こころを写す感情線

こんにちは。

手相シリーズの続き、

今日は感情線についてお話ししたいと思います。

 

まず、感情線というのは、掌の小指側から出発し、

人さし指側に向かって伸びる線のことです。

 

この線があらわすのは、

感情の現れ方、

異性に対するときの状況

その人の性格――など。

 

そんな感情線なのですが、

私の身内に起きた「事件」をご紹介したいと思います。

 

16歳、花も恥じらうお年頃の女子が身内におります。

ある日、その女子とランチを共にしました。

デザートも終わり、何気なくその子の手を見た私は

思わずの「二度見」です。

両手とも、感情線が見事に鎖状を呈しているではありませんか、

「あら~」私は言いました。「好きな男子でも現れたかな?」

16歳は心なしかポッと頬を染め、

「ううん」と首を振りました。

否定したつもりだったのでしょうが、

私の目はごまかせません。

感情線の動きはこころの動き、

思春期の、特に女性の感情線は実に見事に

ころころと変わります。

なので、彼女の手に起きた変化も、

特別視するほどのことではないのかもしれません。

が、

始点から終点まで、完璧な鎖状! 両手共に!

私はその線の経過をたどることにしました。

 

一週間後、彼女の掌の感情線は元に戻っていました。

美しくカーブを描き、人さし指へ向かう一本の線となっています。

この一週間、彼女の心に起きた変化を思いました。

“憧れ”、“初恋?”、“失望?”“諦め?”

猫の目のように変わる自分の感情に戸惑い、なかば

持て余してしまったのかもしれません。

 

いずれにしてもこの「事件」は

改めて私に感情線の何たるかを教えてくれたように思います。

 

感情は、なかなか自分の思い通りにはなりませんね。

人を好きになったり、嫌いになったり、

怒ったり悲しんだり、落ち込んだり。

 

思い通りにならないからこそ、素晴らしい。

そこに感動も生まれます。

感情線が教えてくれるのは、

その人が本来持っている感性と愛情の表し方です。

よいものは活かし、失敗や挫折につながりそうなときには

避ける。

その方法を考えていくことも大切ですね。

 

自由が丘、円形の鑑定テーブルでお会いしましょう!(@^^)/~~~」

 

 

 

 

 

 

今を生きる(^^♪

こんにちは

 

雨がしとしと降る梅雨のころ

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、前回、

掌の中の宇宙についてお話をいたしました。

掌の中の丘と線、

それらが語り掛けてくる過去、現在、未来。

 

この、過去、現在、未来については

手相だけではなく、

タロットカードでも、カードを

過去、現在、近未来、と置いていきます。

「なぜ過去を観るの?」

「大切なのはこれからのことなのに?」

「過去を観てなんの意味があるの?」

こんな風に思ったこと、ありませんか?

私にはあります。

 

ずっと以前ですが、

私がまだ占い師ではなかった頃、

手相に興味を抱き、専門学校の門を叩きました。

そのとき訪れた学校で、講師を務める方に

私の過去を端的に指摘され、びっくりしました。

と同時に、少し不愉快な思いもあったのです。

それは私にとって忘れてしまいたい『過去』であり、

複数の人たちの前で言われたことにも反感を抱きました。

「過去を指摘してなんの意味があるの?」

心の中で思いました。

 

講師の方は、私の胸中を読んだのか、こう言いました。

「過去があり、今があるのです」

 

「意味はこれからご自身で学んでください」

 

それからずっと学び続け、今に至っています。

未だ答えは得ていないように思いますが、

 

占い師としてご相談者の前で手の線を読み、

カードを展開していく中、

思うのは

「過去は未来のための教え」。

 

パソコンのデリートキーのように、

過去の消し去りたい部分を一瞬で消すことができるなら

どんなに良いでしょうか?

しかし

 

過去における失敗や挫折は、

それを再び繰り返すことのないように、

掌に刻まれ、タロットで「過去」の位置に出てくる

――教え。

 

反省が終わったら、徐々に忘れていく努力も必要ですね。

 

ひとつ一つの出会い、

一瞬一瞬を大切に!

