気持ち

毒母の呪縛から逃れる④ 自由への5ヶ条!

こんにちは、永嶋月です。今日は「毒母シリーズ」最終回、毒母の呪縛から逃れる考え方をお届けします。今回も高橋リエさんの「お母さん、私を自由にして」を参考にしています。

毒母、5つの呪縛パターン VS. 呪いを解く5つの呪文

呪い① 「ありのままの自分ではいけない」

つねに人の顔を伺いながら恐る恐る行動。本心が出せない。他人軸で「いい人」らしくふるまってしまう。本当の自分を見失っていると年とともに生き辛さが増していく。

呪文① 「わたしはありのままで価値がある!」

「これは幼い頃、母親に気に入ってもらって、育ててもらえるように必死だった後遺症。今はもう人に気に入られなくてもちゃんと生きていける。自分の本心をだしても大丈夫。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

呪い② 「自分だけ幸せになってはいけない」

娘が幸せをつかもうとするとあの手この手で反対、全力で足を引っ張る。娘も自分のように不幸になるべき。自分が死ぬまで娘にそばで支えてもらいたい。娘はあくまで母親のために存在している。

呪文② 「わたしは幸せになっていい」

「これは幼い頃、無事母親に育ててもらうために、辛そうなお母さんを一生懸命支えてきた後遺症。今はもう育ててもらう必要はない。母親の辛さは母親自身の問題。わたしは自分の人生を生きていい。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

呪い③ 「自分より他の人が優先」

どうしたら人が喜ぶかばかり考えている… いつも気がつくと自分がしたいことを後回しにしてしまっている。

呪文③ 「わたしは自分を大切にしていい」

「これは幼い頃、母親を喜ばせようと必死だった後遺症。今はもう母親の機嫌は自分とは関係がないので、もっと自分を喜ばせたり楽しませたりしていいんだ。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

呪い④ 「人を信じてはいけない」

幼い頃に母親の態度が急に変わって怖かったり、平気で約束を破ったりすると、一緒にいて安心できない。いつ豹変するか裏切られるかとびくびくしてしまう。うっかり人を信じると怖い目悲しい目にあう…そう感じてしまう。

呪文④ 「わたしは自分の信じたい人を信じていい」

「これは幼い頃、母親といて安心できずびくびくしていた後遺症。母親は信用できなかったかもしれないけれど、他の人は母親とは違う。信用できる人も必ずいる。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

呪い⑤ 「自分で考えてはいけない」

一見毒母に見えない「至れり尽くせり母」や「完全主義母」に育てらたり、母親が怖すぎて全て母親の言うとおりにしてきた娘は主体性を失う。母親にべったりで、一見仲良しの場合も。何につけても「お母さんはどう思うだろう」と母親の基準で考えてしまう。

呪文⑤ 「わたしは自分で考えて行動していい」

「これは幼い頃、母親が何もかも全部決めてしまって、それに従うしかなかった時代の後遺症。今はもう母親のダメ出し、母親の意見に従う必要はない。自分の人生を生きるには、母親の意向とは違う自分自身の意思持ち、主体性を発揮する必要がある。」

自分に言い聞かせ、自分を安心させましょう。

番外編 : 毒母を変えたいあなたへ

お母さまは自分を変えたいと思っていらっしゃいますか?思っていないとしたら、お母さまが変わる可能性は限りなくゼロに近いと思ってください。あきらめましょう。

今度も付き合っていくつもりであれば、娘の立場を手放し、お母さまの保護者になるつもりで。もはやあなたの方の精神年齢の方が上、イヤイヤ期の幼児をあやす気持ちで接しましょう❗

いかがでしたか。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。どうしても辛い気持ちやモヤモヤが晴れなかったら、「ハートフル」に話にいらしてくださいね。火曜日と水曜日、浅草駅前店でお待ちしています。(来月3月より水曜日に浅草駅前店、金曜日に自由が丘店の出演になります。)

毒母の呪縛から逃れる② 毒母とムスメのあるある5選✨

こんにちは、永嶋月です。先週に引き続き「毒母」のお話。先週は毒母とはどんな母親なのか…についてでしたが、今週は毒母との生活がムスメにとってどんなものであるか、書いていきたいと思います。今回も高橋リエ氏の「お母さん、私を自由にして。」を参考にしています。

