タイプ別に彼を虜にしちゃうマル秘テク「遠距離恋愛」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛おむすびファイル〈#88〉

 

遠距離恋愛は寂しくてできればしたくないですよね。インターネットさえつながっていれば、LINEでもスカイプでも会話することができます。世界中どこからでも会話ができるんですよね。

話をしたからといって寂しい気持ちが満たされることはないですよね。今日はそんな不安なとき、少しでも彼を虜にできる方法を書きますね。

 

彼のタイプでどうやったら虜にできるの

そうですね。簡単に調べる方法は彼のラインの文章が短いか長いかで調べてみましょう。

 

1.文章が短くスタンプもはっきりしたものを選ぶ彼は

要件がないと出さないので、軽い気持ちでLINEをしにくいなど。仕事も一生懸命なので、ついついLINEの返信も遅れがち。

 

2.たのしい表現で文章が長い彼は

朝起きたとか寝るとか。帰ったとか。そのときの気持ちなども事細かく教えてくれる。文章もちょっと長めになりやすい。

 

1の場合と2では少しアプローチが違います。

 

には応援するだけではなく、自分の時間を大切にしているという姿勢を見せよう。例えば、ヨガを初めて食べ物がおいしくなったんだと言ってみましょう。あまり好ましくないのが、時間をとってもらうように迫ったりしないほうがよさそうです。彼は彼のペースがありますから、そこは女性の方が少し距離を置いて待ってあげること。そうすと数日して落ち着いたころにメッセージがくることでしょう。

 

2の場合は彼は寂しがりやさんです。遠距離なんて耐えられないのが正直なところ。できるだけメッセージには速攻で答えてあげましょうね。このメッセージが頻繁すぎてこまっちゃうときは、何時から何時までメール見れないからごめんねと言っておくのもよいかもしれません。

 

自分の時間も大切に

さびしいと思っているのはわたしのほうだと思ってしまいます。誰だってそうかもしれませんね。

彼の気持ちを知ろうとすればするほど、わたしの気持ちがどこかに置き去りになっているのかもしれません。

わたしの寂しさは今の彼にはリアルタイムに伝わっているのかわかりませんし。

どっちかわからない世界を想像ばかりしていて、疲れてしまいますね。寂しい時間の連続が恋愛なのでしょうか・・。

実は、そうではない定義つけを自分の中で見つけると楽になるかもしれませんね。

 

彼は1番、彼は2番のタイプだから、わたしはこうしておけば大丈夫。

そのように定義するのはどうでしょう。

 

1か月後の約束がわたしを強くする

実は会えない時間が恋愛。好きな人がどこで何をしているかって考えること。これこそが恋ですから。先週会って次回あうのは2週間後であっても、次のデートを約束したり、決めたりすることで希望ができて明るい未来を創造できています。

約束ってわたしを強くする。そう感じますね。

 

最後までお読みくださってありがとうございます。

まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*