と願っています。

自由が丘、

円形テーブルでお会いしましょう(@^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

手相の話☀太陽丘と太陽線

この大宇宙の中、

唯一無二の小宇宙(ミクロコスモス)である私たち。

その、私たち一人ひとりの掌の中に

またひとつの宇宙があります。

 

両手を広げてみてください。

あなたの掌のなかに、

あなただけの宇宙が広がっています。

 

その宇宙の中には

平原が広がり、丘があり、

そこを走る線があります。

 

鑑定の現場で、

私がまず目をやるのが

平原と丘です。

特に丘は、

豊かなふくらみを持った状態がベストですが、

「飢餓状態」とでも言うのでしょうか、

潤いを失い、乾き、ひびが入りそうな丘もあります。

豊かな丘には命が宿り、新たな可能性が生まれますが、

乾きひび割れた丘には、新たなものを生み出す力がありません。

 

さて、鑑定の現場では、こんな質問を投げかけられます。

「大金持ちになれますか?」

「出世できますか?」

これは主に男性から。

 

そして、

「結婚できますか?」

「幸せになれますか?」

こちらは主に女性からです。

 

そんな時、目の前に広げられた手の中、

それぞれの丘を観察します。

特に、

大金持ちになりたい、出世をしたい、

幸せな結婚をしたい

そう訴える人にいちばん大切な丘が

薬指の下にある『太陽丘』です。

 

『太陽丘』は、その人の人生における「めでたきこと」、「願望成就」「成功」

の度合いを表し、この丘を縦に走る線を『太陽線』と言います。

なので、両手薬指の下あたりが豊かに盛り上がり、

その場所を目指して下から昇る線が見えれば

「成功」はすぐ目の前に……と言っても過言ではないでしょう。

 

もちろん、「成功」や「願望成就」に限らずすべての事柄において言えることですが

手相鑑定においてはひとつの丘、ひとつの線だけを見て判断することはなく、

他の線や丘、つまり掌全体を見て判断をしていくことが最も重要なことです。

 

しかし!

太陽丘が豊かに発達し、見事に太陽線が昇る手には

大抵美しい運命線と力強い生命線が存在し、掌全体から「成功者」のオーラが漂ってくるのも現実です。

 

☆またごく稀に、この太陽丘に星型が形成される、あるいは形成されようとしている手を見ます。

これは「願望成就」「大成功」を表し、

こんな手を見ることが出来た日には、必ず私にも「小確幸」

つまり小さいけれど確かな幸せが訪れます。

幸せのおすそ分け、ですね☻

 

あなたの掌に広がる「宇宙」

ときどき見つめてみませんか?

 

 

今日はこの辺にしたいと思います。

自由が丘店、

円形テーブルの上でお話ししましょう(@^^)/~~~

 

 

 

 

💛こころ

紫陽花の季節になりました。

緑の葉に乗った丸い水滴が

こころを和ませてくれますね(^▽^)/

 

私事ですが、

先日、ちょっとした病をお医者様から指摘されました。

命に係わるようなものではないのですが

やっかい者であることは確かです。

 

「う~ん」

私は両ひざに置いた手に力をこめ、唸りました。

「どうかしましたか?」

ドクターは私の顔を覗き込みます。

「いえ」私は首を振り、大丈夫ですと答えました。

異変は、数か月前から私の手相の中に見えていたこと。

― やはり―との思いもありました。

 

上手に付き合っていけば心配はいらないし、日常生活にも影響はない、とのこと。

 

それでも

お薬を飲み続けなければならないこと、

車の運転ができなくなること、

それと、

占い師として、鑑定の現場に立ち続けられるのか?という思い。

少しばかり心が揺れました。

 

「占い師は心身ともに健康であれ」

師の言葉が蘇ります。

健康とは言えない体で鑑定ができるのか?

自問自答を繰り返しました。

 

話は急に逸れますが、以前韓国ドラマにはまっていた頃、

「ケンチャナ」という言葉をよく耳にしました。

「大丈夫よ!」

「気にしない!」

そんな意味です。

韓流仲間の友人たちとは、普段の会話の中で使ったりしたものですが。

 

「ケンチャナ」

大丈夫、やっていこう

そう思うのにさほど時間は掛からなかったように思います。

体は「健康」から少し離れても、「健康に近い状態」を保つことは出来るし、

心はOK👌!大丈夫なのですから。

 

星川玲、これからもやっていこうと思います。

今回の「ちょっとした病」を糧に

なお豊かで懐の深い心を持ち、

鑑定のテーブルに着きたいと願っています。

皆さま、今後ともよろしくお願いいたします(@^^)/~~~

 

★星川玲からのお知らせ

6月より自由が丘店の出演回数が増えます。

☆毎週日曜日(6月3日より)

☆毎週水曜日(従来どおり)

※一年間、レギュラーとして出演させていただきました横浜伊勢佐木町店は、降板させていただきました。

伊勢佐木町店にてご縁をいただきました皆様、まことにありがとうございました。

機会があれば自由が丘店へもお運びください(@^^)/~~~

 

苦手と感じる人

こんにちは

 

星川玲です。

 

5月も中盤に差し掛かりましたね。

いかがお過ごしですか?

