本から学ぶ

穴を埋めようとするだけの人生になっていないだろうか?- メンタルモデルから本当の自分を知る-

「スケジュール表に空白があると心配になる」
あなたはそんなタイプではありませんか?
とにかく穴を埋めていないと心配になる、あれも足りない、これも足りない、
だから頑張る!そんな風に思っている方は、ありのままの自分を認めず
生きていないのかもしれません。

今日は、由佐美加子さん著の「ザ・メンタルモデル」から、
ありのままを受け入れて生きるということについてお話したいと思います。

メンタルモデルって何?

ザ・メンタルモデルの著者である由佐美加子氏によると、
人間がその生き方を制御しているプログラムがあり、
それをメンタルモデルと呼んでいるそう。

メンタルモデルとは、

A 価値なしモデル「私には価値がない」
B 愛なしモデル「私は愛されない」
C ひとりぼっちモデル「私は所詮ひとりぼっちだ」
D 欠陥欠損モデル「私には何かが決定的に欠けている」

の4つのタイプに分けられるとのこと。
これを見て、「自分はこのタイプだ!」と
当てはまるものは浮かんだでしょうか?

さきほど挙げた4つのメンタルモデル、
どのタイプも「何かがない」と感じているのが共通点。
それぞれのタイプで感じている「ない」ものを埋めるために
行動したり逃げたりしているものなのだそうです。

例えば
「私は価値がない」という思考を持っている人は、
「価値がある自分」になるような行動をする。
「私は誰からも愛されない」という思考の人は、
人に奉仕してひたすら喜ばせようとする。

しかし、この「ない」を埋めるための行動や逃避は、
一生続けられるものなのでしょうか?

ないものは受け入れるということ

著者もこの本の中で書いていますが、
結局人は、行動しても逃げても、
望まない現実をつけつけられることは何度もあるわけです。

だとすれば、
「自分ってそういうところがあるよね」
さっさと受け入れてしまう。
受け入れてから、人生の時間の使い方を考える。
この方が楽に生きられるのではないでしょうか?

誰かにではなく自分自身が認める

最近「承認欲求」という言葉をよく耳にします。
「誰かに認めて欲しい」という欲求。
これは誰にでもあるもの。

でも、自分のことを一番先に認めなければいけない人は
自分自身なのではないでしょうか?

「人が認めてくれないと感じるのは、
自分が自分を認めていないから」
これも由佐さんの考え方。

ないものを埋める人生より、
あるものを楽しむ人生を過ごす。
あるものを楽しむ人生を過ごすということは、
一生をかけて自分を大切にするということ。

親や、上司や、他の誰かに認めてもらえなかったとしても、
自分自身を好きになるということを始めてみませんか?

もしその方法がわからないという時には、
私がそのお手伝いをさせて頂きます。

 

伊勢佐木町店  葵 レオラ

「おひとりさま」って誰のこと? -誰にでも訪れる孤独を恐れない生き方-

「おひとりさま」という言葉をGoogleで検索すると、9,440,000件もヒットしました。

「おひとりさま」という言葉を聞いて、どのような想像をしますか?「独身女性」を想像した方、多いのではないでしょうか?確かに、10年くらい前には、33歳独身女性を主人公にした「おひとりさま」というドラマがあったくらいですから、おひとりさま = 独身女性と定義されている方は多いかもしれません。ですが、よく考えてみると、結婚して旦那さんがいても、奥様がいても、子供・兄弟がいても、誰が先にいなくなり、誰が最後まで残るかわからない。だから「おひとりさま」という状況は誰にでも起こりえる将来の状態。

「ひとり」と聞くとなんだか不安。お金も健康も、そして自分の最後も一体どうなるのか・・・?そんな心配をひとつでも減らす方法を先輩おひとりさまから学ばせてもらおうと思います。

おひとりさまの先輩 上野千鶴子さんの考え

上野千鶴子さんという方をご存知ですか?こんな本を書かれているおひとりさまの大先輩。

この本で上野さんは、おひとりさまは女性だけではなく、誰にでも訪れるものだと書かれています。おひとりさまになる前にどういう備えをしているといいのかということを、この本の中で

  • 暮らし
  • 人間関係
  • おカネ
  • 介護
  • 終わり

に分けて、細かくわかりやすく、事例付きで書いてくださっています。

遠くの親戚より近くの他人?

