人間関係

空気は読むものと思っている日本人

こんにちは。葵レオラです。

行動が制限されている日が続いていますね。
いつまで続くかわからないこの不安な状況。
空気がなんとなく重いと感じる毎日かと思います。

さて、なんとなく感じているこの「空気」。
日本人はこの「空気」についてとても
敏感に感じる人種だということを
ご存知でしょうか?

「空気読めよな」とか
「あの人空気読めないよね」とか、
人との関わりを表す時に
「空気」を使うことがよくあります。

その空気の存在によって、
無意識のうちに
「断ってはいけない」とか
「申し訳ない」と考えてしまい、
気づいたら自分の思考の自由が奪われている
という方も多くいらっしゃいます。

気づいたら奪われている思考の自由、
これがストレスになっている可能性もあります。

そこで今日は、
見えない空気に縛られず、
自分は自分として生きるためには
どうしたらいいか?ということを
お話したいと思います。

日本人が空気に縛られる理由

最近この本が話題になっています。

「空気」を読んでも従わない
生き苦しさからラクになる
鴻上尚史

著者の鴻上さんはこの本で、
日本人は「世間」の中で生きてきた
と書いています。
海外には「世間」という考えはなく、
「社会」があるだけ。

ちなみに「世間」と「社会」の違いは、
簡単に言ってしまうと、
「世間」: 関係のある人たちだけの世界(村)
「社会」: 知らない人同士が会話し
      関わっていく世界

私たち日本人が生きてきた
「世間」という世界は、
その中での細かなルールに従わなければ
ならなかったものの、
必ず誰かが自分の面倒を見てくれる
という世界だったのです。

空気を読まなかったらどうなるのか?

今は昔のような強固な
「世間」という世界はないものの、
その名残はしっかりと残っています。

その証拠に、
今あなたが空気を読まないで
行動したり発言すると、
どんな問題が起こるかを
考えてみるとわかります。

  • 上司から睨まれる
  • 仲間に入れてもらえなくなる
  • 次に会った時から無視される
  • 周りに合わせるように注意される

空気を読まないと、
孤独になるようなイメージがありますね。

空気を読まないと孤独を感じる。
これは世間という狭い世界で
空気を読みながら生きてきた
日本人の持っている古くからの習慣、
名残なのです。

空気を読まないで生きる

孤独を恐れて空気を読んで生きる。
これは本当に幸せな生き方なのでしょうか?

空気を読んで生きるとは、
自分自身を持たない生き方です。

周りの顔色をうかがって、
自分の意見は殺し、周りに従う。

そんな毎日を続けていても、
自分自身の人生を生きることにはならない
と思うのです。

空気を読まないで生きるとは、
私はこう思っていますとか、
私はこういう人間ですとか、
そういうことをハッキリと表現できること。

実はこれは、
自分を大切にするということに繋がっていきます。

自分を大切にできている人は、
空気を読まなくても、
自然と自分以外の人を
大切に思うことができると思うのです。

これまでに経験したことがないような
ことが起こっている今、
空気を読んで行動するのではなく、
本質を見極めて、
自分自身の考えで行動できるようにしたいものです。

今日は、
「空気は読むものと思っている日本人」
ということでお話しました。
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

あの人とはそもそも違うということに気づく

客観的になると優位にたてる理由

昨日に引き続き、人間関係の問題についてのお話です。

昨日のblogで、

「客観的になると、自分の方が優位にたてる」

というお話をしましたが、

どんな風に優位になるかというと

「冷めた目で見れるようになる」

ということなのです。

冷めた目って、少しイメージが悪いかもしれませんが、

言い換えればクールになれるということ。

クールになれると、

その人のことをあれやこれや考えている時間がムダ!

ってことに気づいたり、

そもそもその人と自分って住む世界が違う

ということに気づくこともあります。

 

自分以外の人は、

家族であれ、

友達であれ、

同僚であれ、

上司であれ、

みんな違う環境で生きてきて、価値観も違う。

そのことをいつも頭においておくと、

気にすることも減ってくるはず。

一生に使える時間は限られています。

コントロールできない他人のことに振り回されるのではなく、

自分がハンドルを握り、

コントロールできる人生にしたいものです。

感情に流されず、客観的にみることで自分が優位になれる

なぜ客観的になることが必要なのか?

