穴を埋めようとするだけの人生になっていないだろうか?- メンタルモデルから本当の自分を知る-

「スケジュール表に空白があると心配になる」
あなたはそんなタイプではありませんか?
とにかく穴を埋めていないと心配になる、あれも足りない、これも足りない、
だから頑張る!そんな風に思っている方は、ありのままの自分を認めず
生きていないのかもしれません。

今日は、由佐美加子さん著の「ザ・メンタルモデル」から、
ありのままを受け入れて生きるということについてお話したいと思います。

メンタルモデルって何?

ザ・メンタルモデルの著者である由佐美加子氏によると、
人間がその生き方を制御しているプログラムがあり、
それをメンタルモデルと呼んでいるそう。

メンタルモデルとは、

A 価値なしモデル「私には価値がない」
B 愛なしモデル「私は愛されない」
C ひとりぼっちモデル「私は所詮ひとりぼっちだ」
D 欠陥欠損モデル「私には何かが決定的に欠けている」

の4つのタイプに分けられるとのこと。
これを見て、「自分はこのタイプだ!」と
当てはまるものは浮かんだでしょうか?

さきほど挙げた4つのメンタルモデル、
どのタイプも「何かがない」と感じているのが共通点。
それぞれのタイプで感じている「ない」ものを埋めるために
行動したり逃げたりしているものなのだそうです。

例えば
「私は価値がない」という思考を持っている人は、
「価値がある自分」になるような行動をする。
「私は誰からも愛されない」という思考の人は、
人に奉仕してひたすら喜ばせようとする。

しかし、この「ない」を埋めるための行動や逃避は、
一生続けられるものなのでしょうか?

ないものは受け入れるということ

著者もこの本の中で書いていますが、
結局人は、行動しても逃げても、
望まない現実をつけつけられることは何度もあるわけです。

だとすれば、
「自分ってそういうところがあるよね」
さっさと受け入れてしまう。
受け入れてから、人生の時間の使い方を考える。
この方が楽に生きられるのではないでしょうか?

誰かにではなく自分自身が認める

最近「承認欲求」という言葉をよく耳にします。
「誰かに認めて欲しい」という欲求。
これは誰にでもあるもの。

でも、自分のことを一番先に認めなければいけない人は
自分自身なのではないでしょうか?

「人が認めてくれないと感じるのは、
自分が自分を認めていないから」
これも由佐さんの考え方。

ないものを埋める人生より、
あるものを楽しむ人生を過ごす。
あるものを楽しむ人生を過ごすということは、
一生をかけて自分を大切にするということ。

親や、上司や、他の誰かに認めてもらえなかったとしても、
自分自身を好きになるということを始めてみませんか?


もしその方法がわからないという時には、
私がそのお手伝いをさせて頂きます。

 

伊勢佐木町店  葵 レオラ

やるかやめるかの選択、あなたは間違っていないだろうか?

「今日は傘を持っていくか?」
「今日は何を着ていくか?」
「今日のお昼は何を食べるか?」

人は、朝起きてから寝るまで常に選択に迫られています。
そして、生きているとその人の人生を左右するような
大きな選択を迫られる場合もあります。
生きていく上では避けられない「選択」。
今日は、「あなたは本当にいい選択をしているか?」
についてお話ししたいと思います。

 

絶対損をしたくない心理

人がある選択をする時、
このような心理が働いていることをご存知でしょうか?

損益回避の法則

「人は得をすることよりも、損をすることを避けようとする」

具体的には以下のような状況の時どちらを選択するかということです。

・100万円必ずもらえる

・50%の確率で200万円もらえる


この2つからいずれかを選択しなければならない場合、
どちらを選択しますか?

恐らくほとんどの方が絶対損をしない100万円を選択するはずです。
これが損益回避の法則と言われる人間の心理。
ちなみに人間が損をしたくないという気持ちは、
得をしたいという気持ちと比べて2倍~2.5倍強いと言われています。

こういった心理が知らず知らずに働いている状況で
様々な選択をしているわけですが、
「損をしない選択」は、
人生において本当に損をしていないのでしょうか?

