開運フード

開運フード③ やる気UP!パワーUP!「赤いりんご」

こんにちは。永嶋月のblogにようこそ、お越し下さいました。

なんだか分からないけれどやる気が出ない。気力が湧かない。このところそんな風におっしゃるお客さまが続きました。ストレスいっぱいのこの世のなか、誰もがそんな時があるのでは?今日はそんなあなたに元気になっていただきたいと思います❗

「開運フード」シリーズも3回目迎えました。今回も友人に「陰陽五行」の考え方から開運フードをアドバイスしていただきました。

やる気UP❗ パワーをチャージする赤色の食べ物

「陰陽五行」は中国の思想で、物事はすべて「陰と陽」に分けられ、「木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)」の五行で成り立っているとされています。前のblogにも書かせていただきました。「赤」は五行では火の赤、どんな色を混ぜても作ることの出来ない原色です。元気が出ない、やる気が出ない、覇気がない…今日も知らず知らずのうちに深~いため息ついちゃった。そんなあなたの味方になってくれるのが「赤」の開運フード。やる気をアップしてくれます。また新しいことを始める時にも、勝負事にのぞむ前にも「大吉」の赤い食べ物です。今日はその中でも「赤いりんご」に注目してみましょう。

1日1個のりんごは医者を遠ざける

「An apple a day keeps the doctor away.」ウェールズ由来のイギリスのことわざです。りんごが赤くなると医者が青くなる(患者が来なくなるので)などとも言います。りんごはビタミンCの豊富な果物、冬のビタミン不足を補う食べ物として愛されてきました。冷蔵庫のなかった時代、長持ちするりんごは長い航海中の船乗りたちを壊血病から守り、健康を助けました。

アダムとイブ - 禁断の果実

エデンの園の中央にあった「善悪の知識の木」。ヘビにそそのかされたイブがその実を食べ、楽園から追放されたのは有名な話ですね。その果実こそりんごであるというのも良く知られた話です。(別の果物であるという説もあり。)それだけりんごが魅惑的な食べ物だと言うことでしょう。楽園から追放されたイブは「子宮」を授かり「出産」 という痛みを背負うことになります。生まれてくるのが「赤ちゃん」だというのが「赤」つながりで面白い。日本語だけですが。

調理が不必要 - そのままガブリ!

りんごの最大の魅力のひとつは、そのまま食べることが出来ること。みずみずしく爽やかな酸味と甘味、スッキリとした歯触り。そんなステキなりんごは、調理することなく食べることが出来る。良いですよね❗やる気を失い、だるくてなにもしたくない時、あなたの大きな味方になってくれます❤️

火を入れても美味しい。シナモンとレーズンを加えて、砂糖で煮る定番の「りんごの甘煮」。これをパイの中にたっぷり詰めた「アップルパイ」…ファンが多いでしょう?プレーンヨーグルトと一緒に食べても美味しい。本当にりんごは万能フルーツですね❤️

りんごでパワーをチャージ❗❗

いかがでしたか。今りんごはシーズンで美味しいとき。元気のないとき、ストレスに苛まれているとき、ぜひりんごを召し上がってパワーをチャージして下さいね。

赤い食べ物ではパワーがいっぱい。すでに元気な人はさらに元気になりますが、エネルギーがUPした分消耗してしまうことがあるので気をつけて下さいね。

お読み下さってありがとうございました。

開運フード② 恋愛運UP!「赤ワイン」

こんにちは。永嶋月です。ぱっとしない天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

今日は「開運フード」の2回目。今回も友人に「陰陽五行」の考え方を教えていただきました。

恋愛運UP 紫色の食べ物や飲み物

「陰陽五行」は中国の思想で、物事はすべて「陰と陽」に分けられ、「木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)」の五行で成り立っているとされています。「紫」は火の赤、水の青が混じりあった神秘の色。聖徳太子が制定した官位十二階で最高位を表す色だったように、古代から高貴な色でもありました。もっと魅力的になってステキな人と出会いたい、普段の自分に色気を加えたい…そんなあなたの味方になってくれるのが「紫」の開運フード。恋愛運をアップしてくれます。今日はその中でも「赤ワイン」に注目!

