本から学ぶ

空気は読むものと思っている日本人

こんにちは。葵レオラです。

行動が制限されている日が続いていますね。
いつまで続くかわからないこの不安な状況。
空気がなんとなく重いと感じる毎日かと思います。

さて、なんとなく感じているこの「空気」。
日本人はこの「空気」についてとても
敏感に感じる人種だということを
ご存知でしょうか?

「空気読めよな」とか
「あの人空気読めないよね」とか、
人との関わりを表す時に
「空気」を使うことがよくあります。

その空気の存在によって、
無意識のうちに
「断ってはいけない」とか
「申し訳ない」と考えてしまい、
気づいたら自分の思考の自由が奪われている
という方も多くいらっしゃいます。

気づいたら奪われている思考の自由、
これがストレスになっている可能性もあります。

そこで今日は、
見えない空気に縛られず、
自分は自分として生きるためには
どうしたらいいか?ということを
お話したいと思います。

日本人が空気に縛られる理由

最近この本が話題になっています。

「空気」を読んでも従わない
生き苦しさからラクになる
鴻上尚史

著者の鴻上さんはこの本で、
日本人は「世間」の中で生きてきた
と書いています。
海外には「世間」という考えはなく、
「社会」があるだけ。

ちなみに「世間」と「社会」の違いは、
簡単に言ってしまうと、
「世間」: 関係のある人たちだけの世界(村)
「社会」: 知らない人同士が会話し
      関わっていく世界

私たち日本人が生きてきた
「世間」という世界は、
その中での細かなルールに従わなければ
ならなかったものの、
必ず誰かが自分の面倒を見てくれる
という世界だったのです。

空気を読まなかったらどうなるのか?

今は昔のような強固な
「世間」という世界はないものの、
その名残はしっかりと残っています。

その証拠に、
今あなたが空気を読まないで
行動したり発言すると、
どんな問題が起こるかを
考えてみるとわかります。

  • 上司から睨まれる
  • 仲間に入れてもらえなくなる
  • 次に会った時から無視される
  • 周りに合わせるように注意される

空気を読まないと、
孤独になるようなイメージがありますね。

空気を読まないと孤独を感じる。
これは世間という狭い世界で
空気を読みながら生きてきた
日本人の持っている古くからの習慣、
名残なのです。

空気を読まないで生きる

孤独を恐れて空気を読んで生きる。
これは本当に幸せな生き方なのでしょうか?

空気を読んで生きるとは、
自分自身を持たない生き方です。

周りの顔色をうかがって、
自分の意見は殺し、周りに従う。

そんな毎日を続けていても、
自分自身の人生を生きることにはならない
と思うのです。

空気を読まないで生きるとは、
私はこう思っていますとか、
私はこういう人間ですとか、
そういうことをハッキリと表現できること。

実はこれは、
自分を大切にするということに繋がっていきます。

自分を大切にできている人は、
空気を読まなくても、
自然と自分以外の人を
大切に思うことができると思うのです。

これまでに経験したことがないような
ことが起こっている今、
空気を読んで行動するのではなく、
本質を見極めて、
自分自身の考えで行動できるようにしたいものです。

今日は、
「空気は読むものと思っている日本人」
ということでお話しました。
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

制限された中で探す最高の幸せ

こんにちは。葵レオラです。

毎日毎日コロナウィルスに関するニュースばかり。
そして生活必需品であるトイレットペーパーが
店頭からなくなる等ということも起こり、
さらに不安にさらされる状態が続いていますね。

不安がいつまで続くかわからない状況、
さらに外出や人が集まる場所に行くことが
制限されているので、
気の許せる人ともなかなか会うことができず、
ストレスが溜まっていると思います。

こんな状況がずっと続くと、
気持ちが落ち込み、
色々なことへの意欲も低下してしまいそうです。

ですから今日は、
この制限された中でも探す自分なりの
幸せについてお話したいと思います。

制限された状況で起こること

今、信じられないくらい色々なことが
制限され始めています。

昨日までお店にあったものがなくて買えない。
子供が学校に行かれない。
不要な外出はしない。

このような状況が続くと、
誰でもストレスが溜まり、
そして不安になります。

デマに騙されてしまったり、
普段は流さるような人からの一言を
ずっと気にしてしまったり
というようなことが起きます。

「自分は制限されている」
と思ってしまうことで、
苦しくなる。
小さな暗い場所に閉じ込められているような
気持ちになる。

こんな状況が続くと、
心は危機を感じ、
考えること自体、
停止させてしまう可能性があります。

制限された中でできること

「夜と霧」という世界的名著があります。
この本は、著者である
ヴィクトール・フランクルの
ナチスの強制収容所での体験が書かれています。

ノンフィクションなので、
その悲惨さは読んでいてとても辛いのですが、
しかしこの本では、
その辛さの中でも、
希望を捨てなかった人の姿が書かれています。

この本の中で著者は、
収容所での生活でとても辛かったことは
同じことを何度もさせられ、
その命令が終わるのがいつかなのかわからなかったことだと書かれていました。

今の私たちの状況も、少し似ているのかもしれません。

しかしそんな中でも著者は生き延びたのです。
どうやって希望を捨てずに過ごしたか、
心理学者だったからこそできたことが
あったかもしれませんが、
人間の意志というのはとてつもない
パワーがあるものです。