例えばこんな状況の場合はどうでしょうか?

ずっと憧れていた仕事があるがなかなか求人がない。
でもある時ふと見た転職サイトで、
その仕事の求人募集を見つけた。
恐らくレアな募集なので早く応募しなければ、
すぐ募集が終了するだろう。
でも・・・今の仕事は楽しいし、人間関係にも問題がない。
応募した方がいいんだろうか。

今の状況にもリスクは潜んでいる

安定していると思っている今の状況も、
客観的に見てみると意外とリスクが潜んでいるものです。

  • 今の会社の5年後は安定している?
  • 今の部署から別の部署に異動する可能性はない?
  • 今の人間関係が5年後も続いている?

ある2つのものを比較する場合、
同じ条件下にあるテーブルに置いて、
その2つを比較しているかということが
とても大切になります。

条件が異なるテーブルに置いてみても、
正しい判断はできないのです。

あなたの人生にとって、
どの選択をするのがベストでしょうか?

それがわかるのは、他の誰でもないあなた自身なのです。
死ぬ前に後悔しないためには、
自分の気持ちに正直になること
「やってみたい」という気持ちに蓋をしないこと
これがとても重要になるのです。

死ぬ直前、すべてやりきった!と思える人生にしたいものです。

伊勢佐木町店 葵 レオラ

「おひとりさま」って誰のこと? -誰にでも訪れる孤独を恐れない生き方-

「おひとりさま」という言葉をGoogleで検索すると、9,440,000件もヒットしました。

「おひとりさま」という言葉を聞いて、どのような想像をしますか?「独身女性」を想像した方、多いのではないでしょうか?確かに、10年くらい前には、33歳独身女性を主人公にした「おひとりさま」というドラマがあったくらいですから、おひとりさま = 独身女性と定義されている方は多いかもしれません。ですが、よく考えてみると、結婚して旦那さんがいても、奥様がいても、子供・兄弟がいても、誰が先にいなくなり、誰が最後まで残るかわからない。だから「おひとりさま」という状況は誰にでも起こりえる将来の状態。

「ひとり」と聞くとなんだか不安。お金も健康も、そして自分の最後も一体どうなるのか・・・?そんな心配をひとつでも減らす方法を先輩おひとりさまから学ばせてもらおうと思います。

おひとりさまの先輩 上野千鶴子さんの考え

上野千鶴子さんという方をご存知ですか?こんな本を書かれているおひとりさまの大先輩。

この本で上野さんは、おひとりさまは女性だけではなく、誰にでも訪れるものだと書かれています。おひとりさまになる前にどういう備えをしているといいのかということを、この本の中で

  • 暮らし
  • 人間関係
  • おカネ
  • 介護
  • 終わり

に分けて、細かくわかりやすく、事例付きで書いてくださっています。

遠くの親戚より近くの他人?

人間が一番怖いこと、それは「孤独」ではないでしょうか?逆に誰かとの繋がりさえあればどんなことでも乗り越えられる。

風邪をひいて動くことができない、そんな時は本当に不安を感じますよね。でも、誰かからの「大丈夫?」のひとことさえあれば、生きる力が湧いてくる。(ちょっと大袈裟かもしれないですが)

本当に辛い時、本当に心細い時にその言葉を素直に言える相手というのは、自分から近い距離にいる人より、少し距離間がある人ではないでしょうか?そんないい距離感の友達を持つためには、普段から色々な場所に出掛けていくということが必要になります。

会社だけではなく、家族だけではなく、「自分だけの第3の場所」を持つということ。これは「人生100年時代」を生きるには絶対に必要なこと。

出会うすべての人と深い関わりを持たなくてもいい。できるだけ自分が「素」を出せる場所、そして飾らず、にこにことリラックスできる場所、そんなところを作る心がけをなるべく若い時からしておくと、自然に「本当に困ったときに助けてを言える人」ができるはずです。

これが「おひとりさまを恐れない」ことに繋がるコツ。

リラックスできる場所ありますか?

