「わからない」ことが多いと毎日がたのしくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まんまマリアです。お読みくださってありがとうございます。

<#38>

3月に入ってからポカポカと暖かくなってきましたね。
今日は、「わからない」ことが多いと毎日がたのしくなるというお話しを書きますね。
そうわからないほうがいいこともあるのです。

 

知識がなくてもいいんです。どうどうとしていましょう

誰にもばかにされたくない、とか知らないことをバレたくないと、思われるかもしれませんね。
知らないからこそ、感じられることがあるのです。

それは

初体験の「ドキドキと感動」です。

知識があると、どうしても素直に感動できないのですね。

たとえばこんなことです。
新感線に乗ったことがないかたが素直に「早ーい、すごーい。気持ちいい」という
感動を味わうことができるのです。

 

知識があるかたは「時速200km/hだから車より早いスピードで走るので、当たり前ですよ」
これでは、感動が薄れますよね。

その知識はひとを振り回すこともある

たとえばお仕事のときって、技術や知恵が固まっていくと、がちがちの基準ができて縛られることになっていきます。

それだけなら良いのですが。

せっかく新しい、仕組みやノウハウを入れ込もうとしても

「この基準を守らなきゃだめ」

などど、堅い思考になっています。そもそも基準を守るのが目的ではなかったはずなのに。振り回すことになるぐらいなら辞めてしまいたいですね。

身に着けた知識というのは、古くなっていくものですから、絶えず更新していく柔軟性が欲しいのだと思うのです。

方法に流されず、自分の意見をいえるようになってくると、

はじめから「わからない」といっている方が、楽だと感じられると思います。

今日はこのへんで
最後までお読みくださってありがとうございます。

 

1/f(エフぶんのいち)ゆらぎの声でメッセージを届ける
占い師まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*