昨日のブログで、

人間関係の悩みは、

「感情的にならず、客観的になること」

これがとても大切というお話をしました。

上司に意地悪されるのは、自分に問題があるからか?

 

人間関係での悩み、イライラは必ず誰にでもあるもの。

なぜイライラするのかというと、

「相手と自分は違う人間だから理解ができない」

これが大きな理由でなのです。

人は「自分基準」のものさしを作って、

そのものさしには、自分に合うようなメモリを付けているのです。

だからそれを他の人に合わせてみても、

うまくメモリが合わない。だから測ることができない。

つまり理解ができないということになるのです。

「感情」に乗っ取られないこと

自分と全く違う相手に対して、

くよくよと悩んだり、イライラと腹をたてているときというのは、

「感情」があなたのすべてを支配しているときなのです。

そうなると、本当のあなたは封印されてしまい、

冷静な判断もできなくなってしまいます。

そういう状態で行動したり発言したりすると、

相手との溝が深まるだけではなく、

自分自身の心も身体も疲れ果ててしまうのです。

 

そんな風にエネルギーを使わないためにも、

できるだけ客観的に見るようにしていくと、

「疲れない」ということだけでなく、

いつの間にか自分が優位な立場になっている

ということもあるわけです。

 

連休明けの1週間、

思いがけないトラブルや予定していない作業でお疲れの方も

多いかと思います。

無理はせず、疲れたなと思ったときは、

自分をたくさん甘やかして、

エネルギーをチャージしてください。

上司に意地悪されるのは、自分に問題があるからか?

こんにちは。葵 レオラです。

連休明けの1週間。やっと金曜日ですね。
いつもより長いお休みの後のお仕事は、
さらに疲れますね。

この「疲れる」と感じる理由。
これにはいくつか該当するものがあると
思うのですが、
「会社に行くと、
またあの上司と顔を合わせなければいけない」
ということも
疲れる大きな理由ですね。

人間関係のご相談で多いものに、
「なぜかわからないけど、
上司から嫌なことを言われる」
ということがあります。

上司から嫌なことを言われた方、
意地悪された方は、
「何か自分に非があるんだろうか?」と
心配したり悩んだりします。
そういった気持ちをずっと持つのは、
精神的にいいものではありません。

そこで今日は、
「上司に意地悪されるのは、
自分に問題があるからか?」
というお話をしていきたいと思います。

意地悪されたら自分の非を考えてしまう

あなたは上司から意地悪されたら、
「自分に何か問題があったのだろうか?」
と考えますよね。

確かに、自分側に視点を置いて、
悪かったことはないか?
問題があったか?
と考えることは必要です。

そしてもし思い当たるところがあれば
反省して直していくというのは
とても大切なことです。

上司視点になってみる

ですが、ちょっと視点を変えて、
「上司側の視点」から考えてみる
というのも実は必要なことなのです。

いつもはあなたを見ている上司側の
席に座わり、
上司の一日をイメージしてみる。
すると、その時こんなことが見えて
くるかもしれません。

  • 上司から見える複数の部下たち
  • 上司が見ているあなたの知らない資料
  • 上司が気にしている「上司の上司」
  • 上司の家族

上司視点で見てみると、
自分の知らなったことが
たくさんわかるのです。

「あの人、こんなことも考えていたんだ」
とか
「こんな問題を抱えていたんだ」
とか。

そして意地悪の原因が
直接あなたにあったわけではない、
例えば家族のことでイライラして
八つ当たりしたんだとか。
そういったことも大いにあり得るのです。

「一方的に視点にならないこと」
これは人間関係をうまくいかせる
ための、そして自分の心を守るための
大切なポイント。

上司側の席に座ると、
自分の知らなかった上司が見え、
なぜその行動をしたかということが
客観的に見えるようになります。
意地悪の原因が自分ではなかった
とわかると
ずいぶんと気持ちが楽になるはず。
(ただ、やはり意地悪と感じさせる
行動をした上司の行動はよくないですね。)

人間関係の悩み解決のためには、
「感情的にならず、客観的になること」
これがとても大切なのです。

いかがでしたでしょうか?
今日は、
「上司に意地悪されるのは、
自分に問題があるからか?」
というお話をしました。

上司視点で見てみると、
意地悪 = 自分に非がある
とは言えないということですよね。

週の最後の金曜日。
笑顔の多い一日になりますように。
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

苛立ちは曖昧さからくる

忙しい時こそ・・・

連休が終わり、明日からお仕事という方が多いのではないでしょうか?

