本当に辛いLINEで返事がこないときの対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。いつもブログへお越しいただきありがとうございます。

いつも無意識にスマホに手がのびてしまいますね。
一日に何回スマホをのぞいているのでしょう。

近ごろは、どこに行っても、スマホを通して見られている感じがいたします。
ちょっとだけと、気軽に入ったお店なのにそのお店の感想を聞かれたりしますね。

そんな情報の時代、LINEにまつわる恋愛で辛くならない方法をお伝えします。

はじまりはいつもLINE


いつも手にしてしまうスマホ。おやつやごはんより先にスマホです。
ここまで身近にあってわたしたちを楽しませてくれるものはありませんね。

ゲームをしたり、ネットで買い物をしたり。
恋人通しの愛のささやきも、
ヤキモチも心配もここから始まるきがします。

電話より便利なツールなのですが、返事が返って来ないないと大事件です。
恋愛が始まるときの、LINEはドキドキします。

「さっき出したLINE読んでくれたかな」
「既読になったけど返事が遅いな」

ドキドキ、これが恋ですね。
最近、この恋の本来の意味をしりました。
「乞いこがれ」が語源だということ。つまり、
「相手のことを思うこと」なのです。

だったらあなたはいつも乞いしがっているはず。
彼、彼女ならそのように思われたらうれしいですね。

 

返事がこないときの対応

返事がこないときはどうしてもイライラしちゃうので、考えかたを変えてみましょう。

相手からの返信までの時間は
「相手のことを思うこと」
乞いしている時間ではありませんね。

乞いすることが、恋ならば
「時間に注目するのではなく、相手のことを思うこと」
なのだと思います。

よく考えたら(”_”)
「返信を待つ」のは
乞いではないかもしれません。

言葉遊びのように感じますが
発音する言葉にはことだまがやどりますので
返信は「待つ」ことであって、さらに言うと乞いではなく「期待」です。

思考を変えて楽になる方法をお伝えしてまいります。

続きはお店でお話ししましょう。

まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*