潜在意識

2つ同時に美味しそうなものを出された時「騙されない」ために心がけたいこと

目の前に美味しそうなものが2つ。
どちらとも捨てられない、できれば両方選びたい。
でも、2つ同時には選ぶことができない。

例えばこんな状況、経験したことはありませんか?
就職活動中に急に2つの会社から内定をもらった。
1つは超有名な大手企業で福利厚生がしっかりしている、
もう1つは小さいながらも昔からやりたかったことをやらせてもらえる会社。
「ああ、これまでいくつ受けても
どこにも選んでもらえなかったのにどうして急に!!」

さて、あなたはこんな時、
どういう基準で選択しますか?
どちらも美味しそうなとき、
実はそのどちらかには罠が仕掛けられているかもしれない。
その罠にはまらないために
普段から心がけたいことをお話したいと思います。

いいことしかイメージできない心理

いいなと思って選んだことなのに、
あとで「失敗した!」と思ったことはないでしょうか?

たとえば洋服を買う時、
すごくいいと思って買ったのに、
後になって「なんでこんなもの買ってしまったんだろう?」
とひどく後悔するとか、
この資格をとったら絶対転職に有利
と思って始めた通信講座が
自分には全く意味のないものだと後で気づいたり。

人間は、「もし~したら」の先に、
幸せな未来しか想像しないという思考が誰にでもあります。
本当はいいことばかりのはずがない。
マイナスの部分もあるはずなのに、
なぜか思考に偏りが生じて、
幸せになる自分しか想像できない。

買い物のときは、
店員さんに「よくお似合いですよ」と褒められて、
「そうか、これを着たら今より可愛く見えるのかも」
とイメージして、即購入。
でも家に帰って着てみると、
あまり自分に似合っていない。

これは店員さんのひとことが、
自分の心の隙間にするっと入ってきたということ。

自分のことを俯瞰できていない
そして悪いことよりいいことを想像する思考から
ついつい人の言うことに流されてしまう。

洋服の買い物だけでなく、
日常生活ではこのようなに
自分の心の隙間に
ふとしたことがするりと入ってきてしまうということが
実はよく起きているのです。

何に笑い、何に怒り、何に悲しむか?

「失敗した!」と思わない人、
「正しい選択をした」と思える人は、
「メタ認知」ができていると言われています。

「メタ認知」というのは、
自分をちょっと遠くから見ることができるということ。

自分はこういうことに笑い
こういうことに怒り
こういうことに悲しむ。
それをわかっているということです。

ただこれはすぐにできるものではありません。
普段から自分の行動を振り返る癖をつける。
どんな行動でどう感じたのかをメモしたりして、
あとで見直してみる。
こういう習慣をつけることで、
自分で自分のことを知ることができるのです。

 

メタ認知能力があがれば、
同時に美味しいものが2つ目の前に置かれても、
冷静に、客観的に、
その2つから本当に自分が欲しい物を選ぶことが
できるのです。

できるだけ後悔せず、
自分の選択でよかったと思う人生を送りたいですね。

 

伊勢佐木町店 葵 レオラ

「鬼の顔」になっている原因を考える-シャンパンタワーの法則-

明日は節分。季節の変わり目です。季節の変わり目には邪気が生じるということから「鬼は外、福は内」で、福は中に呼び込み、鬼は外に追い出すという古くからの風習。

さて今日は、「鬼」にちなんであなたの中に潜む「鬼」についてお話したいと思います。

いつも鬼のような顔をしてる人、あなたの周りにはいませんか?いつも眉間にシワを寄せていたり、常に怒ったような顔だったり。そして、あなた自身はいかがですか?いつも笑顔を絶やさず過ごせていますか?