さて、私たちも今は制限された中にいますが、
もしかすると普段は
色々な面で恵まれすぎているのかもしれません。

今この状況の中でできること、
そしてそれを心から楽しめるとするならば、
それがシンプルな、
とても純粋な幸せなのかもしれません。
いつもは気づけなかったことも
気づけるかもしれません。

身体を動かすことがとても好き
という方は、
ジムに行かれなくても、
少しの時間人のいない場所を
ゆっくり呼吸をして歩いてみるとか、
子供の頃は本が好きだったという方は、
ちょっと早めに家に帰って、
昔の本棚から本を出してみるとか。

できないことにフォーカスするのではなく、
できることは何かを考えることが、
人間の知恵なのではないでしょうか?

またできることの中に楽しみを感じると、
「閉じ込められている」という感覚は
自然と少なくなってくるはずです。

今週の水曜日は3月11日。
9年前にも、
私たちは似たような経験をしました。

毎日普通に使っていた電気が使えない。
ガス・水道が使えないといった方も
多くいらっしゃいました。

それでもあれから9年が経ち、
私たちは多くを学び、
あのことで、
人生に変化があった方も多いはず。

どんなに苦しい状況でも、
乗り越えられないことはないのです。
今は少し冷静になり
でも希望や喜びは忘れずに
過ごすことで、
いつか乗り越えられた時、
今より大きな何かを手にしているのでは
ないでしょうか?

日曜日、ゆっくりとした気持ちで
お過ごしください。

急激な変化をどう乗りきるか?- チーズはどこへ消えた?から学ぶ変化に対する考え方 –

こんにちは。葵 レオラです。

毎日コロナウィルスのニュースで
ストレスが溜まっている方も多いのではないでしょか?
また学校が休みになりお子さんの勉強をどうするのかとか
勤務時間が短くなったり仕事が急に休みになって、
経済的な不安を感じている方も多いと思います。

今の状況のように
外部から強力なストレスがかかり続けると、
これまでは気にしなかったようなことにも
敏感になり不安になったりしますね。

今日はこの急激な世の中の変化、
緊急で対応しなければならないことが多い緊張状態を
どうやって乗りきるか?を
「チーズはどこへ消えた?」
という本をご紹介しながら
お話したいと思います。

 

変化をどう受け取るか?

「チーズはどこへ消えた?」という本、
皆さんはご存知でしょうか?

簡単にこの本のストーリーをお話すると、
登場人物(動物)は小人2人とネズミ2匹。
この2人と2匹が、それぞれのやり方で
「自分たちの特別なチーズ」を探し続け、
ある時同じ場所にあるチーズを見つけたというところから
話が始まります。

2人と2匹は、毎日その場所に行けば幸せになれることを知り、
その場所に行くことが日課になりました。

毎日チーズがある場所に行き、
チーズをかじり、
幸せを感じる毎日。

しかしある時、
予想もしなかったことが起きるのです。

「チーズがない!!!」

そうです。
食べ続けたのですから当たり前のことです。
しかし、彼らは食べ続けたらなくなるということに気づかず、
ある日いつもある場所にチーズがないという
大きな変化を受け入れることができなったのです。

さて、ここから小人とネズミたちがどう行動したか?
これがこの本の大きなキーワードとなってくるわけです。

いつもあるものが明日もあるわけではない

ここで全て書いてしまうと、
まだ読んだことがない方に楽しみがなくなってしまうので、
ストーリーについてはここまでにしますが、
このような変化、
今の状況に似ていると思いませんか?

昨日まで普通に働いていた場所に急に行かれなくなった、
学校に行かれなくなった、
あるはずのものがない。

そんな時、私たちはどう考え、
どう行動すればいいのでしょうか?

