とりあえず誰かに話してみる大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週で11月も終わり。すっかり寒くなってなんだか人恋しいと思う季節になりました。

今日は最近感じた「誰かに話してみる大切さ」について書こうと思います。

「悩み」「不安」「悲しみ」があるとき、言葉にするパワーすらなくなってしまう。だからどんどん内にこもって、同じ言葉が頭の中をグルグルめぐる。誰にでもあることだと思います。

ですが、こういう時こそあえて「言葉にしてみる」ってことが大切。言葉にならない気持ちを、まとまらなくても話してみる。そこで涙が出たとしても、怒りがこみあげてきたとしても、それでもそのことを声に出してみると、その言葉は自分の頭に響いてきます。

人は言葉にすると、感情が吐き出されて、時間はかかるかもしれないけれど、冷静に自分のことが見えてくるようになるのです。

結局最後は自分で前に進むしかない、でも、すぐにそれができないのであれば、本当に信頼できる誰かに、今の素直な気持ちを話す・聞いてもらう、それだけで人は少しづつ前に進める気持ちが湧いてくるものです。

「まだまだ大丈夫」って思っている人も、その感情は実はふつふつと大きくなってきているかもしれません。大きくなりすぎて爆発する前に、信頼できる誰かにその気持ちを伝えてみてください。必ず今より一歩前に進むことができるはずでうす。

今年もあと1か月。今心にある想いは、早めに吐き出して心の大掃除しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*