コロナ離婚 -これで離婚できるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、永嶋月のblogへようこそ。新型コロナウイルスが猛威を振るい、先が見えない今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

このコロナ禍で、今まで見ることのなかったパートナーの嫌な面を見ることになり、離婚を考えるようになった方がたくさんおいでです。「コロナ離婚」という言葉がうまれました。先週は何とか離婚を回避したいとお考えの方に向けてblogを書かせていただいたのですが、今週はこれを機に絶対に離婚しよう…と決心された方に向けてメッセージを送ります。

この非常時 パートナーの本性を見て「こんな人だとは思わなかった!」…もはや修復不可能であると離婚を決意した方がいらっしゃいます。また、前から離婚したいと度々思ってきたところ、この非常事態に突入し、相手の嫌なところがさらにクローズアップされ、これ以上我慢できないと離婚を決意された方もいらっしゃいます。どちらにしても、離婚は結婚以上のエネルギーが必要です。それでも離婚しようとお考えなのですから、本当に辛い経験をされているのだとお察しいたします。

コロナ禍をきっかけとした理由で離婚できるのか?

まず、法律的なことを考えてみましょう。夫婦間で合意にいたれば、どんな理由でも離婚できます。問題は話し合いで合意にいたらない場合です。離婚調停、離婚裁判を起こす必要が出てきます。調停では調停委員が夫婦の間に立ち、合意に至るようにお手伝いをします。裁判では裁判官に離婚の判断を委ねます。

裁判で離婚が認められるには民法上の5つの離婚理由のうちに当てはまるものがなければなりません。

  1. 不貞行為
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 強度の精神病
  5. その他婚姻を継続しがたい重大な事由

コロナ禍がきっかけで離婚したい場合、「5」に当たるかどうかが問題になります。「婚姻を継続しがたい重大な事由」は1から4までの理由と同じくらい重いものでなければ離婚成立は難しいでしょう。DVやモラハラがあれば離婚成立できるかもしれません。裁判で認められるくらいの大きな理由がない場合は、やはり夫婦間で離婚の合意に至るようにするのが一番の近道… 相手をどう説得するか作戦を練りましょう。

準備は100%以上を目指す。念入りに!

離婚して新しい生活に入るための準備を整えましょう。考えうる準備をすべて行っても、実際離婚してみると色々出てくると心得てください。ですからこの時点で考えられることはすべてクリアしておきたいところです。

その後の生活をどうするか、準備しましょう。親せきやご友人にはどう話しますか?住むところはどうなりますか? 新しく家を借りるとしたら敷金礼金がなかなか大変です。収入は大丈夫でしょうか? お子さんはいらっしゃる場合、自分が一緒に暮らすか、相手が一緒に暮らすかで考えなければならないことは違ってきますね。

心の準備をしましょう。周りにはいろいろと言われることでしょう。ブレずに離婚を乗り切る強さを持って下さい。一人でいるのは平気な性格ですか?弱気になった時に頼れる友達はいますか。お子さんをお連れになる場合、お子さんの心のケアも万全に。

離婚は人生の一大事です。何もかも一人で頑張ろうとせず、頼れる人がいれば頼りましょう。また「離婚したらやりたいことリスト」作ってみましょう。前向きになれそうなこと、たくさん探して下さい。

離婚は結婚の何倍もエネルギーが要ります。結婚のエネルギーがバラ色で温かなものであったのに、離婚の方はあなたの心をじかに攻撃してくるような重く冷たいエネルギー・・・辛い道のりです。でも、あなただけではありません。これまで数え切れない人たちが乗り越えてきた道です。あなたもきっと乗り越えられます。

頑張って下さい!

お読みいただいてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*