今元気なおじさま・おばさまのお話を聞いてみると、みなさん何かしら楽しいことを持っていらっしゃいます。寿命が延びた今、100年時代と言われる今、ただただ生きるだけではなく、楽しく過ごして最後は気の許せる人に見送ってもらいたい。

今からできることをひとつづつやっていけるといいですね。

 

伊勢佐木町店 葵 レオラ

「変える不安」より「増やす楽しみ」-人生100年時代の働き方-

節分が過ぎ、立春が過ぎ、暦の上では春。「春」と聞いてどんなことをイメージしますか?

桜?卒業?新社会人?

春というと「新しい」というイメージがありますが、新しい季節を迎える前に、今この時期にそわそわしている方が多くいらっしゃいます。それは、非正規雇用でお仕事をしているという方。なぜかといえば、来年度、今のお仕事を続けられるかどうかを決める大切な時期だからなのです。

2018年の統計では女性の約56%が非正規社員というデータもあるくらい、多くの方が非正規雇用という形態でお仕事をしている今、「来年も契約されるかどうか」という不安は多くの方が持たれています。

「こういう不安を持ちたくないから、正社員で働ける場所を探す」という方もいるかもしれませんが、就職活動や転職というのは自分が考えている以上に、精神的な負担がかなり大きいもの。

今日はそういった方々のために、「変えるではなく増やす働き方」についてお話しようと思います。

「もし今、3万円臨時収入があったら何をしますか?」

3万円でできること、意外とあります。小旅行くらいだったら余裕で行けますよね。女性であればエステに行ったり。

月に3万円、パッと見ると少額に見えるかもしれませんが、よく考えればそれだけの金額でもプラスがあれば、生活に潤いがでます。

この3万円、「副業」をすれば案外楽にプラスできたりするものです。

どうやって副業をはじめるかですが、何の資格がないという人でも、「インターネット」という手段を使えば「自分のお店」を開くことができます。開いたお店で何を売るか?それは自分が趣味ではじめたもの、ずっと続けているものを売ればいいのです。

転職は人生の大きな決断、だからそれに伴う「不安」も大きいですが、インターネットで「開業する」というのは、自分の好きなことを広げていくことができるので、「不安」より「楽しく」進めることができるはずです。

また、人生100年時代、「長く働き続ける」ということはとても大切になります。会社という組織に所属している間は、毎月決まったお金が振り込まれるわけですから「稼ぎ方」を知らなくても問題ありません。でも、決まった額が振り込まれなくなった時、あなたなら何をしますか?

もし「一人で稼ぐ方法」を知っていれば、「どうやってでも生きていける!」という前向きな気持ち持つことができます。

毎月決まったお給料が振り込まれるという環境にいても、稼ぐための力をつけておくいうことはとても大切。「副業」という言葉も色々な場所で聞かれるようになってきましたので、まずはできることからスタートすることをおススメします。

「鬼の顔」になっている原因を考える-シャンパンタワーの法則-

明日は節分。季節の変わり目です。季節の変わり目には邪気が生じるということから「鬼は外、福は内」で、福は中に呼び込み、鬼は外に追い出すという古くからの風習。

さて今日は、「鬼」にちなんであなたの中に潜む「鬼」についてお話したいと思います。

いつも鬼のような顔をしてる人、あなたの周りにはいませんか?いつも眉間にシワを寄せていたり、常に怒ったような顔だったり。そして、あなた自身はいかがですか?いつも笑顔を絶やさず過ごせていますか?

私たちは普段、自分自身がどんな顔をしているほとんど知らないで過ごしています。でもこれってすごく怖い。自分がイメージしている顔と、実際の顔はかけ離れていて、相手からの印象も大きく変わっている・・・ということもありえるのです。

「一緒にいるいつも笑顔を絶やさない人がいい」これはほとんどの人が思うことだと思います。ではどうすれば笑顔でいられるのでしょうか?

