堪忍・寛容は幸運になる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日を
「最高の未来にする!」
と決めた愛あるあなたへ


こんにちは!

(*^-^*)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【まとめ】

「ならぬ堪忍するが堪忍」

「寛容」になれるなら

受け入れましょう(*’▽’)

ただ、

修行中の我々は

堪忍しようとして頑張ったけど

最後には、

やはり「寛容」になり切れなかった

自分自身をうけいれる

「寛容」さを身につけましょう。

自分自身のために(^^♪

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++

1 仏のようなこころ

と聞いて、皆さんはどのような想像をしますか?

 

私は、全てを受け入れる

「広いこころ」

をイメージします。

 

 

「寛容」である人は

人格者とされ
癒しの時間空間を
周りの方に与えるので

 

自分自身にも
周囲の人間にも
ストレスを与えず

自然と
人間関係も安定します。

 

周囲にもよい口コミが広がり
よい友人関係も
更に益々広がり

物質的にも恵まれ

幸運が巡ってきます。

 

 

 

かんにん
堪忍
《名・ス自》
  1. こらえてしのぶこと。
  2. 怒りをしのんでとがめだてしないこと。他人の過失を怒らずがまんすること。
     「ならぬ―するが―」

と、辞書にありました。

 

占いのご相談で一番多いのが

「人間関係」であります。

 

パートナーとの関係
会社の上司部下関係
家族
友人
ご近所付き合いなど

 

恐らくこれらの相談を
NGにしたら、
占い師の9割は
食いはぐれるでしょう(笑)

 

 

多くのクライアントさんが

『もう「堪忍」できない!』

から、相談にくることが圧倒的に多いです。

 

いやー、

我慢できないですよね。

これをお読みくださった
あなたも

きっと

凄く長い間

「寛容」であろうと努め

「堪忍」を続けている(いた)

のでしょう。

 

本当に
お疲れ様です。
頑張りましたね。

 

 

 

2、私も、実際占い師の立場で

 

 

「カウンセリング」を
提供させて頂く側ですが、

「散々我慢したけどもう
堪忍できない!
この人は無理!」

つい最近思いました!

 

我ながら、

お恥ずかしいし
もう一歩だけ
「堪忍」できなかったか?
「寛容」になれなかったか?

反省もしました。

 

当然
色々考えました。

 

で、

直近で読んだ
「本田健」さんの御本の中で

「ストイックでポジティブなタイプは
我慢しすぎて、
本音を言えないことがある」

という趣旨のことを
書かれておられ、

このフレーズを見て

「ああ、もうこの点については
堪忍しないで、
本音を打ち明けて
良いんだな・・・」

 

と、

 

悟りました。

 

それでも、

 

ストイックポジティブな人間は

自分を「責め」

 

反省もしてしまいます。

 

 

でもね、

 

本音を話して
良かったんだよ。

きっと。

 

 

今回の問題は
自分と
周囲を
「問題提起」によって

【進歩】させたんだと思う。

 

自分が
あえて
運気を下げて
ある意味【犠牲】になって
いうべきことを
お伝えする。

 

切れた?とも
いいうるけどね

「運命の輪」の
【タイミング】

が来たのかもしれないじゃん!

 

 

私は
ツヨクツヨク

思っています。

 

 

 

 

ストイック
ポジティブな方。

 

 

「堪忍」を
数か月続けて
最大限譲歩し
手を差し伸べて

「頑張り続けてきた」

自分を認め
褒め
問題提起をした

勇気を振り絞った自分に

 

本当の意味で

自分自身と周囲の人に

【寛容】になりましょう
(*^-^*)

 

 

きっと

そんなあなたの

未来には

【幸運】が訪れますよ・・・

 

きっと・・・

 

 

 

 

 

 

 

参考ブログ

https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

いつもありがとうございます!

 

ここまで、長文にお付き合いいただきありがとうございます。

 

これから

もっともっと

✨キラキラ☆彡

輝きをましていく

あなたのサポーター

 

江原万象より😁

 

江原万象のインスタグラム

https://www.instagram.com/eharabanshou

 

 

江原万象のTwitter

@uranaihamadai

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*