ストーカーに会わない方法ーあなたは大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永嶋月のblogようこそ。

突然ですが、皆さん。次のテストをやってみていただけますか?○はいくつ付くでしょうか?

1. 好きだから、愛があるから暴力を振るう

2. 暴力は別れそうになった時に起こる

3. 暴力は振るわれる方に原因がある

4. 付き合っている相手を見下したりバカにしたりするのは、暴力のうちには入らない

5. 嫉妬や愛情表現なら思わず叩いてもそれは暴力とは言わない

6. 何回かデートしたら相手は自分のものだ、自分は相手のものだと思っていい

7. 付き合っている2人の気持ちや考えは同じでなければいけない

8. 彼氏なんだから2人のことは何でも決めてほしい、決めなくてはならない

9. 付き合っているのだからお互いの携帯をみたり、異性のアドレスを消すのは当たり前

10. たとえ暴力を振るったとしても、ちゃんと謝ったら許してあげるべきだ

ジャーナリストである田淵俊彦さんの著書『ストーカー加害者』の中からの抜粋です。その本によると、ストーカーの「被害者側にもをストーカーを呼び寄せる特性」というものがあるのだそう。ちょっとショックですね。ストーカー加害者に共通した危険性というのは想像に難くないけれど、被害者になりやすい性質というものがあるなんて。具体的には

「相手にキッパリと断れない」「罪の意識を持ちやすい」「責任感が強い」「自己評価が低く自己犠牲も厭わない」「母性愛が強い」「自分に自信がない」

などだそう。美点にも成り得る性格ですよね。でも確かに、拒否するべきときにキッパリ断らないと、相手に期待させてしまったり、助長させてしまったりします。また病的な相手に必要以上に同情したり、「彼(彼女)を助けられるのは自分だけ」と使命感を感じてしまったり。…そんな優しさが異常なまでの執着心・支配欲を持つストーカーを呼び寄せてしまうとのことです。

ストーカー事案は年々増えており、この先も減りそうもない大きな問題。そして若者の間で「ストーカー予備軍」 もまた増えているのだそう。そこで冒頭のテストです。「ストーカー」に発展する可能性のある「デートDV」(結婚も同居もしていない若者たちの間で起こる親密な関係の人への身体的・精神的暴力)を若い人に考えてもらうための質問なのですが、答えはすべて❌。高校生でもかなりの数の○をつけるとのことです。中学生の娘に聞いてみたのですが、同級生の中にもたくさん○をつけそうな子がいるそう。特に⑥~⑧はそういう状況に憧れている子が多いとか。

「束縛は愛情」ではありません。

二人の間に上にあげた事柄があったとしても、それが必ずデートDVやストーカーに繋がっていくわけではないでしょう。ちょっとした束縛を上手にコントロールして、恋のエッセンスに昇華させている人もいることでしょう。そういう恋にに中高生も憧れるのですね。でもそういう「大人」な人間はストーカーにはならない。問題はそうできない人が、たくさんいる…い過ぎることですね。

困った人に見込まれないよう、しっかりと自分を持って下さいね❗

さて、昨日11月12日はおうし座満月でしたが、いかがお過ごしでしたか?今日、1日分だけ欠けたお月さまは17:47にふたご座に移ります。好奇心と柔軟性がup、社交的になる時期。家族や友達、恋人と楽しいひとときを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*