この本に書いてある言葉をいくつか引用させてもらうと
こんな言葉がありました。

自分のチーズが大事であればあるほど
それにしがみつきたくなる

恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになる

今私たちは、世の中の急激な変化の
真っ只中に立たされています。
この状況はこれまで経験したことがないこと。

でも少し記憶をたどってみると、
2011年3月11日、東日本大震災でも
「経験したことがない」を体験しました。
それでもあれから月日が過ぎ、
私たちは乗り越え
普通の生活ができるようになりました。

今はあの時より、
もっと乗り越える壁が高いかもしれません。
でも、いつまでもしがみつくのではなく、
新しいやり方を探すことで必ず
前進できるはず。

「普段は時間がなくて本を読む時間がない」
という方は、ぜひこの
「チーズはどこへ消えた?」
を読んでみて頂きたいと思います。

100ページ弱の薄い本で、
ストーリーもわかりやすいので、
読んだ後、
このストーリーについて
お子さんと話す、仲間と話す、
というのも楽しいかもしれません。

対面でお話できないのであればインターネットという
方法もあります。

ネガティブなニュースしかない毎日ですが、
それぞれが前向きにできる小さな何か
始めたいですね。

今日もお読み頂き、
ありがとうございました。

穴を埋めようとするだけの人生になっていないだろうか?- メンタルモデルから本当の自分を知る-

こんにちは。葵レオラです。

「スケジュール表に空白があると心配になる」
あなたはそんなタイプではありませんか?
とにかく穴を埋めていないと心配になる、あれも足りない、これも足りない、
だから頑張る!そんな風に思っている方は、ありのままの自分を認めず
生きていないのかもしれません。

今日は、由佐美加子さん著の「ザ・メンタルモデル」から、
ありのままを受け入れて生きるということについてお話したいと思います。 続きを読む

「おひとりさま」って誰のこと? -誰にでも訪れる孤独を恐れない生き方-

こんにちは。葵レオラです。

「おひとりさま」という言葉をGoogleで検索すると、
9,440,000件もヒットしました。

「おひとりさま」という言葉を聞いて、
どのような想像をしますか?
「独身女性」を想像した方、多いのではないでしょうか?
確かに、10年くらい前には、
33歳独身女性を主人公にした「おひとりさま」
というドラマがあったくらいですから、
おひとりさま = 独身女性と定義されている方は
多いかもしれません。

ですが、よく考えてみると、
結婚して旦那さんがいても、
奥様がいても、子供・兄弟がいても、
誰が先にいなくなり、誰が最後まで残るかわからない。
だから「おひとりさま」という状況は
誰にでも起こりえる将来の状態。

「ひとり」と聞くとなんだか不安。
お金も健康も、
そして自分の最後も一体どうなるのか・・・?
そんな心配をひとつでも減らす方法を
先輩おひとりさまから学ばせてもらおうと思います。

続きを読む

なぜ悪いことは繰り返し起こるのか?-GACKTに学ぶ引き寄せの法則-

伊勢佐木町店 葵レオラです。
1月が終わり、今日から2月がスタートですね。

1ヶ月前、気持ちを新たにし「今年はこれをやるぞ!」と決めた方も多いのではないでしょうか?しかし早くも「やっぱり今年もいつもと同じだ」と諦めムードの方はいませんか?

今日は「どうして同じことが繰り返し起こるのか?」ということについてお話をしようと思います。

 

先日テレビでGACKTの特集を見ていて思い出したのが、少し前に読んだこの本のこと。

GACKTの勝ち方

この本はGACKTが出したビジネス本。GACKTがどうやって今の様になったか、その歴史が書かれています。

GACKTは誰も寄せ付けないようなすごみがあります。でもこれは最初からあったものではないとのこと。ではどうしてここまでになったか、それはともかく行動することを第一にする、毎日継続するということをひたすら続けてきた結果だということ。

すべての人間の行動は思考が支配している。思考が結果を生み出す。

思考というのは、日々の生き方で9割が構築される。

GACKTの勝ち方より

「GACKTの勝ち方」にも書かれているように、あらゆる結果は思考が生み出しているのです。つまり、いつも悪いことが起こる・結果がいつも同じと感じている人の思考は、「悪いことが起きる思考」で自動運転されているのです。

あなたの思考も「自動運転」されている?!

ちなみにマザー・テレサもこんなことを言っています。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサ

癖になった思考、どう変えるか?

自分でも気づいていない自動運転している思考。どう変えればいいのか?それにはまず、どんな風に運転されているか知る必要があります。それを知ることができるのがタロットカード。

タロットカードは自分の意識していない意識(潜在意識)を見せてくれる道具です。まずは隠れて見えない潜在意識を知り、それから自分自身が進みたい方向へ思考を変えていけばいいのです。

思考の変え方、それはGACKTも言っているように「行動」を変えること。慣れた行動を変えていくのは簡単なことではありません。でも一度その行動が身について自動運転できるようになってしまえば、あとはそれに任せればいいのです。

なぜだろうとひとりで考え悩む前に、ぜひタロットカードであなたの気づいていない意識を客観的に見てみてください。「結果」が変わるキーワードが必ず何か見つかるはずです。

早く見つけた人が勝ち!