私たちは普段、自分自身がどんな顔をしているほとんど知らないで過ごしています。でもこれってすごく怖い。自分がイメージしている顔と、実際の顔はかけ離れていて、相手からの印象も大きく変わっている・・・ということもありえるのです。

「一緒にいるいつも笑顔を絶やさない人がいい」これはほとんどの人が思うことだと思います。ではどうすれば笑顔でいられるのでしょうか?

知っていますか?シャンパンタワーの法則

シャンパンタワーって知ってますか?そう、これです。

上から2番目のシャンパングラスにシャンパンが注がれるためには、一番上のグラスがシャンパンでいっぱいになって溢れる必要がある。これは誰でもわかりますよね。

人が笑顔でいられるためには、このシャンパンタワーと同じ法則が成り立ちます。つまり、一番てっぺんのグラスが自分自身。自分自身が満たされていれば、心に余裕を持って笑顔で周囲に接することができるのです。

自分のシャンパングラスを満たす方法、知ってますか?

  • 週末は温泉でゆっくりする
  • 誕生日に高価なものを買う
  • 趣味のために休暇をとる

たしかにこういうことで満たされそうな気がしますが、これは全部物質的なこと。ほんとうの意味で満たされるためには、自分で自分をねぎらう必要があるのです。「ただただありがとう、頑張ってるね、お疲れ様」こういう風に自分をねぎらうことが、本当の意味でシャンパングラスを満たすことになるのです。

自分のシャンパングラスを満たすことは、実は潜在意識をいい方向に変えることにもつながるのです。潜在意識がいい方向に変わるとつまり、自分の進みたい方向へ進むことができる、欲しいものが自然に手に入る、ということに繋がるのです。

今日から寝る前に、いつも頑張っている自分にひとこと「ありがとう」と伝えてみてください。きっと明日から少しづつ何かが変わってくるはずです。

伊勢佐木町店 葵 レオラ

今日も頑張った自分にお疲れさま

なぜ悪いことは繰り返し起こるのか?-GACKTに学ぶ引き寄せの法則-

1月が終わり、今日から2月がスタート。

1ヶ月前、気持ちを新たにし「今年はこれをやるぞ!」と決めた方も多いのではないでしょうか?しかし早くも「やっぱり今年もいつもと同じだ」と諦めムードの方はいませんか?

今日は「どうして同じことが繰り返し起こるのか?」ということについてお話をしようと思います。

 

先日テレビでGACKTの特集を見ていて思い出したのが、少し前に読んだこの本のこと。

GACKTの勝ち方

この本はGACKTが出したビジネス本。GACKTがどうやって今の様になったか、その歴史が書かれています。

GACKTは誰も寄せ付けないようなすごみがあります。でもこれは最初からあったものではないとのこと。ではどうしてここまでになったか、それはともかく行動することを第一にする、毎日継続するということをひたすら続けてきた結果だということ。

すべての人間の行動は思考が支配している。思考が結果を生み出す。

思考というのは、日々の生き方で9割が構築される。

GACKTの勝ち方より

「GACKTの勝ち方」にも書かれているように、あらゆる結果は思考が生み出しているのです。つまり、いつも悪いことが起こる・結果がいつも同じと感じている人の思考は、「悪いことが起きる思考」で自動運転されているのです。

あなたの思考も「自動運転」されている?!

ちなみにマザー・テレサもこんなことを言っています。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサ

癖になった思考、どう変えるか?

自分でも気づいていない自動運転している思考。どう変えればいいのか?それにはまず、どんな風に運転されているか知る必要があります。それを知ることができるのがタロットカード。

タロットカードは自分の意識していない意識(潜在意識)を見せてくれる道具です。まずは隠れて見えない潜在意識を知り、それから自分自身が進みたい方向へ思考を変えていけばいいのです。

思考の変え方、それはGACKTも言っているように「行動」を変えること。慣れた行動を変えていくのは簡単なことではありません。でも一度その行動が身について自動運転できるようになってしまえば、あとはそれに任せればいいのです。

なぜだろうとひとりで考え悩む前に、ぜひタロットカードであなたの気づいていない意識を客観的に見てみてください。「結果」が変わるキーワードが必ず何か見つかるはずです。

伊勢佐木町店  葵 レオラ

早く見つけた人が勝ち!

