上野

一期一会の観劇がめっきり趣味になりつつあります。

こんにちは、ルドルフです。
上野店のすぐそばに、ストアハウスさんという劇場があるのですが、最近、そちらで行われる劇を観るのが趣味のようになっています。
毎週、占い館に立つたびに次の劇団さんと公演内容を確認するのが秘かな楽しみなんですよね。
劇団四季や宝塚のような大きな劇場ではありませんが、観劇してみると小劇場小劇団なんて関係ないって思わされます。
どれも本当に面白いんですよね。
それでついつい次の週の別の劇団さんも観たくなってしまったり。

きっかけは、劇団Birthさんの「オルゴール」という舞台でした。

(ポスターを写メしたものです)
大人になっても続く友情や絆をテーマにした舞台で、劇場の広さもあって他のお客さんのすすり泣きの音や、役者さんの息遣いがとてもリアルで、一発ではまってしまったんですよね。
聞けば、こちらの劇は少し改変して中学高校で上演する予定があるとのこと(もうやったのかな?)、納得のテーマですし、それも見てみたいなあ……。中高生じゃないのが残念です。

次に見たのが、劇団シアタースカイさんの「鬼姫」

こちらは殺陣が本当にすごかったです。時代劇を舞台でやるのってすごく難しいと思うんですけど、全然違和感なかったです。
幕が上がるのと同時にプロジェクションマッピングで解説が入るのがまたかっこよくて、否応なく期待が膨らんでしまいます。
ストーリーも王道の復讐ものと見せかけて、最後に独白されるヒロイン鬼姫の心情がまた……そう来たかあと唸ってしまいました。
……ちょっとルパン三世を思い出してしまったのは、共通点あるのかないのか、難しいところです。

そして、一番直近、最後に見たのがナナシノ()さんの「一時間後の、僕。」(一僕と略すそうです)

こちらは、アナウンサー、とりわけ実況アナウンサーをテーマに取り上げた群像劇です。
入り組んだ仕掛けがされた舞台で、一度見ただけではわからないところが多く、それでもとにかく面白くて、その日のうちにもう一度見に行ってしまいした。
アナウンサーの劇なので、素人が見ても難しいセリフや表現、長セリフなども多くて、でもそのシーンがいちいち印象的なんですよね。
特に好きなのが、出だしの演出。
開演前から舞台の上で思い思いくつろいでいた役者さんが、「本番始まります」の掛け声とともに歌いだすのですが、もうそこからの一連の演出が圧巻でした。このオープニングはDVDで何度も見返したいと思いました。

どの劇を思い出してもちょっとにやにやしてしまいます。
占い探偵ルドルフとしては、こんなに面白いことがまだまだ沢山あるんだなということ知らなかったというのが、なんとも不甲斐ないです。

小劇場での舞台でもそうですけど、ちょっと勇気を出して踏み込んでみると意外な発見や面白いことって、まだまだ沢山あるみたいです。
そういうアンテナもっと広げていきたいところです。

そうそう、これだけ楽しく語ってしまったのに、この劇たち、実はもう千秋楽を迎えてしまっています。
小さい劇場での劇は公演回数があまり多くなくて、一週間で見られなくなってしまうのも沢山あるんですよね。
それこそ本当に一期一会。
もう一度観たいなと思うんですけど、すぐにはそれは叶いそうにない。
だから、この楽しかった観劇の思い出を、何度も何度も反芻してしまうんですね。

写真もないのにお花見の話

こんにちは。
占い師のルドルフです。

先日、お店の近くの上野公園のお花見に行ってきました。
お花見といっても、気の合う仲間と夜桜を見ながらお酒を飲んでいたわけではなくて、
実はお花見をしている方々を占いに行っていたんですけど
皆さん喜んでいただけてとてもよかったです。
時間を計っているわけではないので、楽しそうにされているとついついこっちまで長々とお話ししてしまったりして、
なんとも得難い経験をさせていただきました。
占わせていただいた方皆様が、この新年度を良いスタートをきれるよう、心から応援しております。
そのお役に立てたなら本当に幸いです。

