拗ねから抜けるには…

これからどんどん運気が良くなっていくあなたへ音譜

 

今日はこちらの記事の続き。

 

拗ねとは?
 
どうしたら拗ねから抜け出せる?

 

をテーマに書いてみたいと思います。

 

子供でイメージすると分かりやすいと思いますが…

 

お母さんがお買い物から帰って来たら、
子供が拗ねていた…

 

お母さんがどうしたの?と聞いても、
ふてくされて何も言わなかったりしますね。

 

 

拗ねって、ストレートな怒りとは少しニュアンスが違いますよね。

 

怒りがひねくれたのが拗ね。
 

 

怒り+甘え=拗ね。

 

怒ってる理由を、お母さんに察して謝ってほしい。

 

みたいな気持ちがあります。

 

ストレートに自分の要求を伝えるのをしないで、
相手に自分の気持ちを分かって欲しい。

 

分かってくれるかどうかで、相手の愛を測っていたり…

 

構って構って、と依存し、甘える気持ちが拗ねを生みます。

 

これ、小さい子がやってたら、それも見え見えで可愛いのですが…

 

大人がやっていたらどうでしょうか?

 

周りの人から見たら、正直かなりめんどくさい…アセアセあせる

 

精神的に自立した大人は、

 

自分の望みは自分で理解して、
 
それを叶える為に行動あるのみ。

 

とてもシンプルな話です。

 

と、こんな記事を書いていると、
先日参加した心理学セミナーがドンピシャでこのテーマだったのでびっくりえっひらめき電球

 

 

依存思考を何とか変えていきたいと思っている方には、
アドラー心理学はやはりお勧めです。

 

たくさん本が出ていますので、参考になる本が見つかると思います。

 

さて、話を戻しますと、

 

何故拗ねが起きるかというと、

 

自分が自分の心の声を無視し続けた結果なのです。

 

自我(エゴ、理性)が、心(感情)の声を厳しく押さえつけているので、

 

素直な心が出てこれなくなっている状態。

 

そして、どうせ願っても相手にしてもらえないし…プンプンメラメラ

 

という思いが、
どんどんどんどん蓄積していきます。。

 

それが長年続くと、
今となっては、もうどれが心の声かも分からない。

 

心は完全に拗ねていて、

 

ストレートに望みを表現してもくれない。

 

イライラ、モヤモヤだけは湧き上がってくるけど、

 

 
一体私は何がしたいんだろう?
もはや何をやっても上手くいかないし。

 

幸せって何だっけ?

 

人生長いし、

 

不安は増えるし、

 

もうどうしたらいいのか分からない。

 

一生懸命頑張って来たのに、

 

何が間違っているって言うのプンプン⁉️

 

もうこれ以上頑張れない。。

 

そんな気持ちで、ご相談にいらっしゃるのです。

 

これを書いてて、正に以前の私だわ〜笑い泣き
と切ない気持ちになりました。。

 

だから、こういう方々のお気持ちはとても良く分かります。

 

そして、今がドン底だとしたら、チャンスタイムに来ています。

 

 

拗ねて何かを待っていても、

 

拗ねた大人に手を差し伸べてくれる人は現れません。

 

むしろ現れない方が天からの愛なのです。

 

結局、
自分で何とかするしかない。

 

本当に、心の底からそれを実感して腹を括った時、

 

人は自立に向けて大きく動き出します。

 

因みに、心理学セミナー曰く、

 

これが更にこじれると、
人は辛い現実を直視しない妄想の世界に入っていくそうです笑い泣き

 

いつか宝くじが当たれば…

 

いつか王子様が…キラキラ
そうなると、もう外から声を掛けても無理。

 

だから、ドン底の現実を見つめて正しく絶望出来ているならまだ大丈夫ビックリマーク

 

もし一人では心の声が分からない場合は、

 

西洋占星術で持って生まれた本質を知ったり、

 

ライトヒプノ(催眠セラピー)で直接潜在意識の声を

 

聴くお手伝いをする事が出来ます。

 

 

ここで、理性が強い人は、

 

でも、知ってどうすれば?
 
実際すぐには出来ないし…

 

と仰ることもありますが、

 

先ずは、
自分の想いを知って認めることが愛
なのです。

 

拗ねていた子供も、行けるかどうかは別として、

 

そっか、一緒に行きたかったんだね。
ゴメンね。
とお母さんに言ってもらうだけで、大事にされていると感じ、気持ちが安心出来るのです。

 

その為に、先ずは時間をかけて自分を知るのです。

 

そんなあなたを、心から応援していますラブラブ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*