「フリカエリ」は未来に繋がる気づきになる

「フリカエリ」は、未来に繋がる気づきになる

10月1日、今日は衣替えの日ですね。

私が学生の頃は、

この日を境に冬服にがらっと変わっていた気がしますが、

今日の気温、まだまだTシャツでいけそうです。

とはいっても、季節は秋。

心も夏モードから秋モードに切り替えですね。

 

夏は暑くて、気持ちもパーッと明るくなる感じの日が

多かったかもしれませんが、

秋になるとちょっとしっとりとなって、

改めて自分を見直したりする時間も増えるかもしれません。

「今年もあと3か月だ~」と少し焦ったり。

 

秋の夜長、少しゆっくりと時間が取れるときは、

「振り返りをする」

ということをおススメします。

「どんな道歩いてきたんだっけ?」

 

今の自分があるのは、過去の積み重ね。

占いでは未来をみることが多いですが、

でもその未来がどうやって作られているかっていうと、

「今のあなたの状態」

から作られているんですよね。

 

もし、喜べない未来が予想されるのであれば、

今の行動や気持ちを変えればいいのです。

そのためにも振り返りはとっても有効的。

 

今日は月の切り替えの日でもあります。

10分でも時間を作って、9月を振り返ったり、

この夏を振り返ってみると、

気づいていなかったことに気づけるかもしれませんよ。

「あと92も」か「もう92しか」のどちらですか?

「あと~も」か「もう~しか」か?

気づけば今日は9月30日。明日は10月1日。

カレンダーは残り3枚。

1ページ2か月のカレンダーだとあと1枚。

日数にすると、92日。

さて今日はこの「92」をどう捉えるかというお話をしたいと思います。

 

ちょっと記憶を巻き戻して頂いて・・・

9か月前、どんなことをイメージしてましたか?

手帳を持っている方は、

手帳のページを戻って思い出してみてください。

手帳やカレンダーが新しくなると、

「今年こそは!」という気持ちで、

目標ややりたいことをイメージする方も多いかと思います。

ですが、9か月も過ぎるとそんな日のことも遠い思い出。

「もう92日しかない・・・」

「今年もまたできなかった・・・」

と諦めモードに入ってしまう方も多いかもしれません。

 

でも、「あと92日もある」という言葉にしてみると、

まだやれることがある!っていう気持ちになりませんか?

年始にイメージしていたことや目標が、

今年すべてできなくても、

「どうしてもやりたかったこと」をひとつ思い出して、

残りの92日でできるレベルまで小さくしてみる。

すると、まだまだできることが見つかります。

 

たとえば・・・

「マラソンを始める!」と決めていた方で

まだ始めていない方は、

「10月中にシューズを買う」

「11月の週末にその靴で家の周りを歩いてみる」

「12月の週末は1回は、ちょっと遠出して30分歩いてみる」

のようにしてみると、

来年マラソンを始めるステップになるわけです。

 

人は、目標やゴールが大きすぎると、

スタートするまでに時間がかかり、

「できない・やらない癖」がこびりつき、

無意識にやらない行動を選択します。

これが「潜在意識」というもの。

 

潜在意識は自分では気づいていない無意識の部分。

やりたい心があっても、

やりたくない心が、

見えないところでコントロールするのです。

 

見えない部分でコントロールされているって怖いですよね。

でも、日常で使う言葉やちょっとした行動で、

やらない心はやりたい意識へ

どんどん上書きされていきます。

 

まだまだ残り日数の多い2019年、

ぜひ今日からちっちゃいスタートをしてみてください。

 

ちっちゃいスタートを始めるコツは、

10月・11月・12月にやることを書き出してみることですよ。

ぜひお試しください!