未分類

やる気が出ない、なんだかダラダラしてしまうそんなことありませんか?

 やらなくちゃいけないなあと思っていることがいくつかあるのに、なんだか後回しにしてしまっています。

 絶対に早くやった方がいいんですけどね。

 なんだかめんどくさいなあと思ってしまったり、よくわからないから後回しにしようと思ってしまったり

 誰にでもあることだと思います。

 この解決方法もまあ色々ありまして

 ポモドーロテクニックやら、やる気を引き出すモチベーションの科学やら

 あるいはアンカリングなんかを持ち出して何とかやる気を作ってもいいんですけど

 それよりもずっと効果的な方法があります。

 これ、難しいんですけど、条件が整えば最強なんですよー

 こんにちは、心の探し物を見つけます。占イ探偵ルドルフこと西堀です。

 先輩に着けてもらったときにはなんだかこっ恥ずかしかったルドルフという占い師名も

 気が付いたらなんだか愛着がわいてしまっていて、最近では占い探偵ルドルフこと西堀ですとか、

 よくわからない自己紹介をしています。

 まあでも、いいかもしれませんね。なんだか、もう一人の自分というか、ルドルフさんが守ってくれてる気もする。

 と、今日の本題はやる気についてです。

 実はこのブログを書くのも、今日はなんだかやる気が起きないなあなんてだらだらしてたんですよね。

 だからちょうどいいテーマかなと思ったりもして

 さて、前述したいくつかのテクニックについてはそのうちどっかで語るとして
 
 今回はやる気を引き出すわかりやすくて簡単だけど、なかなか難しい、けどそうなったら最強! みたいな、

 そんな方法を伝えようと思います。

 いや、これね? 聞いてがっかりしないでくださいね。すっごく当たり前のことだから。

 というわけで、やる気を引き出すわかりやすい方法ってなんぞやって、つまりこれです。

『ひとりでやらない』

 はい、物を投げないで。

 これ、当たり前のようでいて真理なんですよ。

 実際、これを徹底するだけで有名になった会社ありますからね。わかります?

 ほら、パーソナルトレーナーのライザップです。

 何か目標を立てて、それに向かって頑張ろうとしている時に、その進捗を管理してくれたり

 はたまた応援してくれる人がいるってすごく大事な事なんですよ。それだけでどれだけ力が湧いてくるか。

 モチベーションってなかなか難しいもので、ひとりで自分の中から無理やり引き出そうとしても難しいんですよね。

 いやいや、俺はモチベーションが湧き出てくるぞって人もいるかもしれませんが、よく考えてみてください。

 そのモチベーション、例えば誰かのありがとうって言葉だったり、期待をかけられたりとか

 そういうのがきっかけだったりしませんか?

 周囲の人間がどんな反応をするかって、モチベーションには非常に重要なんです。

 だからというか、最近ではメンターだったりパートナーだったりコーチだったりっていう人の重要さが少しずつ認知されつつあります。

 やり方はわかってる。それだけじゃなくて、応援してくれる誰かがいる。

 それが意外と、物事の成否を左右します。

 そういう人って、周りにいますか?

 もしも自分がなんでも長続きしないなあと感じたら、一緒に苦しむ……苦しむはまずいか、一緒に頑張れる仲間を作ってみてください。

 簡単に言うなって感じでしょうけど、これほんと大事です。

 作り方が分からないって?

 じゃあ、次回はそれについて書いてみようかな。

彼の心を射止める秘訣

以前、銀座の元ホステスの方に聞いたのですが、

ホステスでトップになる方には共通点があるそうです。

やっぱり可愛くないと駄目なんでしょうか? それともスタイルが大事とか?

いやいや、コミュニケーション能力でしょう?

色々候補は考えられると思いますが、これがなかなかどうして、言われてみれば納得のすごい共通点なんですよね。

こんにちは。

心の探し物を見つけます。占い探偵ルドルフこと西堀です。

さて、ここで質問です。

問1 男女問わず、貴方はどんな人が好きですか?

これも答えはいろいろありそうです。

信頼できる人とか、約束を守る人とか、優しい人とか、男らしい(女らしい)人とか。

答えは何でもいいんですけど、この答えをちょっと覚えておいてください。

そして、もうひとつ。

問2 貴方は自分のこと、好きですか?

