日記

合羽橋通りもめっきり七夕の装いになりました。

んー、写真が下手で分かりにくいかもしれません。
通りに提灯と吹き流しが並んで、風にさらさらと揺れています。
この音を聞いているだけで、ほんの少しだけ涼しく感じられるような気がします。

七夕と言えば、短冊に願い事を飾る日という印象ですけど、
大人になるとそういうこともほとんどやらなくなってしまって、ちょっとだけ寂しい気がします。
今の自分だったら短冊に何を書くかなあと想像してみたりして。
んー、お金、とか、恋人、とか書くんでしょうか。それもいいんですけど、せっかく年に一回書くんでしたら、なんだかちょっと変わったことを書きたい気がします。

もうほんと、どこで聞いたのかも誰から聞いたのかも覚えていないんですけど、例えば新年に神社に行って神様にお祈りをするじゃないですか? 家族の健康を願ったり受験の成功を願ったり、でもあれって、本当は神様に「今年も一年ありがとうございます。今年はこうだったので、来年はこうします」って宣誓をするのが正しいみたいなんですよね。案の定、根拠も何も覚えてないんですけど、どこかでそう聞いたような。

なので、短冊にも~が欲しいって書くよりは、いっそ「来年の今日までに、私は~します」って書いてしまった方が清々しいかもしれません。願い事ばかり聞いてうんざりしている織姫と彦星も、突然の決意表明を見たら笑ってしまうかも。
「それなら頑張れ」って応援はしてくれそうです。

自分の願いを口に出して言えることって大事です。
自分がやりたいことがはっきりしているということですから。
それをさらに短冊に飾れてしまうくらいしっかりとした気持ちなら、きっとそのために動けるはずですしね。

うーん、短冊に何を書こうかなあ。
こんなこと書いてる自分でも、なかなかはっきり言葉にならないんですよね。

一期一会の観劇がめっきり趣味になりつつあります。

こんにちは、ルドルフです。
上野店のすぐそばに、ストアハウスさんという劇場があるのですが、最近、そちらで行われる劇を観るのが趣味のようになっています。
毎週、占い館に立つたびに次の劇団さんと公演内容を確認するのが秘かな楽しみなんですよね。
劇団四季や宝塚のような大きな劇場ではありませんが、観劇してみると小劇場小劇団なんて関係ないって思わされます。
どれも本当に面白いんですよね。
それでついつい次の週の別の劇団さんも観たくなってしまったり。

きっかけは、劇団Birthさんの「オルゴール」という舞台でした。

(ポスターを写メしたものです)
大人になっても続く友情や絆をテーマにした舞台で、劇場の広さもあって他のお客さんのすすり泣きの音や、役者さんの息遣いがとてもリアルで、一発ではまってしまったんですよね。
聞けば、こちらの劇は少し改変して中学高校で上演する予定があるとのこと(もうやったのかな?)、納得のテーマですし、それも見てみたいなあ……。中高生じゃないのが残念です。

次に見たのが、劇団シアタースカイさんの「鬼姫」

こちらは殺陣が本当にすごかったです。時代劇を舞台でやるのってすごく難しいと思うんですけど、全然違和感なかったです。
幕が上がるのと同時にプロジェクションマッピングで解説が入るのがまたかっこよくて、否応なく期待が膨らんでしまいます。
ストーリーも王道の復讐ものと見せかけて、最後に独白されるヒロイン鬼姫の心情がまた……そう来たかあと唸ってしまいました。
……ちょっとルパン三世を思い出してしまったのは、共通点あるのかないのか、難しいところです。

そして、一番直近、最後に見たのがナナシノ()さんの「一時間後の、僕。」(一僕と略すそうです)

こちらは、アナウンサー、とりわけ実況アナウンサーをテーマに取り上げた群像劇です。
入り組んだ仕掛けがされた舞台で、一度見ただけではわからないところが多く、それでもとにかく面白くて、その日のうちにもう一度見に行ってしまいした。
アナウンサーの劇なので、素人が見ても難しいセリフや表現、長セリフなども多くて、でもそのシーンがいちいち印象的なんですよね。
特に好きなのが、出だしの演出。
開演前から舞台の上で思い思いくつろいでいた役者さんが、「本番始まります」の掛け声とともに歌いだすのですが、もうそこからの一連の演出が圧巻でした。このオープニングはDVDで何度も見返したいと思いました。

どの劇を思い出してもちょっとにやにやしてしまいます。
占い探偵ルドルフとしては、こんなに面白いことがまだまだ沢山あるんだなということ知らなかったというのが、なんとも不甲斐ないです。

小劇場での舞台でもそうですけど、ちょっと勇気を出して踏み込んでみると意外な発見や面白いことって、まだまだ沢山あるみたいです。
そういうアンテナもっと広げていきたいところです。

そうそう、これだけ楽しく語ってしまったのに、この劇たち、実はもう千秋楽を迎えてしまっています。
小さい劇場での劇は公演回数があまり多くなくて、一週間で見られなくなってしまうのも沢山あるんですよね。
それこそ本当に一期一会。
もう一度観たいなと思うんですけど、すぐにはそれは叶いそうにない。
だから、この楽しかった観劇の思い出を、何度も何度も反芻してしまうんですね。

写真もないのにお花見の話

こんにちは。
占い師のルドルフです。

先日、お店の近くの上野公園のお花見に行ってきました。
お花見といっても、気の合う仲間と夜桜を見ながらお酒を飲んでいたわけではなくて、
実はお花見をしている方々を占いに行っていたんですけど
皆さん喜んでいただけてとてもよかったです。
時間を計っているわけではないので、楽しそうにされているとついついこっちまで長々とお話ししてしまったりして、
なんとも得難い経験をさせていただきました。
占わせていただいた方皆様が、この新年度を良いスタートをきれるよう、心から応援しております。
そのお役に立てたなら本当に幸いです。

それにしても、実は宴会している方に自分から声をかけて占いをしようだなんて、
これまで考えたことがなかったから最初は本当にドキドキしました。
これはちょっと違うのかもしれませんが、行楽地でナンパなどをされる方って本当にすごいなと、あらぬところに感心してしまったり。
冗談とか、揶揄ではなくて、そうやって他人にぶつかっていけるのは強いなあと思ったわけです。
私はそういう風には生きては来なかったので、その強さは羨ましいし、見習いたいなと。
人生、いろいろなことをしてみるもんですね。

……で、実はもう緊張しっぱなしで、桜の写真も撮ってなかったんですよね。
ほんと、見習わなくてはいけません。