外で仮面を付けていて疲れます…

これからどんどん運気がよくなっていくあなたへ音譜

仕事場や外では本当の自分を出せず、いつも仮面を付けているので、

 
家に帰るとぐったりして、何も気力が湧かず…

 
これからどうしたらいいのか分かりません…ガーン

頑張り屋さんで、人に弱音や本音を吐けない状態が続くと、だんだんそんな自分は偽物だと感じられて、

仮面という表現になるのだと思いますショック!

そんな方は、とても理性が強く、自分にとても厳しい方が多いです。

心の奥底では、ありのままの自分では他人から受け入れられないしょぼんという、

低いセルフイメージが横たわっていますあせる

これは幼少期に、ありのままが受け入れられない事がインプットされたままになっている為です。

そして、頭の中の会話は、厳しいお母さんと子供の様な会話が繰り広げられていて、

何か出来た事があっても、

でもあれが出来ていない、まだここがダメメラメラと、

自分で自分にダメ出しするクセが付いていたりします。

そんな方の開運法は、

先ず、減点法を止めることビックリマーク

完璧主義が強いと、すぐに出来ていない事に目が行くのですが、

そこを、出来ている事や、良い面に目を向ける習慣を意識して作るのです。

そして、以前より良くなっている事があれば、

それを受け取る器を育てる事が大切です。

また、そんな方が陥りやすいのが、白黒思考。

 

白か黒か、

○か✖︎か、

0か100か、

判断基準が二者択一になっています。

そして、そんな方の判定はだいたいダメな方に行くので…ショック!

永遠に✖︎な自分のまま…あせる

心理学や精神医学でも、神経症的な傾向強い人は、こんな白黒思考に陥っている場合が多いのだそうです。

ここから脱する為には、点数法にするのです。

何%位出来てるかな?

昨日は60%だったけど、今は70%位になったんじゃないかな?うーん

と、物事をグラデーションで捉えられる様にしていくのです流れ星

すると、世の中の見方の解像度が上がって、

細やかな感性が養われ、少しずつ自分を受け入れる視点が身についていきます。

そして、それが柔軟性に繋がります。

色々な自分や、人や、出来事を受け入れる柔軟性を持つ事。

それが本当の意味での開運に繋がるのです。

是非、少しずつでいいので、

加点法で、少しでも良い面、今持っているものに目を向けていく訓練をしてみて下さい音譜

そんなあなたを、心から応援していますラブラブ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*