人間が一番怖いこと、それは「孤独」ではないでしょうか?逆に誰かとの繋がりさえあればどんなことでも乗り越えられる。

風邪をひいて動くことができない、そんな時は本当に不安を感じますよね。でも、誰かからの「大丈夫?」のひとことさえあれば、生きる力が湧いてくる。(ちょっと大袈裟かもしれないですが)

本当に辛い時、本当に心細い時にその言葉を素直に言える相手というのは、自分から近い距離にいる人より、少し距離間がある人ではないでしょうか?そんないい距離感の友達を持つためには、普段から色々な場所に出掛けていくということが必要になります。

会社だけではなく、家族だけではなく、「自分だけの第3の場所」を持つということ。これは「人生100年時代」を生きるには絶対に必要なこと。

出会うすべての人と深い関わりを持たなくてもいい。できるだけ自分が「素」を出せる場所、そして飾らず、にこにことリラックスできる場所、そんなところを作る心がけをなるべく若い時からしておくと、自然に「本当に困ったときに助けてを言える人」ができるはずです。

これが「おひとりさまを恐れない」ことに繋がるコツ。

リラックスできる場所ありますか?

今元気なおじさま・おばさまのお話を聞いてみると、みなさん何かしら楽しいことを持っていらっしゃいます。寿命が延びた今、100年時代と言われる今、ただただ生きるだけではなく、楽しく過ごして最後は気の許せる人に見送ってもらいたい。

今からできることをひとつづつやっていけるといいですね。

 

伊勢佐木町店 葵 レオラ

なぜ悪いことは繰り返し起こるのか?-GACKTに学ぶ引き寄せの法則-

1月が終わり、今日から2月がスタート。

1ヶ月前、気持ちを新たにし「今年はこれをやるぞ!」と決めた方も多いのではないでしょうか?しかし早くも「やっぱり今年もいつもと同じだ」と諦めムードの方はいませんか?

今日は「どうして同じことが繰り返し起こるのか?」ということについてお話をしようと思います。

 

先日テレビでGACKTの特集を見ていて思い出したのが、少し前に読んだこの本のこと。

GACKTの勝ち方

この本はGACKTが出したビジネス本。GACKTがどうやって今の様になったか、その歴史が書かれています。

GACKTは誰も寄せ付けないようなすごみがあります。でもこれは最初からあったものではないとのこと。ではどうしてここまでになったか、それはともかく行動することを第一にする、毎日継続するということをひたすら続けてきた結果だということ。

すべての人間の行動は思考が支配している。思考が結果を生み出す。

思考というのは、日々の生き方で9割が構築される。

GACKTの勝ち方より

「GACKTの勝ち方」にも書かれているように、あらゆる結果は思考が生み出しているのです。つまり、いつも悪いことが起こる・結果がいつも同じと感じている人の思考は、「悪いことが起きる思考」で自動運転されているのです。

あなたの思考も「自動運転」されている?!

ちなみにマザー・テレサもこんなことを言っています。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサ

癖になった思考、どう変えるか?

自分でも気づいていない自動運転している思考。どう変えればいいのか?それにはまず、どんな風に運転されているか知る必要があります。それを知ることができるのがタロットカード。

タロットカードは自分の意識していない意識(潜在意識)を見せてくれる道具です。まずは隠れて見えない潜在意識を知り、それから自分自身が進みたい方向へ思考を変えていけばいいのです。

思考の変え方、それはGACKTも言っているように「行動」を変えること。慣れた行動を変えていくのは簡単なことではありません。でも一度その行動が身について自動運転できるようになってしまえば、あとはそれに任せればいいのです。

なぜだろうとひとりで考え悩む前に、ぜひタロットカードであなたの気づいていない意識を客観的に見てみてください。「結果」が変わるキーワードが必ず何か見つかるはずです。

伊勢佐木町店  葵 レオラ

早く見つけた人が勝ち!