56才、童貞。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永嶋月です。ご機嫌いかがでしょう。blogにようこそ。

「ぼくが童貞を卒業するのは56才だそうです(泣)」

と、息子がblogに書いていました。なんでも「名前を入力すると童貞を卒業できる年がわかる」サイトがあるそうで… 息子がやってみたところ「56才」とでたそうな。

56才まで童貞で何が悪い?

と、私は思います。が、「女の子大好き」な息子ですので最後に(泣)が付くのでしょうね。申し訳ないねえ。私はあなたに「56才まで童貞の名前」をつけちゃったんだねぇ。不憫な子だよ。

とはいえ、名前でそんなことが分かるなんて、信憑性があるとは思えません。(いや、もしかすると分かるのか?)息子とて信じてはいないでしょう。さてさて…私の出番かな? 息子の童貞の行方…の前の恋のチャンスについてタロットで占ってみましょう。

現状に悪魔。依存のカードですね。恋愛は相手あってのもの。現在どっぷりと依存していること、これをなんとかしないと恋愛できる状況にはなっていかないと言うことです。(依存を抜け出さないと56才と言うことかもしれませんね。)

下段は左から順に、25才、26才、27才、28才、29才、30才、1枚ずつ6枚です。カップ7、色々迷う25才、依存が解消されずルーズな生活を送っているのか。自分を甘やかし苦手なものを避け楽な方に行く…そんな生活が続いているよう。26才、少しバランス感覚が養われて来た?27才では、それまでに自分の将来ときちんと向き合えれば経済的に落ち着きますね。28才、危機に備えて防御すべし。

さて息子よ。最大のチャンスは29才のようです。

30才のカップの3も悪くないけれど、なんといっても「運命の輪」でしょう❗ 29才で運命の相手と巡り会い、30才で祝福を受ける… そんな風になって行くと素晴らしいのでは? それには現状の「依存」をなんとかしようよね。

息子よ、精進してイイ男になってくれ。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*