毒母とムスメのあるある5選

① 何でも自分の思い通りにさせたがる

ムスメについて何でも知っていないと不安。友人関係のすべてを把握。プライバシーもムスメの気持ちも無視、平気で日記を読む。小さいうちは特定の友達と遊ぶことを禁止、大人になってからは付き合う相手が気に入らないと別れるまで文句を言う。大学生になっても異常に早い門限を設定。従わないと「親不孝者!」となじる。「こんなに良くしてやったのに。」が口ぐせ。気をつけないと、孫の教育や引越先などどこまでも口を出す。

ムスメはおかしいと思いながらも、執拗なダメ出しに「やっぱり自分が悪いのかな。」と感じてしまいます。自分の不安をコントロールできず、ずっとムスメをそばにおきたい願う毒母、ムスメの幸せな独立をあの手この手で阻止します。

② 「わたしは正しい」と思い込んでいる

自分は絶対に正しいので、絶対に謝らない。少しでもムスメの言うことやることが意に添わないと「間違っている」と責め立てる。立場が弱くなると「どうせ私が悪いんでしょ!」と逆ギレ。被害者になりきりムスメを悪者に仕立てあげる。別のタイプの母親は、なんでもすぐに謝り「自分はかわいそう」感を演出。ムスメの罪悪感を刺激する。勝ち負け、敵味方にとことんこだわる。

母親と限らず、こういうやタイプの人間と一緒にいると、疲れはててしまいますよね。ムスメは母親といると心の休まる暇がありません。

③ 自分のムスメに罵詈雑言!

ムスメが自分の目標に向かって努力していると「あんたなんかに出来っこない。絶対ムリ!」とやる気をそぎ、かといって頑張らないと「ダメな子ねえ。どうしようもない!」挙げ句のはてに「ブス。あんたなんて絶対結婚できない。」ムスメが傷つくことが全く分からない、もしくは親だから傷つけても良いと思っている。いつもいつでもツラいのは自分だけ。罵詈雑言ムスメにぶつけて憂さ晴らし。

本当にこれを実のムスメに言うなんて、信じられない話ですよね。自分が介護が必要な年になっても、介護するムスメに罵詈雑言…というケースもあるとのことです。ずっとこんな言われ方をしていたら、心が悲鳴を上げてしまいます。いくつになっても毒母とムスメ、40代~60代になっても、毒母が亡くなった後ですら傷ついているムスメがたくさんいます。

④ 「ねばならない」が強い

世間体が何より大事。人並みであることにこだわり「こうあるべき」理想を実現するために並々ならぬ熱意を持つ。「家族は仲良くあるべき」なので、家族旅行に行きたがる。心から行きたいのではなく「こうあるべき」の体裁を整えるための義務なので、旅行中は不機嫌。他人にどう見られているかが一番大事なので、外づらが良い。他人から「良いお母さまね。」と言われ、自分でもそう思っている。ムスメが望んでいないのに、世間体の良い学校に入れたがり誘導する。ムスメの結婚相手に、ムスメが幸せになれる人という点より、学歴職業を気にする。「ねばならない」に毒母自身もがんじがらめ 、家のなかではいつも疲れていて不機嫌。

世間で立派だとされることには、それなりの価値があることでしょう。しかし、それに囚われすぎると不幸になってしまいます。その価値観を押し付けられ、自分のしたいことや大切な人を否定されるムスメはもっと不幸ですよね。

⑤ ムスメの気持ちに無頓着

ムスメが辛かったこと苦しかったことを、母親が話のネタとして他人にしゃべってしまう。しかもムスメの前で。ショックを受けるようなことを平気で言う。例えば「あなたがお腹にいる時、お医者様に仕事を辞めないと赤ちゃんが危ないって言われたんだけど、もしそうなったらそうなったで仕方がないと思ったんだよね。」とか。共感力ゼロ。励ましの言葉が言えない。特定の子どもに辛く当たる。ムスメをライバル視して張り合う。「若い頃の私だったら、あんたよりずっとその服が似合ったわよ!」ペットも物扱い。

ムスメには自分の期待通りに育って欲しい、でも自分を超えないで欲しいのです。毒母とってムスメは何を言っても何ともない「椅子」みたいな存在だそうです。ムスメを物扱いする母親ですから、ペットもまた物でしかないのですね。

次回は毒母の元で育ったムスメに出がちな症状についてご紹介しますね。呪縛を解くには絶対に知っておかなければならないことだと思います。

毒母にくるしんでいるのはあなただけではありません。毒母が他人だったら付き合いますか?そんな人間とは付き合わないでしょう?親だからって付き合う必要はないのです。親を悪く言ってはいけないなんて罪悪感は捨てて。毒母の呪縛から逃れるべく頑張りましょう。

毒母の呪縛から逃れる① 毒母、その5つの共通点!