それにしても、実は宴会している方に自分から声をかけて占いをしようだなんて、
これまで考えたことがなかったから最初は本当にドキドキしました。
これはちょっと違うのかもしれませんが、行楽地でナンパなどをされる方って本当にすごいなと、あらぬところに感心してしまったり。
冗談とか、揶揄ではなくて、そうやって他人にぶつかっていけるのは強いなあと思ったわけです。
私はそういう風には生きては来なかったので、その強さは羨ましいし、見習いたいなと。
人生、いろいろなことをしてみるもんですね。

……で、実はもう緊張しっぱなしで、桜の写真も撮ってなかったんですよね。
ほんと、見習わなくてはいけません。

占い探偵ルドルフ

友人が誕生日のお祝いにと書いてくれました。
本当にありがたいです。
この気持ちを、こう……なんだろう? わくわくするような、ありがたいっていう気持ちのような、とにかくいろいろな暖かい気持ちがないまぜになった気持ちをうまく言葉にできなくて、ちょっと困っています。
贅沢な悩み事ですよね。

さて、今日は「二兎を追うもの、一兎をも得ず」について書いてみたいと思います。
あるいは、「真実はいつもひとつ」とか?

実は、先日、占い館に来る途中ちょっと気になる親子連れを見つけたんですよね
お母さんが、男の子に「ダメだよ、二兎を追うもの一兎をも得ずだからね」と言い聞かせていて、
正直、あまりそういう風に言葉に出して言うのは珍しいなあと思ったのを覚えています。
どんな会話の拍子にその言葉が出てきたんでしょうか、ちょっとわからないんですけどこの言葉、どう思いますか?

今更この諺の説明も必要ないでしょうが、別の方向に逃げる二羽のウサギを両方とも追ってしまったら、結局、どちらも手に入らない。
転じて、欲を出して同時に二つのことをやろうとすると、結局どっちも失敗するという諺です。
これは確かに、説得力のある諺ですよね。
そうなんだろうなって、私も思います。

でも、どうでしょう?
何かひとつのことに集中してしまうって、すごい力を発揮しますが、同時にとても危険ことでもあります。
だって、その時、その人には、それしかないんですよ?
もしも、結局それでウサギを捕まえられなかったら?
ウサギを捕ることだけに集中してしまった人は、それからどうしたらいいのでしょう?
……その経験を生かして、またウサギを捕まえに行ければいいんですけど……。

何かに集中しているということは、それだけそのことに依存しているということでもあります。
だからそれがダメになってしまうと、途端に人は不安になってしまう。
自分には何もないと感じてしまう。
実は、不安に対処するわかりやすい方法のひとつは、依存するものをできるだけ多く事なんです。
足場がひとつだと、それが崩れたらその人はもう倒れるしかありません。
ですが、それが二つだったら? 三つだったら? どれか一つが崩れても、まだ残りの足場に立っていられます

だから、私はこう思います。
いいんです、二兎でも三兎でも追えば。
二兎だろうが三兎だろうが、ちゃんと追えば、それには意味があります。それは絶対です。言いきっちゃいましょう。
(もともと、二兎を追うもの一兎をも得ずって、二兎を追った結果どちらも疎かにしちゃうからなんですよね)

だから「何か目標を見つけたら、それだけしかやってはいけない」なんて、思い込まなくていい。

集中すればうまくいく人もいます。
でも、沢山のことに手を出して、失敗してきたから、新しい何かを見つける人もいる。

こうじゃなきゃいけない生き方、なんて、世の中にはないんです。

さて、私もまた年を経たことですし、二兎でも三兎でも、好きな数の兎を追いましょうか。

その座席の価値を僕はまだ知らない


上野店のすぐ近くの小劇場「上野ストアハウス」さんのところで観劇をするのが専らの趣味になりつつあります。
どうもこんばんは。ルドルフです。
公演回数の少ない小劇場で行われる演劇には一期一会の趣があって、
今この瞬間じゃないとこれは見られなかったなと思うと、ちょっと値が張ってもつい見たくなってしまうんですよね。
まあ、これも縁です。
占い館のすぐ近くに小劇場があったのが運の尽きというか、運が良かったというか。