これもどちらでも構いません。

さて、問2で自分のことを嫌い、或いは好きじゃないと答えた方、ちょっと気を付けてください。

もしも貴方が人に好かれたいと感じているのなら、ちょっと困ったことになってしまうんですよね。

だってそうじゃないですか、

「私は自分のことを嫌いだけれど、そんな自分を誰かに愛してほしい」ということになってしまいますから

これ、自分のところを他のものに置き換えるとよくわかります。

「私はラーメンを嫌いだけど、そんなラーメンを誰かに好きになってほしい」

ほら、なんか変じゃないですか?

冒頭の銀座のホステスの話に戻りますね。

ホステスでトップになる方の共通点、それは

「愛されることに慣れている、愛されて当然だとどこかで感じている」ことなのだそうです。

だから、愛された時に余裕があるし、その状態が自然なのだそう。

小さいころから大事に育てられてきたとか、或いはほかの要件があるのかもしれませんね。

引き寄せの法則をもちだすまでもありませんし、或いはほかの心理的効果を根拠にしてもかまいませんが

「自分は愛される人間だ」というセルフイメージは非常に重要です。

よっぽど我儘でもない限り、当人もそのように振る舞いますし、周囲もそれを受け入れるようになっていきますから。

そんなこと言ったって、自分のことなんて簡単に好きになれないよ!

という声が聞こえてきそうですね。

気持ち本当に分かります。だってそれって、理屈じゃないですから。

そこで、問1の質問の答えが重要になってきます。

貴方が好きになる人はどんな人ですか? そして、貴方はそんな人になろうとしていますか?

はい。他人を好きになる条件のうちのひとつは、自分が他人に求めているものと同じです。

これはわかりやすいですよね。

だって貴方は、そういう人に既に好感を持ったことがあるはずですから。

それと同じことを、自分にやればいいわけです。

人に好かれたいと思ったとき、心が矛盾しないように、まず自分を好きになっておく。

遠回りに見えるかもしれませんが、それが恋を成就する強い方法のひとつなんです。

そうして、自分の気持ちと相手から受け止める気持ちが矛盾しなくなった時にこそ、

人は人に愛されやすくなります。

自分のことを嫌いなのに、人に愛されることもあるんですが、それってちょっと怖い現実を引き寄せる可能性もあるんですよね。

長くなったので、そのお話は次回にしましょう。

それでは、今日も読んでくださってありがとうございます。

自分を変える時に勘違いしやすいこと

他人を変えるより自分を変える方が早い。

というか、他人を変えようと思った自分を変えるのが一番いいというのは、

以前のブログでもちらっと書いたのですが

これ、ちょっと勘違いしやすい考え方があって、最近、これって罠だよなあと思うことが増えたので、

今回はそれについて書いてみようかなと思います。

こんにちは。心と未来の情報を提供する、占い探偵ルドルフです。

自分を変えるために絶対に必要な条件というのがあります。

それが、他人のせいにしない事。

誰かが悪い、環境が悪い、という「他責」の状態にしてしまうと、そもそも他人を変えるのは難しいので

その人は今の状況を変えることはできない。今が不幸ならそれから脱するための手段はないって話になっちゃうんですよね。

環境を変える(転職とか)というのはひとつの手ではあるのですが、その先良くなるという保証がない。

ちょっとしたギャンブルなんですよね。それはそれで悪くはないのですが、

どうせギャンブルをするなら少しでも勝率はあげたい。

どちらにしろ、自分を自分の望む形に変えるっていうアプローチを同時並行で進めておいた方がいいわけです。

さて、ということは、他人のせいではなく自分に責任があるという「自責」の感覚を持つ必要があるんですけど

これがちょっと落とし穴なんです。

他人のせいではない→自分のせいだ、自分が悪いって考えちゃうと、ドツボにはまります。

だってそうじゃないですか? 

幸せになりたいから、自分を変えるというアプローチをしようとするその行動が悪いわけがない。

「自責」=自分を責める ではないです。

「自責」=自分に責任がある

なんです。これ、似てるようでちょっと違います。

責任、ネットで調べると二つの意味があります。

ひとつは、自分がかかわった事柄や行為から生じた結果に対して負う義務や償い。

つまり、責めです。

でももうひとつはこうです。

自分が引き受けて行わなければいけない任務。

自責の状態というのは、この後者です。

決して、自分を否定したり、自分が悪いって苦しんだりすることじゃない。

これ、伝えたいって思ったんですよね。

混同してしまうと、すごく苦しいんです。これ。

この記事を読んだ貴方に、届くと良いなと思います。

自分を変えたいと思う人へ

俺もそうです。

他人を変えるのは難しいので、もし人生を良くしたいのなら

まず自分を変える。自分が変われば他人が変わる。

こういう感覚というか、こういうメソッドって最近では市民権を得てきていて、

何かを変えたいと思ったら、まず自分を変えるというのが常識になりつつあるのかなあと思います。

こんにちは。心と未来の情報を提供する、占い探偵のルドルフです。

それ自体はすごくいいことだと思うんですよね。

冷静に考えてみてください。

貴方の考え方や行動は間違っているから、もっと人生が良くなるように変えてあげるって言われても、

なんか、嫌じゃないですか?