 

5月は新緑と五月晴れの季節。

花の終わった木々は緑の葉が美しく、

吹く風は爽やかで何かの始まりを告げるかのように感じられます。

 

しかし、

『5月病』がひたひたと蔓延するのもこの季節。

 

新社会人をはじめ、転勤や異動で新たな環境におかれた人々が、

その環境に馴染むことができず、悩み、

次第にストレスを貯めていく―

それが所謂『5月病』ですね。

 

これまでの鑑定経験から、

このような場合、「環境」とは=(イコール)「人間関係」であることが多く、

新しい上司が苦手

部下が苦手

同僚の中に苦手な人が……

そのような悩みを訴える方が殆どです。

 

では、そんなときはどうしたら良いのでしょうか?

 

対処法❢

  1. 苦手だと思う人とは、意識して距離を置いてみる、

(少し距離を置くことで、見える景色も変わってくるかもしれません)

2 自分が原因ではないかと考えてみる(人を苦手だと感じるのは、その人の個性に順応できない自分に

原因があるのでは?と考えてみる)

3 苦手な人を作らない

 

(⌒∇⌒)

続きは鑑定テーブルで!

 

いつもどおり、

水曜日は自由が丘店、

金曜日は伊勢佐木町で

お待ちしています!

 

☂雨の水曜日/自由が丘

こんにちは

絶え間なく流れる時を越え、
“超”久しぶりのブログ更新です(*ノωノ)

出会いと別れの季節も一段落したのでしょうか、
引越のトラックを見ることも少なくなってきました。

新入社員として新たなスタートを切った人や、
新しい家族との生活を始めた人、
独りで暮らすようになった人
いかがお過ごしですか?

そろそろお疲れが出るころかもしれませんね。

さて、私、星川玲が毎週水曜日に自由が丘店へ出演するようなって間もなく1年、
☂雨の日が多いような気がしていましたが、
明日、4月25日も天気予報はやはり☂雨☂(:_;)

雨の中、傘を濡らしご来店下さるお客さまにはいつも申し訳ない思いです。

しかし!
☂雨の自由が丘もまた、素敵です(決して負け惜しみではなく!)
空気中の汚れや塵はきれいに洗い流され、
その中を歩く駅前商店街はまた違った趣があるのでは?

☂雨の水曜日にご来店くださるお客様のため、🎁雨の日ポイント🎁パワーストーン浄化
など、プレゼントをご用意しております。

💛鑑定テーブルでお会いしましょう!

💛春を待つ

こんにちは

星川玲です。

 

Blogの更新をしないでいる間に

季節は秋から冬へと移り変わりました。

明日(1/22)は関東も大雪、との予報もあり、

思わずブルブルッと震えてしまいますね。

 

しかし!

『三寒四温』です。

寒い日が3日も続くと

そのあとに暖かい日が4日続き、

そうこうしているうちに

やがて春の足音が近づいてくる――

 

伊勢佐木町店は通りに面していて、外がよく見えます。

コートの襟を立て、足早に通り過ぎる人もいれば、

大きな声で話しながら行く人もいます。

まるで哲学者のようにうつむき加減、ゆっくりと歩く人も。

 

開店前の数分間、

私は準備の整ったテーブルに座り、

そんな外の光景を

眺めます。

 

やがて来る春のお話をしましょう!

伊勢佐木町店はふくろうの絵の下で、

自由が丘店は円形のテラス席で

お待ちしています。

 

 

★出演日のお知らせ

☆伊勢佐木町店:毎週金曜日(変更なし)

日曜日は時折臨時出演いたします。

☆自由が丘店:毎週水曜日(変更なし)

※1月24日のみ、13時からの出演となります。

 

 

★朝割&親子で手相

こんにちは

七五三の季節となり、
晴れ着姿の親子連れの姿が見かけられるようになりましたね。

さて、わたくし星川玲は
11月5日より、従来の金曜日に加え日曜日にも伊勢佐木町店に出演しております。
そこで、【日曜伊勢佐木】を中心に特別鑑定メニューをご用意いたしました。

発表!
特別メニューその①
💎朝割
11時~12時までのお得なメニュー
★伊勢佐木町店毎週日曜日★自由が丘店毎週水曜日
両店舗とも11時から鑑定開始
毎回1名様、あるいは1組様限定。
総合鑑定60分
通常料金9000円→6000円(3000円もお得!)
要予約

特別メニューその②
💎親子で手相
★伊勢佐木町店毎週日曜日 13時~17時まで
対象:小学校1年生以上のお子様とそのお父様、あるいはお母様
お子様を中心に、お二人の手相を鑑定します。
手相鑑定30分(お二人分)
通常料金4500円→3000円
要予約

皆さま、是非ご利用くださいね!

✨掌の中の宇宙

こんにちは

今日は気持ちよく晴れた土曜日です。
青空には鰯雲
庭でくるくると舞う落ち葉が、やがて来る季節を知らせています。

❤さて、今日は、少し手相の話をしてみたいと思います。
あまり古い話をすると、トシがばれてしまいますが
(とっくにバレてる?)

