心配かけたくないから、あえてあの人には話さないということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。葵 レオラです。

あなたは、心配ごとや
悩みごとがあった時、
家族や友人にそのことを話してますか?

「大切な人にこそ話せない」
という方、多いのではないでしょうか?

自分は心配ごとや悩みごとは
あえて大切な人には話さない。
でも、大切な誰かが
自分に相談してくれず、
後になって
「実は悩んでいたんだ」という
事実を知るとちょっとショックを
受けるのです。

そこで今日は、
「心配かけたくないから
あえてあの人には話さない」
ということについてお話したいと思います。

心配かけたくないからあえて話さない

仲のよい友達、
いつも一緒にいる家族、
大切な人のことは誰より
自分が心配している。
だから何かあれば力になってあげたい。
そんな気持ちは誰にでもあると思います。

だから大切な人には、
「何かあればいつでも言ってね」
と伝えているはず。
あなたも、
あなたを大切に思う誰かから
同じ言葉をかけてもらっているはず。

でもあなたは、
苦しい状況にある時、
素直にそのことを大切な人に伝え
助けを求めることが
できているでしょうか?
相談することができているでしょうか?

「心配してくれているのはわかるけど、
あの人には心配かけたくない」

という心理から、
あえて話さないという方も多いのです。

抱えている問題が大きければ
大きいほど、人は案外
「ちょっとどうでもいい人」
の方が話しやすいものなのです。

聞いてみないとわからないこと

ですが、大切な人が
自分に相談してくれなかった
ということが後でわかると、
「なんで私に相談してくれなかったんだろう」
と寂しい気持ちになります。

「私じゃなくてあの人を選んだんだ。」
と落ち込むこともあるかもしれません。

でも、なぜ自分ではなく
他の人に相談したのか
その理由は
本人に聞いてみないとわからないのです。

自分から見える他人というのは、
「行動」の部分だけで判断していることが多く
相手が本当はどう思っているかっていうのは
本人に聞いてみないとわからない
ものなのです。

本人に聞いても
本心を答えてくれるかどうかは
わかりません。
ですが、自分の想像だけで
「信頼してくれていないから
相談してくれなかった」
とか
「自分より頼りにしている人がいるんだ」
といったネガティブなことを
考えてしまうのであれば、
「どうして相談してくれなかったの?」
というひとことを
投げかけてみればいいのです。

本人に聞いてしまえば
「心配かけたくなかったから」
とあっさり返事をもらえることも多いのです。

「大切な人だからこそ
あえて話せなかった」という事実。
ちょっとしたすれ違いで
気持ちが離れてしまう前に、
気になることがあれば素直に
聞いてみることが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す