知っていますか?シャンパンタワーの法則

シャンパンタワーって知ってますか?そう、これです。

上から2番目のシャンパングラスにシャンパンが注がれるためには、一番上のグラスがシャンパンでいっぱいになって溢れる必要がある。これは誰でもわかりますよね。

人が笑顔でいられるためには、このシャンパンタワーと同じ法則が成り立ちます。つまり、一番てっぺんのグラスが自分自身。自分自身が満たされていれば、心に余裕を持って笑顔で周囲に接することができるのです。

自分のシャンパングラスを満たす方法、知ってますか?

  • 週末は温泉でゆっくりする
  • 誕生日に高価なものを買う
  • 趣味のために休暇をとる

たしかにこういうことで満たされそうな気がしますが、これは全部物質的なこと。ほんとうの意味で満たされるためには、自分で自分をねぎらう必要があるのです。「ただただありがとう、頑張ってるね、お疲れ様」こういう風に自分をねぎらうことが、本当の意味でシャンパングラスを満たすことになるのです。

自分のシャンパングラスを満たすことは、実は潜在意識をいい方向に変えることにもつながるのです。潜在意識がいい方向に変わるとつまり、自分の進みたい方向へ進むことができる、欲しいものが自然に手に入る、ということに繋がるのです。

今日から寝る前に、いつも頑張っている自分にひとこと「ありがとう」と伝えてみてください。きっと明日から少しづつ何かが変わってくるはずです。

伊勢佐木町店 葵 レオラ

今日も頑張った自分にお疲れさま

なぜ悪いことは繰り返し起こるのか?-GACKTに学ぶ引き寄せの法則-

1月が終わり、今日から2月がスタート。

1ヶ月前、気持ちを新たにし「今年はこれをやるぞ!」と決めた方も多いのではないでしょうか?しかし早くも「やっぱり今年もいつもと同じだ」と諦めムードの方はいませんか?

今日は「どうして同じことが繰り返し起こるのか?」ということについてお話をしようと思います。

 

先日テレビでGACKTの特集を見ていて思い出したのが、少し前に読んだこの本のこと。

GACKTの勝ち方

この本はGACKTが出したビジネス本。GACKTがどうやって今の様になったか、その歴史が書かれています。

GACKTは誰も寄せ付けないようなすごみがあります。でもこれは最初からあったものではないとのこと。ではどうしてここまでになったか、それはともかく行動することを第一にする、毎日継続するということをひたすら続けてきた結果だということ。

すべての人間の行動は思考が支配している。思考が結果を生み出す。

思考というのは、日々の生き方で9割が構築される。

GACKTの勝ち方より

「GACKTの勝ち方」にも書かれているように、あらゆる結果は思考が生み出しているのです。つまり、いつも悪いことが起こる・結果がいつも同じと感じている人の思考は、「悪いことが起きる思考」で自動運転されているのです。

あなたの思考も「自動運転」されている?!

ちなみにマザー・テレサもこんなことを言っています。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサ

癖になった思考、どう変えるか?

自分でも気づいていない自動運転している思考。どう変えればいいのか?それにはまず、どんな風に運転されているか知る必要があります。それを知ることができるのがタロットカード。

タロットカードは自分の意識していない意識(潜在意識)を見せてくれる道具です。まずは隠れて見えない潜在意識を知り、それから自分自身が進みたい方向へ思考を変えていけばいいのです。

思考の変え方、それはGACKTも言っているように「行動」を変えること。慣れた行動を変えていくのは簡単なことではありません。でも一度その行動が身について自動運転できるようになってしまえば、あとはそれに任せればいいのです。

なぜだろうとひとりで考え悩む前に、ぜひタロットカードであなたの気づいていない意識を客観的に見てみてください。「結果」が変わるキーワードが必ず何か見つかるはずです。

伊勢佐木町店  葵 レオラ

早く見つけた人が勝ち!

