幸せな恋愛をするために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月の初めから引いた風邪が長引いて、そろそろ4週間くらい喉が痛い状態が続いています。

病院のお薬を飲んでるんですけど、なかなかスパッと治ってくれないもので

同僚の先生からお薬をいただいたりもしたので、さっさと治してしまいたいものですね。

こんにちは、心の探し物を見つけます。占い探偵ルドルフこと西堀です。

以前のブログで、自分を嫌いなのに人に好かれるとちょっと怖いことが起こる可能性があると書きました。

今回はその続き、どんな怖いことがあるのか? についてお話してみます。

とは言っても、このお話は言われてみれば結構単純な話で、

簡単に言うと、自分のことを嫌いなのに人に愛されると、その愛を信じられなくなるんですよね。

自分がいいと思っていない自分を、誰かが貴方は素晴らしいって言う。

これ、素直に信じられますか?

ここで、その人を信じられればまだいいです。

でも、そこで信じられないと大変です。

人間の脳は、何か物事に納得のいく理由をつけようとします。

この場合、「私のことを好きって言うなんて、何か理由があるに違いない」となるわけですね。

そうするとどうなるか?

例えば、相手に必要以上に尽くしたりします。

「こんなに尽くしているのだから、私は愛されていてもいいんだ」というわけですね。

はい、ダメンズウォーカーの出来上がりです。

他には、こんなこともあります。

「本当に相手は私を愛してくれているのか?」と、必要以上に相手を束縛したり、

或いは試したりするわけです。

その状態では、幸せな恋愛をするのはむずかしいかもしれません。

自分を好きになること。

好きじゃなくても、そんな自分を認めてしまうこと、それは、遠回りに見えるかもしれませんが

他人との関係にこそ、それって意外と重要なんです。

自分を好きになれ、なんて言われてもなかなか難しいかもしれませんけどね。

人生で一番長く過ごす他人って、もしかしたら自分という人間なのかもしれません。

折角だから、その人のいいところを見つけて好きになれたらいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*