これはもう大前提として、基本的に、人は自分を誰かに変えてほしいとは思ってない。

というか、無意識にそれを拒んじゃうんですよね。

だってそうです。

貴方は変わる必要があるって、つまり、貴方の考え方や行動は間違ってるって否定されているわけですから。

でも、今のままじゃ幸せになれないかもしれない。

そういう危機感があって、じゃあ、自分を変えようって自発的に行動するのが、結局一番結果につながる。

さて、今回はそれを一歩進めて。

自分を変えるのに必要な前提についてお話します。

これもまあ、ひとことで言えちゃうんですけど、「他人のせいにしない」ってことです。

自分が変えられるのを無意識が拒んでしまうように、他人も、貴方に変えられるのを無意識に拒んでしまいます。

だから、他人を変えることによって状況を変えようとするのには高い壁がある。

もちろん、多かれ少なかれ誰か他人のせいで物事がうまくいかないっていうことはあります。

だけど、無意識に反発されずに自分がアプローチしやすいのはやっぱり当の自分なんですよね。

他人の所為にしてしまうと、そのアプローチしやすいところをスルーして、わざわざ変わりにくい人に向かって行動しちゃう。

勿体ないです。

まず、嘘でもいいから、大概の自分の環境は、自分に責任がある。っていう前提に立つこと。

これが、自分を変える基本なんです。

なかなか難しいですけどね。

何となく続ける習慣みたいなのがあるの好きなんですよね

この時期になると、毎朝早く起きてマラソンと化したら気持ちいいんじゃないかなあと思います。

まあ、大概三日坊主なんですけど。

というか、三日坊主ですらない。起きれない。始めすらしない。

多分、本当にやりたいことじゃないんでしょうね。

人間、何となくいいなと思っても、無意識で嫌がってると行動に移せませんから。

こんにちは。心と未来の情報を提供する、占い探偵のルドルフです。

先日ボイストレーニングに行ったことは日記にしたんですけど、その中で毎日できるちょっとしたボイトレの事を

教えてもらったんで、今日はそれについて書いてみようと思います。

簡単ですよー。

それは、「息をふっと強く吐きながら、横隔膜を引っ込める」

これだけです。横隔膜というと、あばら骨のしたくらいにあるそうな。

おなかを引っ込めながら、息を吐くってイメージでいいのかなと思います。

これを習慣づけると、息を吐く、つまり、言葉を発するときに自然と腹式呼吸になるみたいなんですよね。

それをまあ、50回くらい? 一分にも満たない時間で、腹式呼吸の習慣がつく。お得です。

声には姿勢も大事なので、

できるだけいい姿勢(それってどんなんだと思われるかもしれませんが)で息を吐くといいみたいです。

そうそう、人は仰向けになっていると自然と腹式呼吸になっているそうです。

仰向けでゆっくり空気を吸ったり(おなかが膨らむ)吐いたり(おなかがしぼむ)して

腹式呼吸のおなかの動きを確認するのもいいかもしれません。

前のブログで書いた通り、声も人の印象に大きな影響を与えますから。

容姿も心も磨くと同時に、声も磨くのもいいですよね。

人の魅力って、本当に多面的ですから、それが思わぬところで人を惹きつけたりしますしね。

感情を書き出すのっていいらしいです。

日記ってつけてたことありますか?

実は自分も何度か日記をつけようと思ったことがあったんですけど

それが毎回3か月も書いたらだんだん書かなくなってしまって。

三日坊主が何度も繰り返されている有様です。

こんにちは。心と未来の情報を提供する、占い探偵のルドルフです。

しっかりした日記帳を買うじゃないですか?

毎日毎日の日付が振られているような奴。

それってすごく好きですし、書いていくのは楽しいんですけど、

ある時、飲み会があったりして家に帰れず、日記を書くことができなくなったりすると

その日付に空白が出来ちゃうんですよね。

で、一度空白ができると途端に日記を書くのが億劫になってくる。

あれ、なんなんでしょうね?