手相の勉強を始め、早くも20年以上の歳月が流れました。
それでも、鑑定の現場では日々新しい発見、驚き、感動などなど……。
そのたび私は
「ああ……」
「う~ん」
「ぎょぎょぎょ」
など、奇声を発するのだとか……。
(ごめんなさい🙇 でも、私が奇声を発するのはだいたいにおいて嬉しい時なので)

❤先日のことです。
自由が丘店の鑑定ルームに二人連れの女子学生が来てくださいました。

自由が丘店の鑑定ルームは完全個室。
友人同志であれば、同席して二人いっしょに、あるいは一人ひとり順番に、という
選択ができるのですが、
このお二人は後者を選びました。
つまり、一人ひとり順番に鑑定。時間は10分ずつ、というご希望です。

❤一人が終わり、二番目の女性が部屋に入ってきました。
彼女が目の前で両手を広げた途端、私は妙な感覚に捉われたのです。
時計の針が10数分前に巻き戻ったような感覚。

いちど眼を閉じ、再び目の前に広がる「宇宙」に全神経を集中させました。
「う~」
どうやら私は唸ったらしいのです。
目の前の女性が「くすっ」と笑います。
「あ、ごめんなさい」
謝り、全体像をお話ししているうちに、時間経過を知らせるタイマーが鳴り、終了。
部屋の外で待っていた一人目の女性が
「どうだった?」と入ってきます。

二人が同じ専門学校に通い、同じ道を目指している友人同志だということは、
雑談の中で知りました。
――ああ、なるほどね—―
それにしても良く似ていること――
心の中で頷きます。
(外見じゃありません。見た目は全く違うタイプ)

「さようなら、また……」ドアの前で二人を見送ります。
鑑定テーブルに戻った私は、思わず声を上げそうになりました。
少し前に「さようなら」と見送った二人、
鑑定票に書かれた誕生日が同じなのです。

10数分のタイムスリップ感覚の謎が解けたように思いました。
もちろん、緒線、丘、さらには手の大小も違いはありましたが、
「ファースト・インプレッション」は同じ!

❤誕生日を一にし、同じ道を目指す人
その人の手に刻まれるものは?

手相の勉強、たぶん一生かけても終わることはないのだろうな、と
改めて思い知った、自由が丘での出来事でした。

✪星川玲からのお知らせ
11月から、伊勢佐木町店の出演回数が増えます。
横浜伊勢佐木町店:毎週💎金曜日&💎日曜日
自由が丘店は変更なし。毎週💎水曜日出演です。
皆さま、よろしくお願いいたします。
(@^^)/~~~

♥折れないこころ

先日、電車の中で
こんな会話を耳にしました。

「心が折れちゃって……」
「うん、私も。ポキッと折れた」

うら若き女性二人。彼女たちは私の前に立ち、
吊革につかまっています。
お互い、顔を合わせることもなく、
力のない視線を窓の外へ向けています。
――何があったのかなぁ――
私は座席で目を閉じます。

「もうイヤだ」
「私も。もうイヤ」

薄目を開けて見れば、一人は紺色のスーツ、
もう一人も似たようなパンツ・スーツ。

就活の悩み? それとも職場内でのもめ事?
会話は弾むことなく断片的、
ため息交じりのぼそぼそとしたつぶやきだけが聞こえてきます。
私の降りる駅が近づいてきました。
「すみません」
道をあけてもらいます。

心が折れた
ぽきっと折れた
もうイヤ

話せる相手がいるって、幸せです。
こころ折れて、誰にも話すことができず、一人でそれを抱えていくって、
けっこうキツイじゃないですか?
そんなことを考えながらホームを歩きました。

♥「百折不撓」(ひゃくせつふとう)♥

将棋扇子 八段 木村一基 「百折不撓」

☗将棋棋士木村一基八段の書です。
以前、千駄ヶ谷の将棋会館で開かれたイベントで、
木村八段が白扇に揮毫される姿を目にしました。
いつも、ユーモラスなトークでイベントを盛り上げて下さる方ですが、
筆を持つ表情は対局時と同じ。真剣そのもの。
ちょっぴり薄い頭部(失礼!)に汗を浮かべておられたことを思い出します。

「百折不撓」
何度失敗しても、
負けても負けても
こころざしを曲げない

木村八段といえば、タイトル挑戦6回! 獲得ゼロ。
将棋のタイトル戦は、挑戦者となることだけでもえらくタイヘンなのです。
その大変な道を通り抜け、6度も挑戦権を獲得したのですから
けっこう凄い!
しかし、その6度とも獲得は成らず――
心—どれだけ折れたでしょうか。
しかし彼は
♥またがんばる♥
と、次の対局に向かうのです。

「百折不撓」
電車の中の二人に、
そして、すべての一生懸命なひとへ
この言葉を贈ります。