突然何かをなくした時の 心の痛みはどうすればいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。葵レオラです。

桜が咲いたというのに、
急に雪が降って気温が下がり、
春が来そうなのに来ない。
そんな毎日が続いています。

そして昨日は日本中に衝撃が走った
ニュースがありましたね。
いつもテレビに出て、
多くの人を笑顔にしてくれたあの方が
急に亡くなられました。

「コロナウィルスが憎い」
そんな風に感じていらっしゃる方も
多いのではないかと思います。

しかし、世の中には、
「大切な何かを急になくしてしまった」
という方はとても多くいらっしゃいます。
今日目の前にあったものが
明日急に目の前からなくなる。
そんな経験をされたことがあるでしょうか?

今日はそんなことが自分にあった時、
どうすればいいのか?
そしてその悲しみ・辛さからと
どう付き合っていけばいいのか?
そんなお話をしたいと思います。

ある日何かなくすという衝撃

みなさんは、
ある日何かをなくしたという経験は
ありますか?

なくしたことがある方は、
その時どんな状況になりましたか?
どんな気持ちになりましたか?

私が一度そういった経験をしたときは、
その状況をなかなか受け入れることが
できませんでした。

受け入れられない状況にある時、
自分の感情は恐ろしいと感じました。
自分では全くコントロールができなくなるのです。
涙が止まらないとか、
怒りが湧いてくるとか。
人の感情というのは、
こんなにも大きく揺れ動くのだと感じました。

コントロールできなくなった感情をどうするか?

それほどまでに
感情が大きく揺れ動く出来事があった時、
その揺れはなかなか元には戻せないと
思っています。

人は普段、社会の中で生きていくために、
色々な感情を抑え、
周りに合わせ、自分を抑えて生きています。

しかし、それを全て壊すくらい
大きな出来事があると、
短い時間ではなかなか元に戻すことが
できません。
これは誰でも同じ、
人生に1度は経験することなのです。

でもそういう時は、
無理に戻そうとしなくていいのです。
ただ、毎日少しだけ、
客観的になる時間を持つ。
客観的になるとは、
感情を一旦自分の外に置くということ。

客観的になるためには、
瞑想したり、
小説に没頭したり、
大好きな音楽を聴いたり、
くたくたになるくらい運動する
というのもいいかもしれません。

ほんの少しの時間でも客観的になれると、
「あ、今の自分はこうなんだな」と
もう一人の自分が、
自分の外から自分を見てくれるように
なります。

それを少しづつ繰り返していくと、
だんだんと
元のバランスを取り戻してきます。
急がずに少しづつバランスを戻していく、
これがとても大切なことなのです。

周りに味方がいることも忘れない

感情のバランスを戻すもう一つの方法。
それは、周りに味方がいるということを
思い出すということです。

あなたのことを本当に心配して
くれている人は必ずいます。

普段は恥ずかしくて、
甘えたことは言えないという場合にも、
自分で自分をコントロールできない状況に
ある時は、思いきり甘えればいいのです。

あなたの大切な誰かが
辛く悲しい思いをしている時、
あなたも全力で助けたいと思うはず。
だからあなたが甘えたら、
きっと周りの人たちは、
全力で助けてくれるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょか?
今日は
「突然何かをなくした時の
心の痛みはどうすればいいのか?」
というお話をしました。

「いつもそこにいてくれたから、
私の感情は安定して、
そして穏やかに過ごせていた。」
そう気づくのは
大切なものがなくなった時ですよね。

自分でも気づかないほど
大きな存在をなくした時、
人は自分でもびっくりする程
動揺し、悲しみ、苦しむと思います。
でも必ず元のバランスを戻せる日は来ます。

焦らず少しづつ、その日を待ち、
そして今あるものを大切にする。
そんな気持ちを持ちながら
毎日を過ごしましょう。

それでは、今回はここまでです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。