毒母の呪縛から逃れる④ 自由への5ヶ条!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、永嶋月です。今日は「毒母シリーズ」最終回、毒母の呪縛から逃れる考え方をお届けします。今回も高橋リエさんの「お母さん、私を自由にして」を参考にしています。

毒母、5つの呪縛パターン VS. 呪いを解く5つの呪文

呪い① 「ありのままの自分ではいけない」

つねに人の顔を伺いながら恐る恐る行動。本心が出せない。他人軸で「いい人」らしくふるまってしまう。本当の自分を見失っていると年とともに生き辛さが増していく。

呪文① 「わたしはありのままで価値がある!」

「これは幼い頃、母親に気に入ってもらって、育ててもらえるように必死だった後遺症。今はもう人に気に入られなくてもちゃんと生きていける。自分の本心をだしても大丈夫。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

呪い② 「自分だけ幸せになってはいけない」

娘が幸せをつかもうとするとあの手この手で反対、全力で足を引っ張る。娘も自分のように不幸になるべき。自分が死ぬまで娘にそばで支えてもらいたい。娘はあくまで母親のために存在している。

呪文② 「わたしは幸せになっていい」

「これは幼い頃、無事母親に育ててもらうために、辛そうなお母さんを一生懸命支えてきた後遺症。今はもう育ててもらう必要はない。母親の辛さは母親自身の問題。わたしは自分の人生を生きていい。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

呪い③ 「自分より他の人が優先」

どうしたら人が喜ぶかばかり考えている… いつも気がつくと自分がしたいことを後回しにしてしまっている。

呪文③ 「わたしは自分を大切にしていい」

「これは幼い頃、母親を喜ばせようと必死だった後遺症。今はもう母親の機嫌は自分とは関係がないので、もっと自分を喜ばせたり楽しませたりしていいんだ。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

呪い④ 「人を信じてはいけない」

幼い頃に母親の態度が急に変わって怖かったり、平気で約束を破ったりすると、一緒にいて安心できない。いつ豹変するか裏切られるかとびくびくしてしまう。うっかり人を信じると怖い目悲しい目にあう…そう感じてしまう。

呪文④ 「わたしは自分の信じたい人を信じていい」

「これは幼い頃、母親といて安心できずびくびくしていた後遺症。母親は信用できなかったかもしれないけれど、他の人は母親とは違う。信用できる人も必ずいる。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

呪い⑤ 「自分で考えてはいけない」

一見毒母に見えない「至れり尽くせり母」や「完全主義母」に育てらたり、母親が怖すぎて全て母親の言うとおりにしてきた娘は主体性を失う。母親にべったりで、一見仲良しの場合も。何につけても「お母さんはどう思うだろう」と母親の基準で考えてしまう。

呪文⑤ 「わたしは自分で考えて行動していい」

「これは幼い頃、母親が何もかも全部決めてしまって、それに従うしかなかった時代の後遺症。今はもう母親のダメ出し、母親の意見に従う必要はない。自分の人生を生きるには、母親の意向とは違う自分自身の意思持ち、主体性を発揮する必要がある。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

番外編 : 毒母を変えたいあなたへ

お母さまは自分を変えたいと思っていらっしゃいますか?思っていないとしたら、お母さまが変わる可能性は限りなくゼロに近いと思ってください。あきらめましょう。

今度も付き合っていくつもりであれば、娘の立場を手放し、お母さまの保護者になるつもりで。もはやあなたの方の精神年齢の方が上、イヤイヤ期の幼児をあやす気持ちで接しましょう❗

いかがでしたか。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。どうしても辛い気持ちやモヤモヤが晴れなかったら、「ハートフル」に話にいらしてくださいね。火曜日と水曜日、浅草駅前店でお待ちしています。(来月3月より水曜日に浅草駅前店、金曜日に自由が丘店の出演になります。)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*