LGBT

LGBTの方へ、そしてLGBT以外の方へ②

この間、トランスジェンダーの同級生の話をさせていただきました。LGBTのTの方のですね。今日は他のL(レズビアン)G(ゲイ)B(バイセクシュアル)の方について。トランスジェンダーの方は産まれた時の性別と自分が感じる性別が一致しない方ですが、LGBの方々のマイノリティ(少数派)たる所以は「恋をする相手」にあり、トランスジェンダーの方とは根本的に違います。レズビアンは女性の同性愛者、ゲイは男性の同性愛者、バイセクシュアルは男性も女性もいますが、男性も女性も恋愛対象になる方です。本当はもっと複雑なのですが、ここではざっくりとした説明にとどめておきますね。

私はLGBTアライ(理解者)ですが、当事者ではないので、まだまだLGBTの方々にしっくり寄り添うことが出来ていないかもしれません。いたらない部分は許してださいね。

ゲイの男性と結婚した伯母

戦後間もないとき、若い男性がとても少なくなっていた時期だったので、適齢期の女性たちは慢性的な結婚難に悩んでいました。そんな中、私の伯母は結婚相手を探しており、それだけでも難しい状況だったのに、その上「大学卒」という条件をつけ、周りから「無理」と言われていました。でも、必死で探せばいるものなのですね、どなたかが学士号を2つも持っている(つまり2回大学に行った)男性を探しだして来てくれ、結婚しました。

でも上手くいかなかった。母からこの話を聞いたとき、私は高校生だったので、具体的にどうだったのかは知りません。でも、どうも旦那さまになった男性は女性が好きではなかったとのことでした。私の祖父はその男性に家業を教えていたのですが、背の高い美男子でとてもカッコいい人でした。彼は「お義父さん、お義父さん」と祖父を慕い、それが普通の様子ではなかったとのことでした。

そんな訳で伯母の結婚は失敗しました。(その後別の方と結婚し幸せになりました。)もちろん、伯母のことはとても気の毒です。でもそれと同時にその男性はさぞかし結婚するのが嫌だったことだろう… あの時代だから周りから随分強制されたのではないかな…と思いました 。高校生だったので漠然とした気持ちですが。結婚しなくちゃなくて、祖父なんて好きになって、本当に辛かったことだろうと。

同性愛の方々で普通の結婚をされている方はたくさんいます。親友みたいな異性と幸せな生活をしていたり、子どもにも恵まれたり。結婚後に自分が同性愛者だと気がつくケースもあります。レズビアンとゲイの仲良し同士で結婚して、世間の「結婚まだなの?」攻撃をかわしているカップルも。だから同性愛の方との結婚が必ず伯母のような不幸に結び付く訳ではないでしょう。本当に色々なケースがあるのです。また、今の世の中では結婚しないことを選ぶことも、昔ほど難しくないですよね? 同性愛者でなくても、結婚しないひとはたくさんいらっしゃいます。最近は同性カップルに結婚するのと同等の権利を有してもらうべく、色々な条例が整備されつつあり、嬉しく思っています。この場合、選択肢は多いにこしたことはありません。

ただ「結婚」と限らず、日常生活の中で同性愛者が気まずい、生きづらいと感じる場面は本当にたくさんあるのです。例えばあるゲイ男性は恋人がいるのですが、月曜日に会社で同僚に「週末何してた?」と聞かれるのがとても苦痛だそう。どこかに行ったと言うと「誰と?」恋人と一緒に行ったと言おうものなら「いいねぇ。どんな子なの。写真みせてよ。」同性愛者であることを打ち明けるまでの仲ではない場合(それがほとんどでしょう)、本当に困ってしまうのだそう。「一人で過ごしていた…」と言えば「君カッコいいのにもったいないじゃん。誰か紹介してあげようか?」相手に悪気がないだけに辛いものがありますね。

個性を大事にする令和の時代ではありますが、やはり女性が「恋人がいる」といえば、瞬時に男性であるとおもってしまいませんか? LGBTアライだと言いながら、私自身一瞬そう思ってしまいます。恋愛占いのときは、相手の性別がはっきりするまで「彼・彼女」という言葉を使わず、「○○さんの好きな方、意中の方」という言い方をするようにしています。

