「変える不安」より「増やす楽しみ」-人生100年時代の働き方-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

節分が過ぎ、立春が過ぎ、暦の上では春。「春」と聞いてどんなことをイメージしますか?

桜?卒業?新社会人?

春というと「新しい」というイメージがありますが、新しい季節を迎える前に、今この時期にそわそわしている方が多くいらっしゃいます。それは、非正規雇用でお仕事をしているという方。なぜかといえば、来年度、今のお仕事を続けられるかどうかを決める大切な時期だからなのです。

2018年の統計では女性の約56%が非正規社員というデータもあるくらい、多くの方が非正規雇用という形態でお仕事をしている今、「来年も契約されるかどうか」という不安は多くの方が持たれています。

「こういう不安を持ちたくないから、正社員で働ける場所を探す」という方もいるかもしれませんが、就職活動や転職というのは自分が考えている以上に、精神的な負担がかなり大きいもの。

今日はそういった方々のために、「変えるではなく増やす働き方」についてお話しようと思います。

 

「もし今、3万円臨時収入があったら何をしますか?」

3万円でできること、意外とあります。小旅行くらいだったら余裕で行けますよね。女性であればエステに行ったり。

月に3万円、パッと見ると少額に見えるかもしれませんが、よく考えればそれだけの金額でもプラスがあれば、生活に潤いがでます。

この3万円、「副業」をすれば案外楽にプラスできたりするものです。

どうやって副業をはじめるかですが、何の資格がないという人でも、「インターネット」という手段を使えば「自分のお店」を開くことができます。開いたお店で何を売るか?それは自分が趣味ではじめたもの、ずっと続けているものを売ればいいのです。

転職は人生の大きな決断、だからそれに伴う「不安」も大きいですが、インターネットで「開業する」というのは、自分の好きなことを広げていくことができるので、「不安」より「楽しく」進めることができるはずです。

また、人生100年時代、「長く働き続ける」ということはとても大切になります。会社という組織に所属している間は、毎月決まったお金が振り込まれるわけですから「稼ぎ方」を知らなくても問題ありません。でも、決まった額が振り込まれなくなった時、あなたなら何をしますか?

もし「一人で稼ぐ方法」を知っていれば、「どうやってでも生きていける!」という前向きな気持ち持つことができます。

毎月決まったお給料が振り込まれるという環境にいても、稼ぐための力をつけておくいうことはとても大切。「副業」という言葉も色々な場所で聞かれるようになってきましたので、まずはできることからスタートすることをおススメします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す