ショック❗思春期の息子に「 くそババア 」と呼ばれた❗その時、あなたは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、永嶋月です。梅雨空が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょう。

先日、小さい息子がいる若い友人が嘆いて言っておりました。「このかわいい子が、そのうち『黙れ、くそババア!』とか言うようになるのかしら?そんなことになったら私立ち直れそうもないわ(泣)。」まだ随分先のことではあるのですが、深~いため息をついていました。

そうですよね。ママ、ママ、といつも後を追いかけて来た愛息子、この世の中でママ以上に好きな人はいない…といった感じの蜜月の日々。それが思春期を迎えた途端「くそババア!」…ショックです。確かに。あの可愛かった小さな男の子はどこにいってしまったのでしょう!

おめでとう! あなたの子育て、順調です。

小さかった息子さんは、家の中から学校へ世界を広げ、ママが一番だった日々からお友達を大事にする時期に。「くそババア」は自立の第一歩、息子さんが順調に大人になっている証拠。あなたの子育ては順調、息子さんは将来自立して一人で生きていくことに向けて、着実に歩みつつあるのです。

「息子」と書いていますが「娘」だって一緒です。「娘」の「あんたウザイ」「くそババア」… ギョッとしますが、吉事だと私は思います。

お子さんの心の成長を喜んで下さいね。

そうは言っても…くそババアは悲しい(泣)

「あ~ら、成長したのねえ。」でさらりと流し、何回言われても気にしないあなたならそれでOK。でも「くそババア」だけはやめて欲しいならば… ちょっと工夫が必要です。

「ママに対してそんな言い方をするなんて、悪いことよ❗やめなさい❗」と正攻法で叱るのも子どもへの対応としてはアリですが、「くそババアと呼ぶことをやめさせたい場合」はNGです。息子さんはママにショックを与えたい、加えてちょっと傷ついて貰いたい(つまり甘えている訳ですね)…だからそれを与えてしまっては「くそババア」はストップ出来ません。今までの自分とは違うんだよ…という意思表示、ちょっとした宣戦布告です。上手に受けて立ちたいものです!

度肝抜かさず、度肝を抜く❗

「くそババア」と呼ばせたくなかったら、息子さんにそう呼ばれたとき、度肝を抜かれてはいけません。すかさず息子さんの度肝を抜くのです❗高等技術ではありますが。

やり方は親の数子どもの数だけあるでしょう。性格も事情も違いますものね。参考に成功例を3例あげておきます。

成功例 その1 「ババアなんだからババアと言われてもねぇ…」

「そんな、○○さんたら… ママがくそババアだなんてまったくその通りの事実じゃない? くそババアにくそババアって言ってもねぇ、仕方なくない? そんな…見ただけでわかることなのに、改めて言われてもねぇ。」

若めのママには使えないかもしれませんね。

成功例 その2「くそババア、とうとういただきました!」

「おっ!とうとうきたねっ!成長のあかし「くそババア」発言いただきましたっ! ありがとう‼️ ついこの間までオムツしていた○○ちゃんだったのに、本当に大人になって来たんだね。ママは嬉しいよ。感無量だよ!」

「オムツ」という言葉、「さん」ではなくて「ちゃん」で呼ぶのがミソです。

成功例 その3「大便おばあさま」

「○○さんたら。『くそババア』なんて汚い言葉使い許しませんよっ!『大便おばあさま』とおっしゃい。」その後も「くそババア」と言う度に「大便おばあさまでしょ!」と直してあげましょう。

大まじめに言うのがコツです。「大便おばあさま」は汚い言葉ではないのか?そうですね、何とも言えません。要はそこがポイントではないということ。

他の方が成功したからと言って、あなたの息子さんに有効かどうかは分かりません。

大切なのは同じ土俵に下りないこと。

上手くいかなくても悲観しないで。「くそババア」時代はそのうち終わります。大人になっても自分の母親を「くそババア」と呼んでいる男性なんてほぼいません。大人になる「通過儀礼」みたいなものです。開けない夜明けはありません。頑張ってくださいね‼️

また他の成功例がありましたら、ぜひご一報下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*