永嶋月のblogにようこそ。

お客さまとお話させていただいていると、多くの女性たちが母親との関係に悩んでいることが分かります。血のつながりがあるゆえに、なかなか解決し難い深いお悩みですよね。母親との関係にモヤモヤしているあなたに向けて、数回に渡って毒母について書いてみたいと思います。自らも毒母であったという高橋リエさんの著書「お母さん、私を自由にして。」を参考にしています。

毒母とはどんな母親?

高橋さんは毒母を「子どもの気持ちを思いやれず、不安のあまり、何でも自分の思い通りにコントロールせずにはいられない母親」としています。常に不安で自分のその気持ちだけでいっぱいいっぱい、子どもの気持ちを思いやることができません。子どもの気持ちが傷つこうがおかまいなし、自分が思った通りにコントロールしようとします。

毒母、5つの共通点

① 不安妄想性である。

毒母はいつもいつも不安で仕方がないのです。子どもが想定外のことをしようとすると「そんなことをして○○になったらどうしよう。」と思い悩む。堪え性がないから少しも見守ることができず「やめなさい!」と言います。

② つねに支配者である

子どもは親に従うものと信じています。親は子どもを絶対的に支配するもので、子どもは支配されるもの… それを当然と思っています。自分もそうされてきた場合が多いようです。

③ 自分目線しかない

子どもの立場に立って考えることができません。つねに「主観」しかない。非常に精神年齢が低い。子どもが聞いたら傷つくようなことでも平気で話してしまいます。支配者であると信じていることもあり「支配下にある人間の気持ちなど考える必要はない」とも考えていることもあります。

④ 感情がマヒしている

毒母には幼い頃甘えられなかったり、ツラい目にあったりしてきた人が多いようです。高橋さんによると「悲しみや恐れ、怒りを感じないようにマヒさせてきたため、表面的な喜怒哀楽はあっても、自分の本当の感情にはふたをして感じないようにしている。そのため、他者の感情も感じとることができず『共感する』ことができない。」のだそう。

⑤ 言動が大人気ない

幼い頃に感情を受け入れてもらい、満たされた経験がないため、精神年齢が幼いまま止まっています。自分の子どもに対しても「親」になり切れません。思い通りに行かないと子どもと同じレベルで意地の張り合いをしたり、泣いたり、意地悪をしたり…大人気ない言動が多くなります。

毒母、6つのタイプ

①~⑤を共通点として、どんな毒母がいるか? 高橋さんは6つのタイプに分類しています。

一番典型的『ジャイアン母』

口が悪く攻撃的「おまえなんてダメだ」「おまえなんて産まなきゃ良かった」…自分の思い通りに行かないと、子どもをののしり怒鳴り、時には手がでる場合も。恐怖で 子どもを支配します。

夫の支配が強い場合に良く見られる『かわいそうな母』

子どもが思い通りにならないと、辛そうに泣いたりして、子どもに罪悪感を持たせることで支配します。無意識にそうするので、子どもは「自分が悪いんだ」「おかあさんがかわいそう」と思い込みます。

手段を選ばず思いをとげる『パフォーマンス母』

自分の思い通りにならないと親戚中に電話して子どもの悪口をいったり、アポなしで押しかけ玄関先でわめいたり、倒れて見せたりと強烈なパフォーマンスで子どもを苦しめます。まわりに迷惑をかけるため、子どもは距離をおいてスルーすることができません。挙げ句のはてに「自殺してやる」と言って脅すなど、恥も外聞もないタイプ。

献身しながら巧みに支配『至れり尽くせり母』

子どものためにと献身しながら巧みに支配、子どもが自分の敷いたレールの上を進むように誘導していきます。子どもも逆らいにくく、お母さんのためにがんばり「自慢の子ども」になることが多いようです。一見毒母には見えませんが、子どもの気持ちを無視して「良かれと思って」自分の思い通りにコントロールするため、子どもの主体性が潰されてしまいます。長じてからウツになったりすることもあります。

子どもと向き合うのが怖い『逃避母』

仕事や夫、アルコールその他に依存し、母親業を放棄。たとえ衣食住に不自由させてなくても、子どもを心理的に放置してしまうタイプです。これも毒母と気づき難いのですが、心理的ネグレクトであり、実はもっとも重かったりするのだそうです。

