デキる女子は恋愛偏差値が低め?😻

皆様こんにちは。
恋愛占い師七々華のブログに、ようこそお越し頂きました。

暑さにめげて、恋愛を語る熱はヒートダウンしてしまい、ごめんなさい。
これからは、「心も体も燃えるような恋愛」を目指して、バンバンと
恋愛テーマを提示していきますね。

一般的に偏差値高めの女子が、何故恋愛となると偏差値が下がる傾向にあるのか、これを今日は探っていきます。
題して、「デキる女子は恋愛偏差値が低め?」をお送り致します。

~いつも頑張ってるからこそ~

勉強も仕事もいつも頑張ってきている。
両親からも友人からも、「〇〇はよく頑張るね、偉いね~」と言われ続けて、
頑張って自分を引き上げていることが普通になっているのかも。

でも、元々才能があってこうなってるわけじゃない、
努力して、ストレスで胃炎になったりお肌が荒れながらも頑張ってきた
ギリギリライン!

今さらその評価を下げることは出来ないし・・・

だからこそ・・・だからこそ恋愛は楽でいたい!

~ダメな自分でもいられる恋愛~

友人から、〇〇だったら高年収のハイスペックな男掴まえられるんじゃない?と言われているが、自分の恋愛遍歴を思い出すと・・・

条件より、本当に好きになった人と付き合いたい、と思ってきた。  
でもその好きになった男というのは、「条件低めで内面もダメ男」というパターンが何故か多く、「いい人」とも「ハイスペック男」とも縁がない。

何故そんな男に惚れてしまうのか、と言うと・・・

自分が「いい女」を演じなくてもいいから。
良いとこのお嬢さんや、才女でい続けなくてもいいのだ。


婚活パーティとか、めちゃくちゃ疲れそうで、プライベートでも
「いい女」を演じるのはまっぴら。

彼が私と一緒にいる時間に求めること・・・
それは、楽しくて官能的で癒されること。

過去も経歴も未来も関係ない。
私は、いつもの「出来る自分」を全く必要とされないことが新鮮で、素のままの自分が愛されている気持ちになる

でも、彼は私との未来を考えることは今後もないだろうし、今が楽しいのに
それ以上の何が欲しいの?と言われると、頷くことしか出来ない・・・

彼は私に対して「遊び」という観念はないのだ。
だから「別れ」を切り出すのも私から・・・
何でこうやっていつも、未来のない人を選んでしまうのかな・・・

~恋愛偏差値をアップさせる~

今まで刹那的な恋愛を繰り返し、何故私ってこうなってしまうんだろう、と
思っているアナタ!

ここで恋愛偏差値をアップさせる方法をお伝えします。

まずは今の優先順位を決めて実行することです!

あなたが、本当に心の底から幸せな結婚を願っているのなら、「最高の自分」を見せる場所は、「婚活」場面です。

仕事に100%注いでいたエネルギーを、今だけ婚活に回してください。
「素敵な自分」「いい女」を演出することはあなたは得意なはず。
仕事を疎かにすることはあなたは絶対にしないけど、仕事に対する情熱を半分にすることは出来ますよね。

ずっとではなくていいから、半年とか1年など、期間を決めるのもいいですね。

仕事場で見せてきた「素敵デキる女子」の部分を「婚活」の場で最高に演出してください!

②出会いに「トキメキ」を求めないこと

ついあなたがドキっとしてしまうタイプ、似ていませんでしたか?
それは本能的に求めてしまうタイプなのですが、好きになっても未来に繋がらないこと、学びましたよね。

あなたは婚活の場で、必ずモテて数人の男性からアプローチがあります。
近づいてくる男性を、聖母のような温かい目で見てあげてください。
×をつけていく採点方式はやめて、まずは話してみる。
そして、気に入らなくても、最低3つ、お相手の良い点を見つけてみましょう。
「良い点」として頭が認識すると、無理~!という気持ちが減ってくるのです。
お相手に「素敵!」という気持ちがなくても、二人で会う機会を作り、会ってみましょう。
ドキドキする相手を探すのではありません。

結婚相手を見つけること→これが婚活なのですから。

ここまで読んで、「婚活」というのは自分には向かないな、と思うあなたは、
結婚を心底望んでいるわけではないとも言えます。

「自然な流れで、素敵な人に出会える」ことを願っている間は、またあの
「ダメ男君」が出現してしまいますよ。

でも、そんな恋愛に身を任すのも人生。あなたらしいのかもしれません。

どんな恋愛をしても最高の結婚をしても、「隣の芝生は青く見える」のが世の常ですから。

小さな幸せの積み重ねが、永遠に続きますように。
あなたの幸せを心より祈っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~七々華~

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*