穴を埋めようとするだけの人生になっていないだろうか?- メンタルモデルから本当の自分を知る-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。葵レオラです。

「スケジュール表に空白があると心配になる」
あなたはそんなタイプではありませんか?
とにかく穴を埋めていないと心配になる、あれも足りない、これも足りない、
だから頑張る!そんな風に思っている方は、ありのままの自分を認めず
生きていないのかもしれません。

今日は、由佐美加子さん著の「ザ・メンタルモデル」から、
ありのままを受け入れて生きるということについてお話したいと思います。

メンタルモデルって何?

ザ・メンタルモデルの著者である由佐美加子氏によると、
人間がその生き方を制御しているプログラムがあり、
それをメンタルモデルと呼んでいるそう。

メンタルモデルとは、

A 価値なしモデル「私には価値がない」
B 愛なしモデル「私は愛されない」
C ひとりぼっちモデル「私は所詮ひとりぼっちだ」
D 欠陥欠損モデル「私には何かが決定的に欠けている」

の4つのタイプに分けられるとのこと。
これを見て、「自分はこのタイプだ!」と
当てはまるものは浮かんだでしょうか?

さきほど挙げた4つのメンタルモデル、
どのタイプも「何かがない」と感じているのが共通点。
それぞれのタイプで感じている「ない」ものを埋めるために
行動したり逃げたりしているものなのだそうです。

例えば
「私は価値がない」という思考を持っている人は、
「価値がある自分」になるような行動をする。
「私は誰からも愛されない」という思考の人は、
人に奉仕してひたすら喜ばせようとする。

しかし、この「ない」を埋めるための行動や逃避は、
一生続けられるものなのでしょうか?

ないものは受け入れるということ

著者もこの本の中で書いていますが、
結局人は、行動しても逃げても、
望まない現実をつけつけられることは何度もあるわけです。

だとすれば、
「自分ってそういうところがあるよね」
さっさと受け入れてしまう。
受け入れてから、人生の時間の使い方を考える。
この方が楽に生きられるのではないでしょうか?

誰かにではなく自分自身が認める

最近「承認欲求」という言葉をよく耳にします。
「誰かに認めて欲しい」という欲求。
これは誰にでもあるもの。

でも、自分のことを一番先に認めなければいけない人は
自分自身なのではないでしょうか?

「人が認めてくれないと感じるのは、
自分が自分を認めていないから」
これも由佐さんの考え方。

ないものを埋める人生より、
あるものを楽しむ人生を過ごす。
あるものを楽しむ人生を過ごすということは、
一生をかけて自分を大切にするということ。

親や、上司や、他の誰かに認めてもらえなかったとしても、
自分自身を好きになるということを始めてみませんか?

もしその方法がわからないという時には、
私がそのお手伝いをさせて頂きます。

 

伊勢佐木町店  葵 レオラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す