【君の名は。】から見る運命の人との出会い方💓

これからどんどん運気が良くなっていくあなたへ音譜

 
今更ですが、先日ようやく天気の子を観てきました流れ星
 
 
君の名は。が私の人生史上最高に良すぎて、中々次の作品を観る気にもなれなかったのですが…
 
でも、やっぱり気になって照れ
 
 
そして、両方を観た結果、これはツインソウルとソウルメイトの違いだななんて思いましてひらめき電球
 
その違いについて、私的な考察を書いてみたいと思います。
 
 
先ず、【君の名は。】

新海誠監督は、「この作品を通して、運命の人はいるんだよって事を伝えたかった」と仰っていました。
 
これは、運命の人の中でも、完全にツインソウルですねラブラブ
 
ツインソウルは、元々1つの魂が、この世での使命を果たす為に2人に別れて生まれてきた状態。
 
 
2人の魂が入れ替わっちゃうとか、ツインソウルだから起こる事なのではと。
 
欠けた自分の一部を、ずっと探していた感覚とか。
 
めっちゃロマンチックですね乙女のトキメキ
 
そして、2人が出会う事で、大きな使命を全うする事が出来ると言う部分も、映画のストーリー通りです。
 
 
では、実際どうしたら運命の人に出会えるのでしょうか?✨
 
 
この物語はパラレルワールドが舞台背景として描かれていますが、
 
実際のツインソウルとの出会いも、こんな風なのかなぁ〜とか恋の矢
 
 
 
2人が出会う世界と、出会わない世界が、宇宙には同時に可能性として存在しています。
 
そして、2人がお互いを想う気持ち(まだ会ったこともないけど、心のどこかで求める気持ち)が、
 
お互いが存在する宇宙を引き寄せあうのです。
 
 
これは、最新の宇宙物理学で唱えられている、重力子(グラビトン)の話です。
 
グラビトン(これは人の想いの力にもある重力)だけが、次元を超えてパラレルワールドを行き来出来ます。
 
グラビトニクス理論を構築された関英男博士は、
 
グラビトンは精神と物質の鎹(かすがい)だと仰っていて、
 
引き寄せの法則や、祈りの力などもこの理論だとすればかなり納得びっくり
 
 
話が脱線しましたがあせる
 
運命の人に出会いたいなら、想いの力で運命の人と出会う宇宙を引き寄せようビックリマークって事ですね流れ星
 
 
映画でも、意識の周波数がちょっと違っただけでも相手の名前すら思い出せなくなるんです叫びあせる
 
これは、さっきまで見てた夢の内容が頭から真っさらに消えてしまうのと同じ事。
 
夢の世界と、現実の世界の周波数が違う為に起こります。
 
だから、運命の人と出会う宇宙に、純粋に想いのチャンネルを合わせる必要があるんですね。
 
 
2つの作品に共通するのは、どこまでも純粋な願いと想いが世界を変えるっていうテーマです✨
 
 
長くなりましたので、次回に続きます。
 
次回は、【天気の子】から見るソウルメイトについて天使
 
 
参考動画
ツインソウルとソウルメイトの違いとは?
 
 

🌟個人鑑定はこちらから🌝

https://uranai.heartf.com/Public//Mkanteishis/view/346/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*