嫉妬よこんにちは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
さくらです🌸

恋をすると…
もれなく着いてくる
要らないおまけがあります。

それは

嫉妬

です。

嫉妬は軽度なら恋のスパイスになりますが、
一日ずっとそのことで心が占めてしまったり、日常生活にも影響するようになると、二人の関係を悪化させ、やがて恋は終焉の階段を上り始めます。

嫉妬している時の顔は笑顔の時より歪んでますし、心も卑屈になったり猜疑心で一杯になっています。
人の感情は相手に伝わるものですから、相手に伝わり息苦しい関係に徐々に変わっていきます。
そして普段の何気ない相手の言葉や行動に要らぬ妄想が勝手に膨れあがり、膨れあがった妄想を抑えきれずに、怒りを相手にぶつけてしまいたい衝動に駆られることも出てきます。

本当は好きなのに
大切な存在なのに

嫉妬

が芽生えてしまうと
その大切な感情も簡単に霞んでしまう恐ろしい感情です。

嫉妬深い自分を変えるにするにはどうすればいいのでしょうか。

どうしても抑えられないなら、嫉妬の感情を相手に思いっきりぶつけてみてください。
不満、怒り、欲望など全てぶつけて自分の心の中にある負の感情をすっきり吐き出してしまうのです。
負の感情を受け取った相手は怒り、悲しみ、傷付きますが仕方ありません。
だって私(自分)を悲しませるようなことをしたのだから。
謝って反省してくれればいい。

なので、今までの関係が一気に崩れてしまうリスク、いや覚悟をしてから行ってください。
別れる覚悟があるなら、それもいいと思います。あなたの本気の覚悟で相手が変わる可能性もありますから。
ただその確率は非常に低いですが。

そんなこと出来ない……
と言う方は(こちらが大半です)

取り敢えず早く帰って寝て下さい(笑)
嫉妬で疲れ切ったご自分を労ってあげてください。
「こんなに疲れ切ってかわいそうに」
と言い聞かせながら眠りに就いてもいいと思います。

冗談言わないで!と思うかもしれませんが、
寝るという行為は、実は外部からの情報をシャットアウトすることで自分を守ることになります。
嫉妬で視野が狭くなり、優しさを失った心をリセットするためにも寝ることは効果的です。

次の朝には少しだけ心がスッキリしているでしょう。
そう、少しだけ、です。

そして日中はなるべく自分が好きなこと、興味があることをして下さい。
仕事しているから無理!という方は黙々と仕事を片付けて早く帰ることを目指しましょう。仕事が終わってから好きなことをすればいいのです。

彼(彼女)に連絡したくても、
嫉妬の感情で心が一杯なら止めておきましょう。
反対に相手から連絡が来たら、
相手を思い遣るシンプルな言葉で返しましょう。

夜が深まれば深まるほど
嫉妬の気持ちがさらに色濃くなり
妄想があなたを苦しめます。

なのでその日も早く寝て下さい。

気が済むまで続けていくうちに、
少しずつ心が冷静になり、嫉妬して苦しんでいるのが馬鹿らしくなります。

でも、
夜になると深い闇で心が暗くなり、嫉妬の感情で心が窒息して息が出来ない日が何日も続くようなら、
タロットであなたの心の中を見てみませんか?

こんなに苦しんでいるあなたをもう一人の自分が冷静に見つめています。

タロットはあなたの潜在意識と繋がっていているので、あなたに何をするべきか、何が最良なのか教えてくれるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*