自分がどう見えるかが何より大事『自己愛母』

自分が良い妻、良い母見えることが大事で、つねに自分にしか関心がないタイプです。はた目には家事や育児に精をだす良妻賢母ですが、子どもの気持ちには全く無頓着。子どもは育ててもらうために、母親の自己愛を満たすべく、評判の良い優等生になることが多いようです。自分の非を絶対に認めない、都合の悪いことは全て人のせい、無意識に話をすり替えるなどの特徴があります。自分は絶対に正しいと思い込んでいるので、子どもは何もかも自分が悪いと思わされ、追い詰められてしまいます。

あなたを苦しめて来たおかあさまはこの中にいらっしゃったでしょうか。毒母タイプもくっきり6つに分けられる訳ではなく、混合型が存在するのだそうです。中でも『ジャイアン』『パフォーマンス』『自己愛』を兼ね備えると毒は鉄壁。高橋さんは「特級毒母」と呼んでいるのだそう。

いかがでしょうか。こんな母親に育てられたら、本当にツラいですよね。

来週はもっと突っ込んだお話をしていきたいと思います。ただこの時点でどうしても伝えておきたいことがあります。

あなただけではありません。同じように毒母に苦しんでいる娘はたくさんいます。「親子は仲良く」「親孝行しなければならない」なんて思わないで良いのですよ。親を悪く言ってはいけないなんて罪悪感は捨ててしまって良いのです。毒母の呪縛から逃れるべく頑張りましょう。

長くなりました。最後までお読みいただいてありがとうございました。

落ち込んだ気持ちに寄り添う7つの方法

こんにちは。永嶋月です。今週も引き続き「気持ちが落ち込みがち」なあなたに向けてのblogです。「ゆううつな気持ちをやり過ごす」ための7つの提案。プロのセラピストさん達も実践している方法です。

① ゆっくり深呼吸してみよう!

気持ちが落ち込んでいる時は、息が浅くなりがちです。ちょっとの間、呼吸に意識を向けます。まず今からだにある空気を全て吐き出すところから始めて。それからゆっくり全身に行き渡るように深く息を吸い込みます。深呼吸は副交感神経を活性化させ、気持ちを整えてくれます。

② 自分の良いところを一つみつけよう。そして誉めてあげよう!

落ち込んでいるときは自分の良くないところ、出来ないところに目がいってしまいがちです。そしてますます気が滅入ってしまう。悪循環を断ち切るべく、自分の良いところを見つけ、自分を誉めてあげましょう! 大人になると誉められることなんてめったにないですよね? いつもがんばってるあなたです。たくさん良いところがあるんです! 自分で誉めちゃいましょう。

③ 散歩に行こう!

通勤通学途中、毎日通るけど降りたことがない知らない町に、散歩に行ってみませんか。そこまで気が向かなければ、自分のすむ町でも…お茶代だけもって出かけてみませんか? 意外な発見があって、少し気持ちがスッキリします。体力に自信がある方なら思いきってハイキングに。

④ 歌おう! 踊ろう!

カラオケが好きなあなたなら「ヒトカラ」でがんがん歌っちゃいましょう。一緒に行ってくれる人がいれば、それも楽しいですね。ディスコ・ナイトクラブの爆音の中でひたすら踊るのも良いですよ。鬱っぽい気持ちが払拭できそう。

⑤ 長湯しよう!お気に入りのアロマで。

お風呂にゆっくりつかると血行が良くなります。沈んだ気持ちを優しく包み込んでくれます。

⑥ モフモフになぐさめてもらおう!

犬、猫、うさぎ、モルモット、フェレットにハムスター。柔らかい毛をなでると心が和みます。可愛らしい目に見つめられると、傷ついたこころも癒されます。私の友人は気が滅入ると「ご近所ねこめぐり散歩」に出かけるそう。③+⑥で効果抜群だそうです。

⑦ 特別なことはしない。自分を観察しよう。

気が滅入ってなにもしたくないのだから、そのままなにもしない。ただ自己否定と気持ちの落ち込みの堂々巡りにならないように「どう?辛いね?」自分に声をかけてあげましょう。①~⑥の方法で気分転換できたとしても、落ち込みの原因が分からなければ根本的な解決にはなりませんよね?辛い自分の気持ちに寄り添って、どうして気が滅入るのか聞いてみて。でも、あまり深刻向き合っては逆効果…「原因が分かればめっけもの」くらいの気持ちで。上手くいかなくても自分を責めない。がんばらない。滅入った自分の気持ちを許してあげて下さい。

いかがでしょうか。少し楽になれそう?

どうしても気持ちが上向かなかったり、それが長きに渡るようであれば、お医者様やセラピストなどのプロの手を借りて下さいね。

私も占いであなたの辛い気持ちに寄り添います。よろしかったら話にいらして下さいね。