と、それはそれとして、今日は自分の気持ちを書き出すのはどうも効果的らしいというお話です。

そもそも、感情って生まれた段階では言語化されていません。

なんだかよくわからない何かが体の中で発生しているだけなんですよね。

それを、自分の頭の中で「楽しい」とか「悲しい」とか言葉にすることによって形にする。

形になってしまえば、よくわからないモヤモヤはもう正体不明の何かだけじゃなくて

自分が理解できる何かに代わります。

書き出すってのはどうもさらにそれを一歩先に進めて、アウトプットすることで

脳内を整理することにつながるような効果があるみたいです。

さらには、書き出すことで俯瞰するような効果も生みます。

実際にそうなっているわけではないけれど、書くことで心の中にあった何かを

ノートの上に置いてきたような気持ちになる。

楽しい気持ちはわざわざそうする必要はないですけど、悲しい気持ちとかなら

置いてしまった方が楽になることもあります。

これが意外に効果的なんですよね。

出会いを迎える前にやっておいた方がいいかもしれません

恋愛、楽しんでますか?

わくわくしていたり、相手の言葉に一喜一憂したり

或いは、自分が愛されてるんだと深く自覚してみたり。

占い探偵をしていると、私にも出会いはありますか? というご相談を受けることがよくあります。

それ自体はいいことでも悪いことでもないんですけど、それを言う貴方の表情を見ていると

ふと、不安になることがあります。

こんにちは。心と未来の情報を提供する、占い探偵のルドルフです。

占いをしていると意外と多いなと感じるのが、今全然恋愛をしたいと思っていないし、

むしろ彼・彼女にひどい目にあわされてて恋愛なんてもう真っ平って思っているのに

でも、自分もいつか誰かと付き合って、結婚しないといけないと思い込んでいる方です。

そう考えていても、出会いは訪れます。適切に行動すれば、出会いを作ることもできます。

ただ、それがご本人とっていいことかどうかというと、ちょっとわかりません。

楽しくもないのに頑張って誰かと出会って、就職するみたいに誰かと付き合うのは、

個人的にはお勧めしたくないんですよね。

ですから、もしも出会いが欲しいと思ったら、その前にひとつおまじないをしていただきたいなあと

思います。

簡単なおまじないです。

スポーツ選手がイメージトレーニングをするように、誰かと出会ったらどんな楽しいことをしているんだろう?

って想像してみてほしいんです。

はい、おっけー。

それで楽しいイメージが浮かんだら、もう簡単です。

出会いってもっと簡単に訪れるし、

何より、誰かと一緒にいることが楽しくなります。

占い探偵としても、そういう出会いならどんどん応援していきたい。

運命の出会いを探す前に、自分がどうなりたいのかを想像する。

その想像が叶うような出会いのことを、本当は、運命の出会いっていうんですよね。

テクニックと聞く姿勢

ミラーリングってご存知ですか?

人とコミュニケーションをとるときのテクニックのひとつなのですが。

内容についてはまあ検索していただくとして、自分は結構これ意識することがあります。

知ってるならやった方がいいというのはこのブログでも何度も書いた通りですし、

実際、効果あるなあと思うこともしばしばです。

とはいえ、やっぱりそれだけじゃいけないんですよね。

こんにちは。心と未来の情報を提供する、占い探偵のルドルフです。

先日、ある方とお話していた時に、あ、この人と自分の仕草が似通ってるなとおもうことがありました。

だから、ミラーリングしてくれてるのかなと思って、ぶっちゃけて聞いてみたんですよね。

「ミラーリングってご存知ですか?」って

別に、そのテクニックを相手が使ってたからどうってことではないんですけど、

もし使ってたら、相手は自分に好かれたいと思ってるってことだから、いいことかなあとか

その程度の質問だったんですけど。

その方は、「あんまりそれは意識してないです」と前置きして

「僕が気にしてるのは、相手が言った言葉を一言一句再現できるくらいに聞いているか? ということです」

と仰ってたんですよね。

それ、聞いて、ちょっと恥ずかしくなりました。

テクニックばっかり気にして、俺はそういう意識なかったかもなと。

だからって、その、テクニックが悪いとは思わないですよ?