ボージョレヌーボー解禁!

紫のフードには「アントシアニン」という成分が入っていて、美肌や老化防止に効果があります。特に赤ブドウには「ポリフェノール」という成分も含まれ、発ガンを抑制してくれるそうですよ。そのブドウを使って作られるワイン、美味しくて美しい飲み物ですよね。

フランスのブルゴーニュ地方、ボージョレ地方のワイン「ボージョレヌーボー」が先週の木曜日に解禁されました。その年に収穫したブドウを使った新酒で、作りたてのフレッシュさが人気の赤ワイン(少量ながらロゼもあり。白は作られていない)、毎年11月の第3木曜日を心待ちにしている方も多いのでは? 特に日本では世界で一番早く(ほぼ!)その日を迎えるので、世界で一番早くボージョレヌーボーがいただけます。

それにしてもどうして第3木曜日? カトリックの国フランスは「聖人の日」を大切にしますが、第3木曜日だと11月15日の「聖タルベール」の日に近く、また解禁日を決めた当時、フランスの酒屋は土日が定休日だったので木曜日にした…とのこと。自慢の新酒を発売するのに一番ふさわしい日… ということなのでしょう。

ボージョレヌーボーは他のワインと作り方が違うので「寝かせる」ことをしません。飽くまでもフレッシュさが命、年内に飲みきりましょう。

この秋冬、美味しい赤ワインで恋愛運をUP! ステキな出会いがありますように。もしくはあなたの大切な人と赤ワインを楽しんでくださいね‼️

さて今日はいて座・新月。いて座のもたらす明るく解放的なムードの中、新月の願掛けしてみませんか。あなたの願いを紙に書いてみてくださいね。(紙はできたらピンク♥️) 願いが叶いますように!

開運フード①「かぼちゃ」

こんにちは。永嶋月のblogに来てくださってありがとうございます。実は私、

調理師免許を持っています♥️

そんな訳で今日は、詳しい友人に「陰陽五行」の考え方を教えていただいたので、それに基づいて開運フードを紹介したいと思います。

「陰陽五行」は中国の思想で、物事はすべて「陰と陽」に分けられ、「木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)」の五行で成り立っているとされています。今日はその中の「金」の開運フードです。金運をアップしてくれますよ。「金」は「土」の中にありますので、その土の栄養をたっぷり中に取り込んでいる黄色の食べ物が良いんですね。色々ありますが、今日は今が旬の「かぼちゃ」をご紹介。

甘いかぼちゃは女性に人気の野菜です。甘いからカロリーが高いのでは…敬遠していませんか?西洋かぼちゃは100グラムあたり90カロリー、日本かぼちゃいたっては40カロリーしかありません。ご飯は168カロリーなので比べてみるとかぼちゃが低カロリーなのが分かりますよね。

かぼちゃは栄養も抜群。炭水化物は言うまでもなく、ビタミンA(βカロチン)、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、食物繊維が入っています。ビタミンAは免疫力をアップする上、美肌効果もあります。皮に多く栄養が含まれているので、皮ごと食べるのがおすすめです。βカロチンは油と一緒にとると吸収が良くなるので、天ぷらは良い食べ方ですね。甘辛でかぼちゃのきんぴらなどを作る方もいらっしゃるみたいです。美味しそうでしょ?

ご飯の代りに食べるときは、蒸すだけにした方が良いです。甘く煮るのは定番ですが、調理するときにお砂糖をたくさん加えると、カロリーが高くなってしまいます。それでもおやつに食べるなら、ケーキやアイスクリームなどより低カロリーです。食べ過ぎにだけ注意して下さいね。

冬至はまだ先ですが、昔から冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと言われています。昔の人もかぼちゃのパワーを知っていたのですね。

ハロウィーンも、もうすぐです。この秋、ぜひ「かぼちゃ」を食べて「金運」を引き寄せて下さいね! 同時に美肌もGET!

お読みいただいてありがとうございました。