さて、今回はずいぶん前にあったちょっと印象に残ってるエピソードです。
いつのころでしたっけ?
聞かれてもわからないと思いますが。
もうずいぶん前のこと、電車で自宅に帰る途中、優先席の前に吊革につかまってぼーっとしていたら、
目の前の優先席に座っていたおじいさんに声をかけられました。
シュッとした体形の、なんだかダンディなおじいさんだったのを覚えています。
間もなく到着する駅の名前を告げるアナウンスが社内に鳴り響く中、おじいさんははっきりと私に向かって、
「どうぞ」
と、立ちあがり、私に席を譲ろうとしたのです。
戸惑う私に、そのおじいさんは、
「もう私は降りますから」
そうは言っても、そこは優先席です。
座っていいものなのか、周りの目も気になってまごまごしていると、そのおじいさんは
「(次に座る人も)空いている席に座るより、貴方に譲ってもらった方が嬉しいでしょう?」
そう言って、にっこりと笑いました。
いや、もうほんと。
そんな席の譲り方もあるのか!? と、その時は衝撃でした。軽いパニックにもなりました。
目の前のおじいさんは紳士すぎるし、そんなこと言われて座らないわけにもいかないし、
私はうまく席を譲ることができるのだろうか? なんて、よくわからない緊張感に包まれるし。
程なくして、電車は駅に着き、そのおじいさんは降りていきました。
私はというと、最初は何とか座っていたものの、恥ずかしいやら緊張やらで、
ものの数分とそこに座っていることができず、結局、車両を変えました。
後であの席に座った人は、その席でそんな葛藤があったことなんて知る由もありませんね。

あの電車での出来事、これからもきっと事あるごとに思い出すんでしょうけど、
私はそれをどう消化すればいいのか、いまだによくわかりません。
今日はただそれだけのお話です。

それは誰に宛てられた言葉なのか

インターネットで調べてみても全然そんな逸話が出てこない。
おそらく間違ったまま覚えてしまったのだろうエピソードなのですが、
何故だかとても腑に落ちてしまって、間違えたまま私の中で教訓になっている諺があります。

『初心、忘れるべからず』

一般的に「何か物事を始めたときの新鮮な気持ちを忘れないように」」
みたいな意味で覚えられているこの言葉ですが、実はその意味も違うようなんですよね。
初心ってなんなのか?
調べてみると、面白いです。

でも、実は今日の本題はそこでもなくて。
誰もが知っている、この『初心、忘れるべからず』
それは、誰に、どうやって宛てられた言葉なのか? というところにあります。
本当に、どこで聞いたのか、なんでそんな風に覚えているのかよくわからないエピソードなので、
眉唾だと思って聞いてください。

私の記憶の中のエピソードでは、この諺は大事な大事な口伝でした。
ある世界で、ひとつの物事を必死になって極めた人が、免許を皆伝するときに、師匠にそっと教えてもらう言葉だったのです。
「お前はここまで成長した、だから、お前だけに私が師匠から教わった大切な言葉を伝えよう。
お前も、弟子を育てたとき、この言葉を口伝として必ず後世に伝え、絶やすんじゃないぞ」
そうやって、師匠が勿体をつけて(言葉が悪いですが)その人だけに特別に教えてくれる言葉、
それが、「初心、忘れるべからず」だったんです。
だから、その言葉を受け継いだ人は、誰よりも「初心、忘れるべからず」という教えを大切にしたのだそうです。
それもそうですよね、その言葉は、その人だけに与えられた、重要な口伝だったのですから。

どこで聞いたのかもわからない、でもすごく印象に残ってるこの物語、もう私の頭の中でこねくり回された創作なのかもしれません。
でも、私はどうもこの物語がとても気に入っていて、間違っているかもしれないと思いつつ、捨て去ることができないんですよね。

「初心、忘れるべからず」
誰もが知っている言葉ですし、いい言葉だよなと思うこともあるかと思います。
ただ、この物語の「その人」のように、その言葉を受け止めることができているかというと、私はそうできていません。
だから、思うんですよね。

もしも、世の中にありふれた当たり前の言葉を、自分のためだけに与えられた言葉だと信じることができたら。
それって、ものすごく強い力になると思いませんか?

だから、ちょっとだけ気にしてみてください。
もしも、自分がいい言葉に出会ったなら
「これは、私だけに与えられた言葉なんだ」って、「その人」みたいに、信じてみてください。
その言葉は、貴方にずっと寄り添ってくれます。

実は、このブログも、そんな貴方のために書かれたものなんです。

……信じてもらえますかね?