人生は勝ち、負け、白、黒の2択でなくてもよいのでは?

わたしにとって、印象的なアーティストはなぜか、短命です。

生きいそぐような、壮絶な人生。

一瞬を永遠にかえてしまうかのような、そんな生きかたにあこがれと同時にせつなさを感じてしまいます。

カリスマ性があり、非凡であるからこそ、わたしの心のなかに生きつづけているのですが、もっと楽に長く生きることもできたのではないかなとおもうのです。

もっと、長く生きていてほしかったなと。

今回は、太く、短く、壮絶にいきようよ、というテーマではありません。もっと自分もまわりも楽にハッピーに生きるにはどんな方法があるかをかんがえてみます。

26歳で人生の幕をとじた、尾崎豊さんの「僕が僕であるために」という歌に「僕が僕であるために勝ちつづけなければならない」というフレーズがあります。

この曲をきくたびに尾崎さんらしいなとおもうと同時に、かれがこの世で、いかに生きにくかったであろうかと胸がしめつけられるようなきもちになります。

自分自身であるために、勝ちつづけなければならない。

それは、負けた自分はみとめない、ゆるせないということですよね。

そんな悲壮な決意をもって、人生にいどみつづけていたら、そりゃあ、バッテリーぎれで、短命におわるしかないでしょう。

そもそも、人生は勝ち、負けだけではないはずです。勝ち組、負け組というワードもはやりましたが。

人生は博打という信念のもとに生きるかたには「勝ちつづけなければならない」というフレーズはしっくりくるのかもしれません。

しかし、サラリーマン生活をおくってきた、わたし自身の日々をおもいかえすと、もはや、勝ち負けでさえなく、白、黒でもわりきれない、グレーゾーンばかりだったようなきがします。

清濁あわせのみ、水にながすことも必然的におこなってきました。

それは、けっして、負けることではないはずです。

自分をないがしろにするわけでもなく、まわりの人とのバランスをうまくとりつつ、しなやかにいきることができれば、どんなにハッピーでしょう。

まず、自分が力をぬいて、リラックスした態度と表情でいれば、その場の雰囲気もやわらぎます。

オーラは周囲につたわります。

笑顔の人のまわりには人があつまりますよね。

常にはりつめた雰囲気の人には近寄りがたいものです。

だから、勝とう勝とうとするひとは孤独になるんですね。

孤高の存在とならざるをえないのです。

こおりつくような寂しさをかかえても勝ちつづけなければならない人生を選ぶ人もいるでしょう。

どのような生きかたを選ぶのかは、そのかたの価値観によります。

人生にもとめるものの違いが、生きざまをきめるといってよいでしょう。

このメッセージが、その手になにをつかみたいのか、考えるきっかけになれば、うれしいです。

朝日奈希

転職活動を成功させるための3つのポイント

2020年も始まったとおもったらあっという間に2月です。

「あとでしよう」という言葉とはさよならする年にしたいですね。

「あとでしよう」は「結局、しない」ということですから。

特に転職を考えてはふみとどまり、転職を考えてはふみとどまり、結局今の会社にいます、だって、とりあえず、安定したお給料はもらえますから、という方は多いでしょう。

実はわたしもそのひとりでしたから。

ただ、人生一度きりです。

現状がなぜか、ふにおちず、こんなはずじゃなかったと毎日うつむいて歩いているかたにそっとささやきます。

あなたが望むべつの道もありますよ。

人事部の採用を10年以上経験したうえでの、転職活動における必殺技です。

1  人材紹介会社を頼らない

2  未経験の職種でもオーケー

3  謙遜しない

まず、1の人材紹介会社に頼らないということについて、意外に思うかたも多いでしょう。

人材紹介会社経由で応募されたかたにその理由をうかがうと、「紹介会社の推薦があったほうが有利だとおもったから。」と多くのかたがおっしゃいます。

まちがいです。

むしろ、逆です。

たとえば、直接応募してくださったかたと紹介会社経由で応募したかたの実力も意欲も同等である場合、内定を獲得するのは、直接応募のかたでしょう。

なぜならば、人材紹介会社経由のかたを採用すると紹介料金が発生するからです。料金は紹介会社によって異なりますが、採用したかたの年収の30%〜35%というのが主流です。

紹介会社から推薦される応募者のかたはとても多く、1日平均、6名くらいでした。

また、人材紹介会社にすすめられて、なんとなく企業を受験されるかたも多いのですが、自分の経験値やスキル、業務内容への関心度をきちんと整理したうえで転職にいどむことが、成功への第一歩です。

それにくらべると企業にとって、直接応募のかたはとても少なく、志望意欲もたかく、貴重な存在です。

どうしてもこの企業に就職したいとおもうのであれば、直接応募をおすすめいたします。

次に2の未経験の職種でもオーケーということについて、おはなしします。いままでのお仕事のスキルをべつのお仕事にいかすことも転職するときに視野にいれてください。

企業によっては経験者にしか、門戸をひらかないところもありますが、そうではない企業もたくさんあります。

わたしが以前いた会社は未経験のかたも積極採用していました。

人材が金太郎飴化するのをふせぐためにもさまざまな分野から人材をあつめ、刺激的な意見や企画をうみだす努力をしていました。

つぶぞろいではなく、つぶちがいな人材が自社の発展に欠かせないという理念をもつ企業もあるのです。

自分が望む仕事内容や企業のイメージや理念をふかくほりさげてくださいね。

3の謙遜しないということについてですが、転職活動における謙遜は百害あって、一利なしです。

自分のスキルや希望年収はもちろん、内定している企業があれば、きちんと申告しましょう。

自身のブランドは自分でアピールしてください。

そして、企業にこの人材をとりのがしては損だとおもわせてくださいね。

ここまで、およみくださいまして、ありがとうこざいます。

いままでとはべつの道を歩こうとするかたを応援いたします。

朝日奈希(あさひなまれ)でした。