LGBTの方々が全てを公にして、みんなが納得して…みんなが 安心して暮らせるならどんなに良いでしょう。でもそんなに世の中は甘くない。

恋愛の相手は異性であるという思い込みもさることながら、一番の問題は世間の偏見ではないでしょうか。

世間の思い込みも根強く悩ましいですが、それ以上にたくさんのLGBTの方々が傷ついているのは社会の偏見です。同性愛者だと知ったとたんに相手の様子が一変した経験を持つ方は少なくありません。心ない言い方や態度…だからカミングアウト(自分が同性愛者だと告げること)できないのです。

手相が、ホロスコープが一人一人違うように、幸せの形も一人一人違うはず。時代は進み個性が尊ばれる世の中になりました。LGBTの方々のだけでなく、色々なことで多数派に属さない方がいらっしゃいます。寛容でありたいですね!

お読みいただいてありがとうございました。

LGBTの方へ、そしてLGBT以外の方へ①

こんにちは。永嶋月です。

占い師になって本当に色々な方に出会い、幸せな毎日です。すべてのお客さまに感謝!

私が占い師を志したとき、「こんな方の力になれないだろうか…」と特に心に浮かんだ方々がいます。発達障害の子どもを持つ親御さんとLGBTの方々です。

LGBTとは?

LGBTとはレズビアン(lesbian:女性同性愛者)ゲイ(gay:男性同性愛者)バイセクシュアル(bisexual:男性も女性も両方恋愛対象になる方)トランスジェンダー(transgender:生まれた体の性別と心で感じる性別が一致しない方)の頭文字をつなげた言葉です。この頃はこの4つに当てはまらない性的マイノリティの方も含めるべくLGBTQ+という言葉も生まれています。

LGBTの方は全人口の13%くらいと言われています。ちょうど左利きの人の占める割合と同じくらい。そう、それだけ多いんですよ!きっとあなたの回りにもいらっしゃいます。ただ言わないだけ。言えないだけ。

トランスジェンダーの同級生

私が中学生の時です。仲のよい友達に突然告白されました。「私、見た目はっきり女の子でしょう?でもどうしてもそう感じられないの。ずっと変だと思っていたんだけど。心では自分は男なんだと思う。小学生の時は好きな服着れたから良かったけど、今制服じゃない?すっごく辛い。」中学生の私は何の知識もなかったので、ただただびっくり。「分かった。そうなんだね。」と返すのがやっとでした。

家に帰って母に相談しました。友達の名前は伏せて。「月。そういう人は昔からいるんだよ。そんなに珍しくはないんだ。神様は時に女のからだに男の心を入れてみたり、男のからだに女の心を入れてみたり…そんな気まぐれを起こすみたいだね。ママは小さな頃から「野郎っこ(男)みてだ。」と言われて来て、自分でも男っぽいと思うけど、自分は女だと感じて違和感ないし、好きになるのは男だった。ほとんどの他の人と同じ。その点楽だと思ってきたし、ありがたいとも思ってる。その子は毎日すごく辛いと思うよ。制服もだけれど、体育の時間なんて地獄じゃないかな。明日、『そんなの関係ない、あなたはあなた。ずっと友達だよ…』って言ってあげるといいね。」

そういえば彼は(彼と書きます)中学生になってから一度もプールに入らなかった。そりゃ嫌でしょう…男の子なのに女の子の水着着るなんて。しかも残酷なことに彼の女の子の体には第二次成長が訪れています。膨らみかけた胸、見るのも感じるのもどんなに辛かったことだろうと思います。

彼とは高校が違ってしまったので、会わなくなってしままいました。私と同じ私服共学高に進めば少しは楽だったではないかと思うのですが、彼は制服の女子高に行きました。私の育った地方都市はその頃ほとんどが男子校か女子高だったし、彼女の家は「女の子は女らしく。男性とのお付き合いは完全に大人になってから」という考えでしたから、そうせざるを得なかったのだと思います。

あれから彼はどうされているのでしょう。今でも彼のこと、彼の苦悩の日々を思い出すと胸が痛みます。

占い師になろうと思ったとき、彼みたいな人、そして彼みたいな子どもを授かった親御さんたちの心に寄り添うことができる占い師になりたいと思いました。

彼が今、幸せでいますように!

LGBTの方も、そうでない方も幸せを祈っています! 今日は牡牛座♉に月が入座。穏やかな忍耐力が授かります。美しいものに心ひかれる日。グルメも吉 なので美味しいものを食べて過ごして下さいね。

お読みいただいてありがとうございました。