「恋愛相談が苦手な占い師」、だからこそ・・・

12月も折り返し。あと半月で2019年も終わり。「終わり」と聞くと区切りを付けたくなる、スッキリさせたくなるというのは人間の本能なのでしょうか?ご相談が増えてきました。

スッキリさせたいこと、みなさんの中ではなんでしょうか?色々ある中でもやっぱり恋愛のことが最重要課題?

占いのご相談には様々ありますが、私、「葵レオラ」は恋愛相談が最も苦手です。占い師らしからぬ発言かもしれませんが・・・苦手な理由、それはご相談内容の中で、一番難しい分野だと思っているからです。

例えばお仕事や転職の悩みであれば、問題解決のための道筋を、「自分視点」で考えやすい。お仕事相談に来て頂き、少しお話させて頂くと、お客様はすぐに「よし、頑張ってみます!」というお気持ちになってくださる、「自分中心の視点」を持ちやすいのです。でも、「恋愛」はなかなかそういうわけにいかなくて、どうしても「他人軸」になりやすい。「あの人が××だから」とか「あの人に××されたら」とか、「あの人」というのが主語になることが多くなってしまうのです。「あの人」が主になってしまうと、なかなか気持ちが定まらない、決断できない、というサイクルに陥りやすいのです。当然他人のことが深く関わることだから、悩み苦しむのですが、だから「恋愛相談は最も難しい分野」だと感じているのです。

しかし!!だからこそ私はこの分野、かなり自信があります。なぜなら人一番この分野を研究しているから。苦手分野だからこそ、常に研究し、お客様にとってベストだと、自信を持ってお伝えできるお答えをさせて頂いています。

ここで説明すると長文になってしまうので、説明は控えますが、お話させて頂いた皆さんは、必ず何かしらの変化を感じていらっしゃいます。

人は人と話すことで、初めて客観的に自分と向き合ことができます。時間とお金はかかるかもしれませんが、なかなか心が晴れない方は、対面の鑑定をぜひおススメします。

とりあえず誰かに話してみる大切さ

今週で11月も終わり。すっかり寒くなってなんだか人恋しいと思う季節になりました。

今日は最近感じた「誰かに話してみる大切さ」について書こうと思います。

「悩み」「不安」「悲しみ」があるとき、言葉にするパワーすらなくなってしまう。だからどんどん内にこもって、同じ言葉が頭の中をグルグルめぐる。誰にでもあることだと思います。

ですが、こういう時こそあえて「言葉にしてみる」ってことが大切。言葉にならない気持ちを、まとまらなくても話してみる。そこで涙が出たとしても、怒りがこみあげてきたとしても、それでもそのことを声に出してみると、その言葉は自分の頭に響いてきます。

人は言葉にすると、感情が吐き出されて、時間はかかるかもしれないけれど、冷静に自分のことが見えてくるようになるのです。

結局最後は自分で前に進むしかない、でも、すぐにそれができないのであれば、本当に信頼できる誰かに、今の素直な気持ちを話す・聞いてもらう、それだけで人は少しづつ前に進める気持ちが湧いてくるものです。

「まだまだ大丈夫」って思っている人も、その感情は実はふつふつと大きくなってきているかもしれません。大きくなりすぎて爆発する前に、信頼できる誰かにその気持ちを伝えてみてください。必ず今より一歩前に進むことができるはずでうす。

今年もあと1か月。今心にある想いは、早めに吐き出して心の大掃除しましょう。

「占い師」は未来を予想するだけか?

「占い師」という仕事について

関東では台風の近づく朝。「充分注意してください」というメッセージをテレビやラジオで何度も聞き、それだけでも緊張が高まる感じがします。

さて、そんな緊張感高まる朝、今日は私の仕事「占い師」について書こうと思います。

「占い」って何だろうか?

