やるかやめるかの選択、あなたは間違っていないだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今日は傘を持っていくか?」
「今日は何を着ていくか?」
「今日のお昼は何を食べるか?」

人は、朝起きてから寝るまで常に選択に迫られています。
そして、生きているとその人の人生を左右するような
大きな選択を迫られる場合もあります。
生きていく上では避けられない「選択」。
今日は、「あなたは本当にいい選択をしているか?」
についてお話ししたいと思います。

絶対損をしたくない心理

人がある選択をする時、
このような心理が働いていることをご存知でしょうか?

損益回避の法則

「人は得をすることよりも、損をすることを避けようとする」

具体的には以下のような状況の時どちらを選択するかということです。

・100万円必ずもらえる

・50%の確率で200万円もらえる

この2つからいずれかを選択しなければならない場合、
どちらを選択しますか?

恐らくほとんどの方が絶対損をしない100万円を選択するはずです。
これが損益回避の法則と言われる人間の心理。
ちなみに人間が損をしたくないという気持ちは、
得をしたいという気持ちと比べて2倍~2.5倍強いと言われています。

こういった心理が知らず知らずに働いている状況で
様々な選択をしているわけですが、
「損をしない選択」は、
人生において本当に損をしていないのでしょうか?

例えばこんな状況の場合はどうでしょうか?

ずっと憧れていた仕事があるがなかなか求人がない。
でもある時ふと見た転職サイトで、
その仕事の求人募集を見つけた。
恐らくレアな募集なので早く応募しなければ、
すぐ募集が終了するだろう。
でも・・・今の仕事は楽しいし、人間関係にも問題がない。
応募した方がいいんだろうか。

今の状況にもリスクは潜んでいる

安定していると思っている今の状況も、
客観的に見てみると意外とリスクが潜んでいるものです。

  • 今の会社の5年後は安定している?
  • 今の部署から別の部署に異動する可能性はない?
  • 今の人間関係が5年後も続いている?

ある2つのものを比較する場合、
同じ条件下にあるテーブルに置いて、
その2つを比較しているかということが
とても大切になります。

条件が異なるテーブルに置いてみても、
正しい判断はできないのです。

あなたの人生にとって、
どの選択をするのがベストでしょうか?

それがわかるのは、他の誰でもないあなた自身なのです。
死ぬ前に後悔しないためには、
自分の気持ちに正直になること
「やってみたい」という気持ちに蓋をしないこと
これがとても重要になるのです。

死ぬ直前、すべてやりきった!と思える人生にしたいものです。

伊勢佐木町店 葵 レオラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す