人間関係

かしこく甘えちゃう「それがいいのだ」

こんにちは。
いつもブログにお越しいただいて、ありがとうございます。

今日は甘えについてかきますね。
前回のブログでは、普通を選んでしまう日本人について書きました。その正体は「甘え」ているからなのかもしれませんね。今日はその続きを書きます。

普通を選ぶわたしたち

海外に行く機会があると、日本について考えることってありますよね。
「日本はきゅうくつだなぁ」と感じることがありました。みんなが感じることではないかもしれませんが。普段はあまり気にしない、組織や男女の差、家族の考えかた、さまざま味わいます。
決定的なのは、日本人は<YES,NO>を言えないと聞きます。それは、わかっています。わかっているけど、そうなってしまうのです。無意識なんですよね。


あるタコライスを注文したときのはなし。外国人の店員さんに
「辛いソース、甘いソース。どちらにしますか?」と聞かれて
「じゃあ、普通で」
とこたえてしまった、、、。

まさに、日本人ですよ。店員さんは甘いソースをかけてくれました。本当は甘い中にほんのり辛さが欲しかったのです。ここははっきり、こたえるべきでした。(反省)

わたしだけではないのではないでしょうか。そんなに海外生活してない自分でも感じるのですから、長年住んでみたら、また別の考えにたどり着いたりするのかな。

この感覚の正体をしりたいといつも、考えております。
シリーズになりそうな予感。

日本と西洋の違い

さてどういったひとを「甘えている」とすると思いますか。
日本と西洋で考え方の違いがあるようです。

【西洋は】
めだたないように隠れていることが「甘え」
(自由は人間の尊厳であるという考え)

【日本は】
わがままこそが「甘え」
(自由は死なないと味わえない)

「まあまあ」「どちらでもよい」
普通といわれる、中間的なところにいることで
「わたしは上でも下でもない中間に属している」ので、なんとも居心地がいいんですね。
このようなことを別名、普通と呼ぶのではないでしょうか。

安心するところが居心地良いです

普通にあることで安心する。どうでもいいの普通ではないはずなのですが
他人に自分の扱いをゆだねているように感じませんか。
そう、なんだかんだ言っても楽なんですね。決めてもらったほうが。

楽な方がいいじゃないですか。
最近はどっちでもいいというのがとっても楽になりました。
甘えは悪いことじゃないのです。楽な生き方そのものなのではないかな。

関連する記事はこちらです。
ブログはこちら日本人が普通を選ぶわけ

続きは上野店でお話ししましょう。
みなさまのお越しをお待ちしております。

ーまんまマリアー

日本人が普通を選ぶわけ

いつからだろう
他のひとの目が気になったのは。

わたしたちは小さいころから
無意識に「普通のひと」をめざして生きているかたが多いと思います。
みんなと違った服装や、態度を嫌い
中くらいや、普通をめざす行動をとるようになっていくのです。

普通を目ざすわけはどこにあるのでしょうか。
そうでないと目的を見つけられないからです。
もっというと他に、豊かに生きる方法を学んでこなかったのです。
普通をめざすことに疑問を感じたら読んでみてください。

 

人並の幸せを願い就職する、結婚する

普通は、
「学校を卒業したら仕事をする」
「結婚適齢期になったら相手を見つけて結婚する」

大抵の大人は「普通が幸せ」とすすめてくれるものです。
そもそも普通とは何なのでしょう。

「どちらでもよい」
普通といわれる、中間的なところにいることで
安心をおぼえるのです。

「わたしは上でも下でもない中間に属している」ので
「大勢がいてかばってもらえる」という意識が働きます。

他人に自分の扱いをゆだねているように感じます。

なんだろう、

みんな「普通」というのがあると思いすぎているかもしれません。

それで、自分だけそうじゃないと思って嘆いている
その嘆いているかたのほうが、案外
普通なのかもしれません。

普通の生活をした結果

学校にいきましょう。
次は会社にいきましょう。
辛いのは仕事だから仕方ない。

会社員や家業が自分に合わなくても修行のように
毎日をこなします。
そうしないと、がまんしないと普通のひとになれませんから
どうにも毎日が辛い日々です。
普通にすることは難しいのです。

日本人は普通からはずれるひとを嫌がります。
ガマンし続けて病気になるならそこで気が付くのでまだましです。
いっぽうで半端に身体か丈夫ですと永遠にガマンするでしょう。

普通でないことをする=わがまま

という思い込みがあるように感じます。
途中であきらめたり、辞めたりすると「わがまま」になります。
でしたら言われない為に頑張り続けなければなりません。

年齢は単なる数字

ご相談者のなかには
「恥ずかしながらわたしはもう48歳なんです、恋愛や結婚なんてお恥ずかしい」
と話されるかたもおります。

何歳になろうと、この世に生まれたのは魂を成長させるためと考えると
人生の学校に来ていると思えば
わたしたちはまだ、幼稚園にすら上がってもいないかもしれません。

年齢という数字に惑わされて行動のさまたげにならないように
したいものです。

普通になれないことはわがままなことではない!ですから。
ガマンするクセがあるかた、ご相談にいらしてくださいね。

まんまマリア

苦手な人とどうやって向き合うのですか?

仕事の同僚で「どうしてもこれだけは許せない」ひとはいませんか?
家族であっても許せないものというのはあるものだと思います。
「ときが経てば解決するの?」というものでもない。
これが答えとはいかないまでも試してみるのはどうでしょう。

人間関係の悩みは特に多いと思います。
少しでも楽に付き合える方法をご紹介します。

許せないと感じる本音

普段は話もしない同僚と久しぶりにプロジェクトを組むことになりました。
どうしても話をしないといけない状況になります。
にがてな人(架空の人物みゆきさん)が近くにくるだけで、動悸がしたり
ソワソワします。自分に近づいて欲しくないとまで考えるようになりました。

仕事でチームを組むことになったのでみゆきさんと話をする機会が増えてきました。
そのたび、彼女の言動が気になってしかたがなくなるのです。

こんなときのからだの反応は
・気になる
・ドキドキする
・イライラする

自分は何がいやなのでしょうか。
みゆきさんが生理的に嫌な訳ではないはずです。
殺されかけたワケではないのでそこまでいかないはずです。

反応の正体はみゆきさんから、自分の嫌な部分を思いだしているんだと思います。

ではなぜ、嫌なのでしょうか。

1.自分を否定されているような気分になる。

2.自分がそのようになりたくないから。
相手の立場になっている自分を想像すると感情が高ぶるから

その正体は
「恐れ」なんだと思います。

相手があってはじめて自分のことがわかる

今がチャンスです。相手のことをよく観察してみましょう。
そこには何がありますか。いがいにも何もないかもしれません。

ゆっくりと観察していると、不思議なもので落ち着いて考えられるようになります。
その調子です。

五感を全て使って観察してみてください。
相手の目、表情、輪郭、髪の色、かおり、背中、歩き方、話し方、
食事の仕方、口癖、まばたきの回数、鼻を触る回数、たばこを吸う回数
・・・・・。

何か、気付いたことはありませんか。
自分と違うところだらけではありませんか。

一点に集中して考えていると、全体性を失います。
視野を広げて相手の良い部分まで多く見つけることができましたか?

歯が白くてきれい、あいさつをする、電話応対がうまい、メールや文書の誤字がない
トイレに行くとき声をかける。

そうすると落ち着いてくるはずです。落ち着くというより冷静になっていくでしょう。
なぜ冷静になれるかというとそこには比べる必要がないことに気が付くからです。

自分の正体を知ることが人間関係で楽に付き合うことになるかもしれませんね。

 

まんまマリア