ありがとうの盾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ありがとうっていう言葉で殴り掛かる感覚、わかります?
 僕はそういうのが好きなんです」

先日、館の近くのバーに立ち寄った際に、そこの店員の男性に言われた言葉です。
正直、わかる気がします。この感覚。

幸い、占い館に居て嫌な思いをしたというのが(驚くことに、それにありがたいことに)今のところないんですけれど、
例えば、外に出てティッシュを配っていたとして、唾を吐きかけられたとします(ないです。そんなこと)
そういう時に、咄嗟に「おい!」と声を荒げてしまうと、そこからはもうぶつかるしかありません。
正直、お互い、嫌な気持ちになりますよね。

もう大分前の話ですけれど、学生のころ、友達と集まって遊んでいるときにひどいことを言われたことがあります。
その友達を、仮にO君としましょうか。
私はどうしてもそれが気に入らなくて、その友達が帰った後も、ぶつくさ文句を言っていました。
まあ、陰口ですよね。本人にそれをいうこともできなくて、ただ、文句だけ言ってた。
他の友達は苦笑いするばっかりで、多分、何もそんなに怒らなくてもって思ってたんじゃないかと思います
でも、こっちはこっちでもう引っ込みがつかない。
だから、ヒートアップしちゃってたんですよね。
で、喋っているうちにどんどんムカムカしてしまって、その怒りも最高潮になったころ。
O君を送った友達が戻ってきて、ドアを開けるなり「これ、Oから」とガムを取り出してみんなに配ったんです。
絶妙なタイミングでした。
だって、笑ってしまいましたから。
O君がどんな気持ちでそのガムを友達に預けたのかわかりません。
謝罪の気持ちがあったのかもしれないし、単なる善意かもしれない。
O君とは今でも付き合いがありますが、「あの時のあれはなんだったの?」なんて、聞いてもいません。
ただ、私の陰口に対して、O君が無自覚に差し出したガムは、なんだかとても複雑な味がしました。
ごめんなさい。ぶっちゃけてしまいますと、味はもう覚えてないです。
でも、あの時ガムをもらったっていうことは一生忘れないんだろうなあと思います。

善意や謝意には、相手にそれを伝える以上に、自分を守ってくれる力があります。
上司に理不尽に叱られた時、ムッとして黙り込んでしまったり、反論してしまうと、コイツ! って相手もヒートアップしてしまう。
でも、貴方が「以後気を付けます。ありがとうございます」って言ってしまったら、それに怒りを重ねるのって、なかなか難しいんです。
それを、バーにいたあの彼は「ありがとうで殴り掛かる」って表現したのかもしれません。
好きな考え方です。

話を戻しますね。
唾を吐きかけたその人に対して、咄嗟に「ありがとうございます!」って返してしまっていたら、どうでしょう?
……気持ち悪いだけですね。
こういう時には使わない方がいいかもしれません。
きっと、喧嘩にはならないでしょうけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*