ただ、テクニックはやっぱりそういう心構えがあってこそ生きてくるんですよね。

むしろ、テクニックばかりに目が行ってしまうと、却って相手の話をうまく聞けないかもしれない。

で、極端に走ると、だからテクニックは害悪だって結論になったりするんですけど

もちろんそうじゃなくて、相手のことをよく見て、相手言葉に耳を傾けて、相手が話しやすいような態度をとる。

その三つを全部できるのが一番いいんです。

これが、態度だけうまくやれても意味がないというだけで。

ほんの些細な会話のやり取りでしたけど、ほんと勉強になりました。

自信がないって、そんなもんです。

自己肯定感という言葉があります。

自信がないとか、自信があるとか、若干ニュアンスが違うけど、

昔からよく聞く言葉です。

どうもこんにちは。

心と未来の情報を提供する、占い探偵のルドルフです。

自己肯定感って、高い方がいいと思います?

なんとなく世の中に出回っている本を読んでいると、自己肯定感を上げる! みたいなのが多い気がしています。

或いは、自信をつける! みたいなのとか。

これね、個人的には、ちょっと勘違いなんじゃないかなと思うんですよね。

自信がないこと、自己肯定感が低いことって、悪いことじゃないです。

もし問題が出てくるとしたら、自己肯定感が低いから→告白できない。とか、

自信がないから→やらない。

と、それを言い訳にしてしまうことであって、自己肯定感が低いことも、自信がないことも、

決して、貴方自身が劣っているということでも、貴方に価値がないということでもない。

単に、「そうである」というだけです。

例えば、自己肯定感が低い人は利他的になりやすいと言われています。

教師をする方は自己肯定感が低いことが多いみたいですね。占い師ももしかしたらそうかも?

自己肯定感が低いから、他人のためになにかをしようとする。

これ、悪いことでしょうか? 

自信がない、というのもそうです。

自信がないというのは、現状の自分では「その事」は手に余るかもしれないという脳のサインです。

自信がないから、それをするときに準備をする必要があると感じることができる。

誰かに助けを求めることもできるし、勉強、練習することもできる。

能力が足りないのに、自信があったら、……怖いですよ?

失敗するしかないですから。

もっとも、そこでやってみることで経験を積めるので、その次はうまくいくかもしれませんが。

さて、何が言いたいかと言いますと

本当に大事なのは、「自己肯定感が低い」「自信がない」自分を、認めてしまうことなのじゃないかなと。

許してしまうこと。開き直ってしまうこと? そんな感じです。

自己肯定感が低いというのも、自信がないというのも、使い方によっては、

ひとつの大きな武器なんですよね。

自己肯定感が低い自分はダメなんだとか考えてしまうと、勿体ないです。

タイムリーだから記事にしちゃいます。

率先して聞くほどではないんですけど、

ふとした瞬間に聞いてみようかなと思うくらいにはラジオが好きです。

なんででしょうね? ラジオ聞くの好きなんですよね。

視覚から余計な情報が入ってこないからでしょうか? 

それとも、パーソナリティさんの声がいいからかな。ちょっと理由はわからないですけど。

こんにちは。

心と未来の情報を提供する、占い探偵のルドルフです。

先日、たまたまラジオを聞いていたら、ちょうどひとつ前の日記にかかわることを言っていたので、

今回はそれについてです。

確か、「未来授業」って番組だったかな。

未来授業という番組は、どうも何かの世界の第一人者を呼んで、成功の秘訣や専門的なことを聞く番組みたいで

その時は「今、最も売れる本を作る」と言われる編集者、箕輪厚介さんという方。

箕輪さんが仰っていたのが、まさに「やる」ということだったんですよね。

最初はへたくそでもつたなくても全然かまわない。やっていくうちにブラッシュアップされていくし、

そもそもやりたいと言っているだけで動かなかったら、やらなかった時間が積み重なっていくだけ。

言われてみればすごく納得です。

とはいえ、失敗するのを見られるのは恥ずかしいし、三日坊主って駄目だって言われるから、

なんだかちょっとだけ始めるのってかっこ悪いって気がしますよね。

実は俺もそうです。

このブログだって、定期的に書こうって思い立ったものの、続かなかったらどうしよう? って

なんだか不安になったりしますから。

で、思うんですけど、続かなかったら続かなかったでそれでいいと思うんです。

やったけど、続かなかった。という方が、なにもしなかった。よりもずっといいのかなって。

もちろん、気が乗らないことまでやる必要はないですけど。

そうやってちょっとずつ何か新しいことに挑戦しては飽きてって繰り返すだけでも、

案外人って進歩したりしてるものだと思います。

多分、全力でやった方が実入りは大きいんでしょうけど。

「本気でやった場合に限るよ」「本気の失敗には価値がある」って宇宙兄弟でも言ってましたし。

でも、本気って難しいじゃないですか?

だから、まずは気軽に何でもやってみたらいいんじゃないかなと、占い探偵としてはそう思うんですよね。