もっともっと欲しい。まだ足りないのは時間を無駄にしていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は、もう一個多く買おうという気持ちになってしまうんです。さすがに自分の家にトイレットペーパーが少なくなったらビビってしまいます。

トイレットペーパーやマスク。特にトイレットペーパーは出来る限り少しだけ使うようになりました。カラカラカラから、カラカラに。3回転から2回転ぐらいでしょうか。

ものが有り余っていたときには気が付きませんでしたが、少し無駄だったなと思うことを書きますね。

まだ足りない心理

まだ足りないまだ足りないと、むさぼりつくのって。人生の中で無駄なことってなんだろうって思うのです。

自分のことに例えると。ジーパンがすでに7本もあるのに、新作が出ると買いたくなってしまうんです。

モデルさんたちが、「新作でたよ」とかいって綺麗な春色の小物をまとって写真を撮っているのを見ると、いたたまれなくなって、買いに行ってしまいました。

もっと欲しい、あれも欲しい、これも欲しいと思ってしまうのは何故なのでしょうか。

満足していないからでしょうね

10年ぐらい前に買ったシーパンも、後で着れるかもしれないといってとっておいても結局着ないですね。使わないものたちの整理にばかり時間をとられていたらもったいないです。

人生は与えられている時間

すなわち

物欲は時間をすり減らす

同じ役目を果たすはずなのに、たくさんの違いや形違いは選ぶ時間が増えるのと、どこに置いたかわからなくなります。

・古い服を見てがっかりする時間

・新作が出るたびに買いに行く時間

もったいないなって思います。まだまだ自分のタンスの中にある洋服や古い化粧品など捨てて、もっと身軽になろうって思っています。

仕事場までの距離も時間を見直してもいいかな

一方、恋愛でまだ足りないと思うのは

もっともっとわたしを見て

付き合っているけど、「愛してるよ」「好きだよ」って言ってもらいたい。彼は、照れくさくてなかなか言えないものですね。

そんなとき、言ってほしいと思ったら自分から与えてみましょう

・○○してくれてありがとう。うれしいです。

・いつもありがとう。助かっているわ。何かできることある?

ありがとうって言えたら、どんなお世辞よりも強力に愛情を感じられるようなことばが返ってくるでしょう。試してみてはいかがでしょう。

足りないと感じるのはあなたが本気で選んでいないから

まだ足りないと思うのは、こころが納得するものを本気で選べていないからなのです。

「十分にあると感じるには」一人ひとりが、本当に望んでいるものを吟味して選べているかっていうことを、疑問を持ちながら探して行ったらいいのかなと思います。

今日はここまで、ありがとうございます(#^^#)

まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*