さて、明日久しぶりに仕事がスタートすると、

いつもより多くのお仕事が発生するかもしれません。

当然他の人からのお仕事の依頼もいつもより多め。

「急ぎでお願い!」と言われることも多いかもしれません。

そんなバタバタの週明けに、イラっとすることなく

スムーズに仕事を進めるためには、

「求められているゴールを明確にしておく」

ということが大切です。

ゴールとは何か?

「ゴール」とは、

  • いつまでに
  • どんな形で終わらせるか?

ということ。

この部分について依頼者がどう思っているかをはっきりさせないまま、

自分でゴールの形を判断し仕事を進めると、

せっかく素早く終わらせられても

「まだ終わっていないのか!!」とか

「こんな依頼はしていない!!」

と言った文句を言われることになるのです。

そんな文句を言われ嫌な思いをしないためにも、

求められているゴールは最初にはっきりしておきましょう。

  • いつまでは時間を明確にする
  • どんな形は絵にしたり、具体例を出して視覚的に共有する

この2つだけでも押さえておけば、

仕事の二度手間は発生しないはず。

自分と同じ感覚を相手が持っているとは思わずに、

ひとつひとつを確認し、違っているところはお互いに合わせる

ということが人間関係を円満にしていくひとつのポイントなのです。

サザエさん症候群を乗りきろう

連休も終わりですね

6月より伊勢佐木町店、9月より自由が丘店に出演している葵 レオラです。

ハートフルでのBlogは、本日初投稿。

自己紹介等々はおいおいさせて頂きたいと思います。

さて、9月に2回あった「3連休」も明日で終わり。

そろそろ会社のことが気になりだす頃でしょうか。

ところで、「サザエさん症候群」という言葉、ご存知ですか?

毎週日曜日の18:30 ~ 19:00に放映されている「サザエさん」を見ると

「もうすぐ休みが終わる・・・」

→ 「また会社が始まる」

という流れで気持ちが落ちてしまうというもの。

明日は月曜日だからサザエさんの放映はないけれど、

同じようなサイクルに陥ってしまいそうという方、

いらっしゃるのではないでしょうか?

なんで憂鬱になるのでしょうか?

「日曜日の夜は憂鬱になるのが当たり前」になっているかもしれませんが、

その当たり前の概念をちょっと外して、

そもそもなんで憂鬱になるのか考えたことはありますか?

  • やってもやっても仕事が終わらない
  • いやがらせをしてくる人がいる
  • やりたい仕事ではない
  • 部下が言うことを聞いてくれない

などなど・・・。きっといろいろなことが思い浮かぶと思います。

私の意志はいずこへ

先ほど挙げた憂鬱になる理由、

この理由をより深く考えてみると、

「私の思う通りにならない!」

というところに辿りつきませんか?

 

人は生きていれば、必ずどこかの組織に所属せざるを得ません。

組織にいるということは、人に合わせることも必要です。

でも、合わせることばかり続けていると、

自分の意志が小さな箱に押し込められます。

そして気づくとやらされ感が増幅。

その結果、不満が山積みになっていき、

爆発したりひどく落ち込んだりするのです。


自分の意志と周囲とのバランス。

どちらが強すぎることも弱すぎることもなく、

ちょうどいいバランスを保つこと。

これが「週明け憂鬱にならない」ためのひとつのヒントです。

週末に限って、自分の意志や気持ちを箱の中から出して

自由にしてあげるのではなく、

平日も同じように少し自由に

自分の意志という羽を広げてあげてください。

最初からこんなに大きくは広げられないと思いますが・・・

 

それでは残り1日、よい休暇をお過ごしください。