私の仕事である「占い」を辞書でひいてみると、次のようなことが書かれています。

うらなうこと。占象(うらかた)によって神意を問い、未来の吉凶を判断・予想すること。またそれを業とする人。

たしかにこの通り。私の仕事は占いを通して未来の吉凶を判断・予想すること。ですが、自分が占いというものを通してやりたかったこと・心がけていることはこれだけではありません。誰にも言えない小さなことから大きなことまで、お話をお聞きして少しでも明るい道が見えるようになるまでお手伝いすること。そのお手伝いは、ただ聞くことだけでなく、具体的な「何か」をお伝えすること。そして笑顔になって帰って頂くこと。これが私がやりたかったこと・心がけていることなのです。

今近づいている台風、これがどのような被害をもたらすのか今は想像がつきません。台風だけではなく、地震などの自然災害すべて、私たちの手ではどうすることもできず、ただただそれを受け止めるしかありません。

自分のコントロールできないものから被害を受け、非常に苦しい状況にたたされた方がいらっしゃった時、私ができること・やるべきこと。それは、その方に少しでも明るい未来をみつけて頂くこと、笑顔を思い出して頂けるようなお手伝いをすること。占いという仕事は、何か物を売る仕事ではありません。自分ができることは、気持ちと言葉をお伝えすることです。わざわざ足を運んでいただき、お時間を作って会いに来てくださる方を、笑顔でお迎えすることが私のモットー。

占い師は身近な相談者

占い師は、世の中に数万人いるとも言われています。色々な思いをもった占い師の方がいるとは思いますが、恐らく「お話をお聞きしたい!」という部分はみんな同じ。ひとりで抱えられなくなったときは、自分のすぐ近くに話せる人がいるということを忘れないでください!

 

台風の被害が最小限でありますように。

朝のお洋服選びとストレスの関係

お洋服を選ぶのに時間がかかる!

10月2日。今日も空が高く気持ちのいい天気。

そろそろ秋物のお洋服を着ておしゃれをしたいところ。

が、まだまだ日中の気温が高い!

こういう季節、女性は朝のお洋服選びが大変なのではないでしょうか?

今日は「お洋服選びとストレスの関係」についてお話したいと思います。

選ぶことのストレス

会社勤めの場合、男性はワイシャツとズボン・ネクタイ

というパターンが決まっていますから

(最近はそうでないところも増えていますが)

あまり悩むことなく朝の仕度ができると思います。

でも女性は毎朝大変!

色使いや形でどうやってコーディネートするかで頭を悩ませます。

もちろん、それが女性の楽しみではあるのですが、

実はこのコーディネートの時間に結構ストレスがかかってるのです。

 

人は「選択肢が増えるとストレスが増加する」言われています。

「選ぶ」ということは、

自分が考えている以上にストレスがかかるんですね。

 

私たちの生活は小さいことから大きいことまで

選択の連続で繋がっています。

朝のお洋服選びもこの「選択」のひとつ。

女性にとっては、その選択によって一日の気分が大きく変わる

ってことだってあるはずです。

季節の変わり目は特に悩みます

 

成功者たちが「同じ服」を着ている理由

アップルの共同創業者であるスティーブ・ジョブズは生前、

黒のタートルネックばかり着ていたことをご存知ですか?

アメリカの元大統領であるオバマ氏も、

ほぼ同じスーツを着たとのこと。

彼らが同じ洋服を着ていたのは、

「他に決断すべきことに時間を割きたい」

という理由からだったそうです。

 

ただでさえ決めなければいけないことが多い世の中。

昨日から消費税が10%になり、

支払いのたびに「どの支払い方法を選択するか?」

で選択を迫られ、

1つストレスが増えた!という方もいるかもしれません。

 

選択の波にのみこまれて自分自身を見失わないためにも、

自分でコントロールできる範囲で

「選択肢を減らす」工夫も必要です。

 

ちなみに私は、数年前からクローゼットの中には、

「ワンピースがほとんど」

という状態になりました。

こうしてからは、「上下(シャツとスカートとか)の組み合わせ」を

考えなくて済むようになり、

朝のストレスが数倍減りました。

 

「毎日黒のセーター」とまではいかないものの、

着るお洋服のパターンを決めてしまうと、

朝のストレスが少し減るかもしれません。

お洋服選びの時間を減らして、

秋の高い空を見ると、ちょっとスッキリするかもしれませんよ。