ボイストレーニング行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルの通りなんですけど、先日縁があってボイストレーニングに行ってきました。

ボイトレって言われるとなんだかアイドルとか歌手とか声優さんがやる特別なトレーニングって

感じがしますけど、これが意外とそうでもないみたいなんですよね。

こんにちは。心と未来の情報を提供する、占い探偵のルドルフです。

メラビアンの法則というのをご存知でしょうか?

これはこの名前で調べると色々と詳しい記事も多いのですが、

簡単に言うと、「人は話を聞くときに、その内容を7%しか考慮していない」という法則です。

じゃあ、他の要素は何かというと、「見た目とかジェスチャー」などの視覚情報(これが一番大きい)

次が、「声やその抑揚など」の聴覚情報。

会話の中身や言っていることが人に影響を与える要素思っている以上に少ないんですよね。

反対に、声が他人与える印象って思っている以上に大きい。

最近だと「1/fゆらぎ」などという言葉も聞いたことがある方も多いと思います。

営業マンの研修でボイストレーニングを取り入れている会社もあるそうな。

そうなんですよね、もう「声」は特別な専門家しか磨かないものじゃなくなっているみたいなんです。

で、今回ボイストレーニングに行ったんですけど、そうそう、すごく面白かったのが、

自分の声って聞いたことありますか?

普段自分がしゃべった時に頭の中に響く声ってあるじゃないですか? 

あれって全然他人に聞こえているものと違うみたいなんです。

試しに、自分の声を録音して聞いてみてください。意外な発見があります。

自分のことって本当に、自分が一番わからないものなんですね。

普段使ってる声ですら、あんなに印象が違ったんだから、ほんとびっくりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*