用方法可能性が
ありますが、

 

本質的なことは

「人と人との
言葉を持ちいた交流であり
円滑なコミュニケーションによる
ストレス解消の役割」

を担う点で
サルの毛づくろい
と一緒なんだよなーっと

毎日
twitter
インスタを
更新しながら
思う今日この頃です
(*^-^*)

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

いつもありがとうございます!

 

ここまで、長文にお付き合いいただきありがとうございます。

 

これから

もっともっと

✨キラキラ☆彡

輝きをましていく

あなたのサポーター

 

江原万象より😁